*

ダメ男子ロマン大作

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


「人のやらないことをする」がモットーの私は、
これまで盆と正月とGWだけはせっせと働き、
そのほかの日々は休んできたが、
これではあまりに休みの日が多すぎる。
「いかん!」と思って、一般の人と同じように働き、同じように休もうと決めた。
その新習慣の第一弾として、GWは思い切り休んでいる。
で、酒を飲んだり野球を見たりする合間に四日かけてじっくり読んだのが、
マイケル・シェイボン『ユダヤ警官同盟』(新潮文庫)。
世界の主要SF三賞を総なめにし、しかもアメリカ探偵クラブ賞にもノミネートされたという
まさに「とてつもないミステリ」(帯のコピー)だ。
イスラエルは建国まもなくアラブによって滅亡させられ、なぜか満州国が宇宙ロケットを飛ばしているという現在とは一味ちがう世界で、
アラスカに設けられたユダヤ人特別区にて、殺人事件が発生。
かつては優秀な刑事だったが今では酒びたりの中年男が、美人で優秀な警官でもある元・妻の制止を振り切って、巨大な権力に立ち向かいながら独自操作を繰り広げる!
…てな、わけのわからないハードボイルド巨編だ。
コーエン兄弟によって映画化されるらしいし、おそらく年末のミステリベストテンでも
全部1位になると思うが、あまり手放しで絶賛するのは禁物だ。
これはコテコテの「ダメ男子ロマン大作」なのだ。
「俺は今はダメだが昔はそうでもなかった」と思いこんでいて、でも特に改善もしようとせず、
だらだらと酒を飲んでいる私みたいなダメ男子の心をこちょこちょとくすぐってやまない。
いやあ、充実したGWだった。

関連記事

no image

療養中の人にはアスクル?

「アスクル」、売れ行きはどうかわからないが、 評判はいい。 amazon.comでも、私の本の中では

記事を読む

no image

ユーラシア大陸を超えて

ポルトガルのリスボン在住の言語学者・小坂隆一氏と 二時間以上、Skype(スカイプ)で話をする。 ス

記事を読む

no image

サバイバルには向いてない

産経新聞用の書評でベン・シャーウッド『サバイバーズ・クラブ』(講談社インターナショナル)という本を

記事を読む

no image

願い事は強要から

ここ数年、私が最も買っている小説家・中島京子さんと四谷三丁目で会食。 中島さんの『均ちゃんの失踪』(

記事を読む

no image

略して『みらぶ~』!

『未来国家ブータン』の3刷りが届いた。こんな表紙である。すげ~なあ。 本書を「みらぶ~」と命名

記事を読む

no image

イベントのお知らせ

2月21日(木)20:00~、下北沢のB&Bにて『謎の独立国家ソマリランド』の刊行記念ト

記事を読む

no image

アラジンは中国人だった!?

旅のトリビア「たびとり」はまったく反響がなかったが、懲りずに最近驚いたことを一つ。 山田和『インド

記事を読む

no image

いわゆる「エア取材」

咳がひどいため医者に行ったところ、「咳喘息」と診断された。 私は小学生の頃喘息でひじょうに苦しんだ

記事を読む

no image

上流階級の腐敗っぷりはアジアン・ミステリの十八番か

 アジアン・ミステリ読書週間第2弾!というわけではないけど、たまたま今度はタイのミステリを読んでし

記事を読む

no image

バンコクの冬

最近、飛行機での移動中は、話題作(あるいは古典)の長篇ミステリを読むというのがマイブームである。

記事を読む

Comment

  1. UEHARA より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727; OfficeLiveConnector.1.3; OfficeLivePatch.0.0)
    TV東京でアマゾン川を遡っていますよ。
    13:30〜
    サッソンさん出るかな?

  2. KJM より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    充実したGW(笑)
    ハードボイルドなSFや酒びたり主人公物は大好きなのでトライしてみます。
    しかしコーエン兄弟は大好きなので、映画にも期待です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年11月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑