*

まつりスペシャル

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


この前話題にあがった神尾葉子氏だが、少女マンガの絵にアレルギー体質がある私には
さすがに『花より男子』はきつい。
だが、アマゾンでチェックしてみたら、なんと神尾さんはプロレスマンガを描いているのを発見、さっそく注文して全四巻読んだ。
まあ、他愛ないといえばそれまでだが、やはり最近見た大学プロレスの映画「ガチ・ボーイ」よりはよかった。
ちなみに、神尾さんは三沢光晴のファンで、第三巻の帯には三沢のコメントがあるという。
私が購入した本には帯がついてなかった。残念!
      ☆        ☆         ☆
探検部の後輩連中と飲む。
一緒に「野々村荘」に住んでいて、最近ではソマリランドやサハラに一緒に行っているカメラマン(映像&スチル)の宮沢。
開高健ノンフィクション賞を受賞した角幡、それに角幡の同期で、
フリーのテレビ・ディレクターの島田。
宮沢と島田は、イラク戦争の前後、数ヶ月にわたってバグダッドで一緒に撮影をしていたが、顔を合わすまで互いに探検部の先輩後輩であることに気づかなかったという。
もっとも気づいてからも、後輩でディレクターの島田が先輩でカメラマンの宮沢を使い倒していたというから、実害(?)はなかったらしい。
ちなみに島田は、現役の学生時代、私に呼び出されたことがあるという。
野々村荘の三畳間に連れて行かれ、いきなりぬるい缶ビールを渡されたものの、
私が何もしゃべらないので、固まったまま、2時間過ごしたとか。
「あの三畳間で顔をつき合わせて黙って2時間はきつかったですね」と島田。
なに一つおぼえていない。
私は何がしたかったのだろう…。

関連記事

no image

忘年会ゼロで読書

今年の暮れは素晴らしいことに、忘年会ゼロ。 単に友だちが離れて行っているだけかもしれないが、自分の

記事を読む

no image

お礼申し上げます

現在、チェンマイから北へ数十キロ行ったところにあるチェンダオという町のはずれにいる。 巨岩の塊のよ

記事を読む

no image

火群のごとく

ジュンク堂の宮田部長とのトークイベントはもう定員に達してしまったそうだ。 間に合わなかった人、ごめ

記事を読む

no image

韓流「三畳記」?!

1週間ほど、ロシアに行って来た。 帰りはちょうどエリツィンの葬儀とかち合ってしまい、空港とアエロフロ

記事を読む

no image

ユーラシア大陸を超えて

ポルトガルのリスボン在住の言語学者・小坂隆一氏と 二時間以上、Skype(スカイプ)で話をする。 ス

記事を読む

no image

急性イラン中毒?

イランより帰国した。 たった10日ばかりの短期旅行とは思えないほど、 濃密な旅だった。 ド

記事を読む

no image

マイク・ノックのニュー・アルバムを試聴してみよう!

オーストラリア・ジャズ界の大御所にして、今でもバリバリ最先端の音楽を作りつづける義兄マイク・ノックが

記事を読む

no image

芳醇そば焼酎 みんがらーば

高田馬場のミャンマー料理屋「ミンガラバー」で、 ノンフィクション作家の西牟田靖君とまだ新婚の奥さん

記事を読む

no image

チェンマイに行きます

二日前、チェンマイにいる知人が病気で重篤な状態にあるという知らせを受けた。 ビルマ(ミャンマー)の反

記事を読む

善し悪しはわからないけれど。

先週の日曜日、コソボより帰国した。 今回の旅はひじょうに忙しかった。 移動につぐ移動、その合

記事を読む

Comment

  1. KOW より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB0.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    高野さんに一度、「ガチ☆ボーイ」で学生レスラーとして出演していた
    金的桜ヶ丘こと今成夢人(いまなりゆめひと)のドキュメンタリー短編映画
    「ガクセイプロレスラー」を観て欲しいですねえ。
    もう観ているかな?
    自分はmixi日記にも書いたけれど
    横浜でやってたイメージフォーラムの上映会で観ました。
    実際に学プロでエースレスラーとして活躍している
    エロワード・ネゲロとSWSガクセイプロレスの面々の青春群像が
    個人的にグッときました。
    学プロ関係者に頼めば薄消し版DVD売ってくれると思います。

  2. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    わははは、そりゃキツい。人間は以外と他人を酷い目に合わせた事を覚えてないもんね。後で聞いて、我が事ながらドン引きしたこと、数知れず。逆に酷い目に合わされた事はいつまでも忘れないんですけど…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PREV :
攘夷気分
NEXT :
書店野宿
no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑