*

銀河ヒッチハイク・ガイド

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


 「しばらく新刊を断ち、家にある未読の本を読もう」という“新刊ラマダン”をやっていたが、実はユーフラテスに行く前日にあえなく挫折してしまった。
 原因はダグラス・アダムス『銀河ヒッチハイク・ガイド』(河出文庫)を読んでしまったこと。
 この本は宮田珠己部長がSFを書いたらこうなるんじゃないかと思うような、異常な文体とアホさきわまる世界観でつづられたコメディー。
 ある日、イギリス人アーサーは自分の家がバイパス工事のため、ブルドーザーに取り壊されそうになった。
 アーサーが怒り狂うと、工事の監督は「この計画は市の土木課に九ヶ月前から貼り出されていた。文句があれば先に言うべきだ」と主張。
 すったもんだしていると、アーサーの飲み仲間のフォードという男がやってきた。
フォードは地球人のふりをしているが、実はペテルギウス生まれの異星人で、
「銀河ヒッチハイク・ガイド」という宇宙的大ベストセラー・ガイドブックのスタッフライター。
 宇宙のあちこちを飛び回っているが、現地調査で地球にやってきたものの、なかなか次にヒッチする宇宙船が見つからず、
うかうかと15年も地球でビールを飲んで過ごしてしまっていた。
 そのフォードがアーサーに「君の家よりはるかに重大なことがあるから、パブへ行って
飲みながら話そう」と言う。「飲まないとやってられない」
 重大な話とは、「銀河バイパス建設のため、12分後に地球が取り壊される」ということだった。
 アーサーがあぜんとしていると、工事を実行する銀河超空間土木建設課の異星人ヴォゴン人のアナウンスが地球に鳴り響く。
 地球人がパニックを起こすのを見て現場監督は言う。
「この工事は50年前から最寄りのアルファ・ケンタウリ星の土木課に貼り出されていたから、文句を言う時間はたっぷりあったはずだ。ケンタウリまでたったの4光年しか離れてないじゃないか。今更おそい」
 そして地球はヴォゴン人の工事船によって一瞬で消滅。
 唯一生き残ったアーサーは、フォードとともに宇宙をヒッチハイクで旅し始める…。
 
 こんな出だしだと知って読まずにいられる人がいるだろうか。
 と、本の雑誌の杉江さんに力説したのがまずかった。
 『銀河ヒッチハイク・ガイド』は続編があと4冊もある。
 「あのシュールな物語の続きはどうなったのか?」と気になってしかたがなくなり、
結局ユーフラテス出発直前に4冊まとめて買ってしまった。
 銀河シリーズは旅の間にどんどん読み、帰国直後に全部終了してしまった。
一つのシリーズにこんなにハマッたのは「魁!クロマティ高校」以来かもしれない。
 新刊ラマダンは破れてしまったが、今はまた銀河ヒッチハイク・ガイドを最初から
読み直しており、再び新刊買いから遠ざかっている。
 
 
 

関連記事

no image

まんせーむーのうあんあん

「本の雑誌」で今度は、大槻ケンヂ氏と「マンセームーノー対談」。 オーケン博士の分析によれば、人は誰で

記事を読む

no image

レベル7の衝撃をふたたび

高野秀行プロデュースの大野更紗「困ってるひと」がついに最終回を迎えた。 このウェブ連載の反響は驚くば

記事を読む

no image

時間がない…

金曜日は長野で、前々から頼まれていたコンゴ&トルコ上映会を行い、 一泊して東京に戻ったのは土曜の夕方

記事を読む

no image

イトコの息子と探検部の後輩

盲目のスーダン人・アブディンの親しい友だちで 外語大のアラビア語学科在籍中にスーダンへ一年間留学した

記事を読む

no image

ブータンは4月

2月にブータンに行く予定だったが、向こうの事情やこちらの事情などで 4月に延期になった。 それまでゆ

記事を読む

no image

飲み放題トークイベント

一昨日、神保町に行ったら、いつの間にか東京堂書店が2軒とも様変わりしていた。 一件は女性のファッシ

記事を読む

今年はこんな本がほしい

新年明けましておめでとうございます。 昨年は私にとってラッキーな年だった。 『謎の独立国

記事を読む

no image

最近読んだ面白い本

ブログを書く時間がなかなかとれないので、お勧め本がたまってきた。 ここにまとめて公開しましょう。

記事を読む

no image

危険の意味

『アフリカにょろり旅』(講談社文庫)の著者、青山潤氏(東大特命準教授)と対談。 一年のうち3,4ヶ月

記事を読む

高野本の未知なる領域

ここ最近最も驚くべき、かつ(それが本当なら)実に嬉しいことがあった。 大竹まことのゴールデンラ

記事を読む

Comment

  1. 杉江@本の雑誌 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.5; ja-JP-mac; rv:1.9.1.15) Gecko/20101026 Firefox/3.5.15
    それはともかくJ−WAVEのラジオ出演の告知をしてください(笑)。
    昨日、朝、何気なくラジオを付けていてビックしましたよ。
    J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」6:00-9:00
    別所哲也さんと話されてます。
    明日までかしら。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.7 (KHTML, like Gecko) Chrome/7.0.517.44 Safari/534.7
    あ、今やってるんだ、あれ(笑)
    4回やるって聞いたから、明日まででしょう。

  3. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2.12) Gecko/20101026 Firefox/3.6.12 (.NET CLR 3.5.30729)
    私も月曜の朝、聞いてびっくりしました
    便利な世の中なもので、
    高野さんがどんなにとぼけても
    PODキャストでも聞けてしまうわけです。
    http://pod.j-wave.co.jp/blog/wakeuptokyo/pym.xml
    ただ、このコーナーって、
    「朝のビジネスマン向けの番組」という位置づけなので
    むりくり、いい話に仕上げ用としている感じがありましたね〜。

  4. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322)
    >「君の家よりはるかに重大なことがあるから、パブへ行って
    飲みながら話そう」と言う。「飲まないとやってられない」
     重大な話とは、「銀河バイパス建設のため、12分後に地球が取り壊される」ということだった。
     すごい出だしですね。読みたい!
     まるで「サルマン」に出てくる「甲子園優勝から始まる高校野球漫画」みたいです。

  5. 623 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; GTB6.6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.21022; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618; MDDC; .NET4.0C)
    私も読み返してみよう、と思いました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑