*

八王子の人間だから

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


火曜日に集英社の会議室で角幡唯介と対談したが、
三日後の金曜日、まったく同じところで今度は中島京子さんと対談した。
直木賞受賞と『平成大家族』(集英社文庫)発売を記念してのもの。
相手がサークルの後輩から直木賞作家に変わったわけで、
そのギャップに戸惑う。
ご存じのとおり、私は中島さんの熱心なファンであり、ずっと前から「早く国民的作家になってほしい」と思っているから、直木賞受賞についても「よし。その調子」というくらいの気持ちだ。
本人にそう言ったら、「そんなことを言ってくれてるのは姉と高野さんだけ」と笑っていた。
(中島さんのお姉さんとは『パリの女は産んでいる』で有名なエッセイストの中島さおりさん)
意外なことに中島さんは私の本もいくつか読んでくれていて(対談の準備のためかもしれないが)、「比喩がほんとにうまい」と褒めていただいた。
比喩がうまいなんて、今まで誰にも言われたことがないので、たいへん嬉しい。
もっとも「かっこいい比喩が一つもないのは八王子の人間らしい」とも言われた。
かっこよくするより、つい笑いに走ってしまうのは八王子の人間の性らしい。
八王子出身で、高校時代は落語研究会で部長をしていたという中島さんはそう断言するのであった。

関連記事

no image

世の中がキビシイのではなく

二週間ほど前のこと、探検部OBで映像ディレクターの竹村先輩と本の雑誌の杉江さんと 三人で会った。 2

記事を読む

no image

5分で振り返る今年の出来事

大晦日なので今年を5分だけ振り返ってみた。 今年よかったこと。 ・『辺境の旅はゾウにかぎる』を刊行で

記事を読む

no image

探検部の後輩、パキスタンで銃撃される

下北沢で某社の編集者と打合せを兼ねて飲んでいた。 本題前の雑談で「パキスタンというのは意外といいとこ

記事を読む

no image

手がもぞもぞ

ジュンク堂新宿店で上映会+サイン会。 ここで本を見たり買ったりする以外に自分が何かするというのは な

記事を読む

no image

未知動物より既知動物か

妻・片野ゆかの新刊『犬部!』がスゴイことになっている。 発売からまだ2ヵ月経ってないのに、もう4刷

記事を読む

no image

隣の芝生か岡目八目か

小田急沿線の町で、同姓同名の将棋指し・高野秀行五段、噺家の春風亭柳好師匠、その奥方のベーシストRさん

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフの秋!

「ダ・カーポ」の増刊「早稲田大学特集」の取材を受ける。 ワセダを出てへんなことをやっている人間のコー

記事を読む

no image

在日外国人支援ボランティア

世界中の人たちに二十五年もお世話になりつづけている。 そろそろ何か恩返しをしなければと思い、 在日ア

記事を読む

no image

時間がない…

金曜日は長野で、前々から頼まれていたコンゴ&トルコ上映会を行い、 一泊して東京に戻ったのは土曜の夕方

記事を読む

no image

草食系夫にも推薦

メディアファクトリーという出版社の編集者より、 森岡正博『草食系男子の恋愛学』という本が送られてき

記事を読む

Comment

  1. タツ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_6_4; ja-jp) AppleWebKit/533.17.8 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.1 Safari/533.17.8
    こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいております。
    自分は高野さんの影響でナカキョー好きになりました。といっても日は浅く、小さいおうちからの入門ですが。
    しかし読んでみた直木賞受賞作はあまりに面白くてその後一気にアマゾンでめぼしい著作を大人買いしました。
    「FUTON」始め「イトウの恋」その他も最高に面白かったです。
    今回ご紹介のタイトルと「均ちゃんの失踪」のみがまだ手元に届いていませんが。
    いつもどんな本を買うか自分では決められないことが多いので、本当に助かります。
    あまりにマニアックなもの意外は(笑)これからも参考にさせて頂きます。
    あとよく聞きますけど八王子ご出身の方はいい意味で連帯意識が強いというのは本当なんですね!

  2. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_8; ja-jp) AppleWebKit/533.16 (KHTML, like Gecko) Version/5.0 Safari/533.16
    かっこよくするより、つい笑いに走ってしまう。
    われわれも同じです。(一大阪人)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PREV :
聖なき巡礼
NEXT :
勇午
no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • なんと、「飛んで埼玉」の中で「埼玉解放闘争」の都市伝説を流していたヤバイラジオ局FM NACK5から出演依頼が来た。早速闘争の同志として参加してほしいということか。私は東京都民だが出身は八王子で都会レベルはたしか「E」だしな。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日「翔んで埼玉」をずっと「飛んで埼玉」と書き間違えてツイートしていた。漢字が読めないと揶揄されている人がいるが、私も同類。 ReplyRetweetFavorite
    • この映画はコメディながらとても普遍性のあるテーマを扱っている。もし私が大学で民族問題を講義するときがあれば、まず「飛んで埼玉」を学生に見せたい。そうすれば、差別や偏見、反抗、弾圧、仲間割れ、利権、再蜂起などの展開がよくわかってもらえるはず。初回の授業は映画で終わってしまうが。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー東北部なら、シャン州軍とワ州連合軍が、この映画の埼玉と千葉の関係にちょっと似ている。まあ、ワ軍は千葉というより(この映画の中での)群馬みたいな立ち位置だが。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初のうちはただ爆笑していたのだが、埼玉が千葉と抗争を始めるあたりから、なんだか妙になじみのある世界になってきた。ミャンマー辺りの民族紛争にすごくよく似てる。中央政府がマイノリティを切り崩していく感じとか、マイノリティの中でもいくつもに分裂している様子とか。 ReplyRetweetFavorite
    • Amazon Primeで武内英樹監督の「飛んで埼玉」を観た。どんな話か全く知らなかったので、まあ、びっくりしたのなんの。「埼玉解放運動」の“都市伝説”を流しているのが私がよく出演している大宮のFMNACK5だったし。あそこはそんなヤバいラジオ局だったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子『着せる女』(本の雑誌社)内澤さんの最新刊は友人・知人のおじさんたちを素敵に大変身させるファッションエッセイです。出版業界で「ファッションセンス偏差値35あたりを彷徨う」と言われるおじさんたちの変貌やいかに。高野秀行さん、宮田珠己… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑