*

世界のコジマ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

辺境ドトールで杉江さんと打ち合わせ。
このブログや杉江さんの日記を読んでいると私たちが四六時中つるんでいるように思うかもしれないが、実際には顔を会わせるのは月に一回程度。
なので、ここ1か月の間にたまったことをヨーイドン!の勢いで話す。
最近読んだ面白い本、出版界の噂話、本が売れないという定番ストーリー、
エンタメノンフ文芸部の低迷ぶり、明日のドラフト、浦和レッズの連勝連敗の謎、
そして最後に5分ほど仕事の打ち合わせ。
杉江さんは来年、こんな本をつくってこんな原稿を載せたいと言っていたが、
あまりに突拍子もないので「へえ」と軽く流してしまった。
いいのか、ほんと。
      ☆        ☆        ☆
プールで「世界のコジマ」さんと初めて話をする。
今年75歳だが、今でもトライアスロンのしかもアイアンマンレースに出ている人だ。
スイム3.8km・バイク(自転車)180km・ラン42.195km、制限時間は17時間以内という恐るべきレースに出場しているだけでなく、昨年はハワイの世界大会で優勝したという。
まさに「世界のコジマ」なのである。
今までもしょっちゅうお見かけして、その鍛え上げられた肉体には驚嘆していたが、
今日もっとも驚いたのは奥さんが認知症で記憶が5分しかもたないため、
コジマさんは介護しながら練習に明け暮れているということ。
朝昼晩と三食食事を作り、買い物へ行って、掃除、洗濯をこなしつつ、
その合間を縫って、ラン10キロ、バイク100キロ、スイム3キロやっているんだそうだ。毎日である。
「でももしトライアスロンをやってなかったら、妻の介護をここまで続けられなかったでしょうね」とコジマさんは言う。
生き甲斐があってこそ介護もできるということなのだろう。
時間が限られているからこそ練習に身も入るということもあるのだろう。
でも、凄い。凄すぎる。
まさに鉄人中の鉄人。
詳しい記事が国際トライアスロン連合の公式HPに掲載されているので
興味のある方はどうぞ。
写真もあります。

関連記事

no image

2006年に読んだ本ベストテン(小説部門)

今年、私が読んだ本の中からベストテンを選んでみた。断っておくが、あくまで客観的にして公正無私な選出で

記事を読む

no image

斉藤由貴とギアナ高地

今さらだが、クドカンこと宮藤官九郎脚本のドラマ「我輩は主婦である」を見ている。 斉藤由貴扮する早稲田

記事を読む

no image

未確認思考物隊の新テーマ

保江邦夫『武道VS物理学』(講談社α新書)はあまりに凄い本だった。 癌を患ったひょろひょろの世界的

記事を読む

no image

決起集会よりも

月曜日、幻冬舎の編集者2名と『メモリークエスト』決起集会。 もう原稿は完成しており、クオリティの高さ

記事を読む

no image

私が原稿を書けないワケ

今週は原稿を一行も書けていない。 毎日パソコンに何時間も向かっているのに。 もともと苦しまずに原稿が

記事を読む

no image

南米の超古代文明!?

日本唯一、世界でも二人しかいない「カーニバル評論家」で、 『カーニバルの誘惑−−ラテンアメリカ祝祭

記事を読む

2013年に読んだノンフィクション・ベストテン

毎年恒例となっている「今年読んだ本ベスト10」をやるのをすっかり忘れていた。 今急いでやります。

記事を読む

バングラのセレブ秘密酒宴

昨夜は必死に起きてW杯ドイツ対アルゼンチンを見ていたのだが、ちっとも点が入らず、メッシも活躍しな

記事を読む

3月〜4月の講座とトークイベント

3月から4月にかけて、私が出演するイベントのご案内です。 3月23日(月)19:30〜 ジ

記事を読む

no image

タマキングのおそるべき深化

早く紹介せねば!と思いながら、もう発売から二週間近くが過ぎてしまった。でも、まだ買っていない人もたく

記事を読む

Comment

  1. DVM より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB6; YTB730; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
    コジマさん、今年、鎖骨を骨折しながらも「医者には内緒」と片手で泳いでいました。
    今はもう治って、両手で泳いでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • スイカをバットでかち割ったアブ。ホームランを打ったような清々しい笑顔だが、横で見ていた末っ子はスイカ割りの趣旨がわからないらしく、お父さんが突然スイカを破壊したのを見て、わっ!と驚愕してた。 https://t.co/FiAM6BZdW8 ReplyRetweetFavorite
    • いわきの海水浴の写真が発見された。スイカ割りの準備をする子供や私たち、そして一度も見たことないのにカープの鈴木誠也のフォームを真似しようとする盲目の天才アブ。青い空が見ている。 https://t.co/t3DFEbUfqK ReplyRetweetFavorite
    • 決して美談ではなく合理的な話であるのがいい。 https://t.co/AxJosuQ94I ReplyRetweetFavorite
    • かつてケニヤのソマリ難民キャンプで働いていた私の知り合いの人(ユニークだけど一応日本人)が、新潟県南魚沼の廃寺を改装して民宿を始めたところ、外国人客が押し寄せているという。「外国人は時間的余裕があるから日本人とは旅のしかたがちがう… https://t.co/lh0ii3yaQz ReplyRetweetFavorite
    • RT : ミャンマーの柳生一族 (カラー版) (集英社文庫) (高野秀行) が、Kindleストアランキング24時間で、21534位⇒30位に急浮上しました。 https://t.co/8K0zamslhk ReplyRetweetFavorite
    • しかし、3作連続で福島正実訳はびっくり。この人の訳文は明朗かつ深みがあり、会話文はともかく、地の文章は40年たっても全然古びていない。 ReplyRetweetFavorite
    • SF古典宇宙の旅・第4弾は『鋼鉄都市』アイザック・アシモフ(福島正実訳、ハヤカワ文庫)。ストーリーより世界描写中心なので、テンポはイマイチだが、よくSFとミステリと人間ドラマを組み合わせている。反宇宙人の群衆が歌う「くされ宇宙人」には爆笑。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑