*

イスタンブール無事到着

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨夜8時ごろ、ようやくイスタンブールに到着した。
東京の自宅を出て、36時間後のことだ。
なんでも一昨日あたりにイスタンブールで初の爆弾テロがあったそうなのだが
街はいたって平穏。
観光客があふれかえっているし、人々の顔もいつものようにめちゃ明るい。
前回泊まったホテルの従業員に「俺たちのこと、覚えてる? ワン湖のジャナワールを探しに行ったんだ」と言ったら、さすがに覚えていて大笑いしていた。
イスタンブールに来れば必ず行くクルド人の店にいく。
けっこう涼しいので冷たいビールをそのまま飲むのは辛く、まず温かいレンズ豆のスープを飲んでから冷たいビール、さらにクルド風煮込み、チキンのケバブなどばかすか食う。
やっぱり本場の料理はどうにもこうにも旨い。
長いフライトによる全身のむくみが一気にとれたらしく、
夜はおそろしく大量の小便がほとばしった。
ああ、爽快。
これからまた飛行機でワンに飛びます。

関連記事

no image

抱かれたい路上の男ナンバーワン

先日紹介した『TOKYO 0円ハウス0円生活』(大和書房)の著者・坂口恭平が その本に登場するスーパ

記事を読む

no image

「王様のブランチ」撮影

『世にも奇妙なマラソン大会』(本の雑誌社)がTBSの「王様のブランチ」にとりあげられることになり、今

記事を読む

no image

有給の旅人たちとユーフラテス

明日からトルコとシリアへユーフラテス河を見に出かける。 来年、ユーフラテスをカヌーか筏か何かで下り

記事を読む

no image

発売が悲しい

まる一日かけて、『世界のシワに夢を見ろ!』(小学館文庫で1月8日発売予定)の 校正と、「文庫あとがき

記事を読む

no image

スーダン寿司

スーダン人の盲目の友人、というか最近では「出来の悪い弟」みたいな感じになっている アブディンから電話

記事を読む

no image

漫画探偵、登場!

浦沢直樹の担当編集者やプロデューサーを務め、 リチャード・ウーなる筆名で異色在日外国人漫画「ディア

記事を読む

no image

『謎の独立国家ソマリランド』PVはこちらで

昨日、朝日新聞の書評欄で『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)が取り上げられた。 しかも、なん

記事を読む

自殺削減を国策として掲げたいワケ

最近、人に会うと「賞をとって忙しくなったんじゃない?」と言われるが、 実際には賞云々以前に、二

記事を読む

no image

聖なき巡礼

大谷幸三という、インドを長く研究し、ブータンやチベットにも造詣が深いライターの方にお会いして話をうか

記事を読む

no image

未確認思考物隊の新テーマ

保江邦夫『武道VS物理学』(講談社α新書)はあまりに凄い本だった。 癌を患ったひょろひょろの世界的

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • しかし、よく考えてみたら、秘書というのはAIと同じで、こちらが取材内容や取材相手、取材日程を決めなければ、何も動いてくれない。そしてそういうことを考えるのがひじょうに面倒くさいわけだ。それとも優秀な秘書はそこまでやってくれるんだろうか。 ReplyRetweetFavorite
    • 12月から2月にかけての海外・国内旅行の段取りを始めたが、早くも挫折しかけて頭の中は「秘書がほしい!」の声がグルグル。ますます段取りが進まない。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さん@daruma1021 の『間違う力』、読んでいて何度も爆笑。 研究者と辺境探検家には共通することも多く、今日も間違おうと心に決めるのであった。 巻末の「とにかくやる」の信条が刺さる。 上田次郎「なぜ君はベストを尽くさないの… ReplyRetweetFavorite
    • 異色アンソロジーが気になる。特に読みたいのは『卓球アンソロジー』と『FUNGI 菌類小説選集 第1コロニー』。 https://t.co/YFh07aldTF ReplyRetweetFavorite
    • 「船戸与一は長編のイメージが強いが、実は短編を書いても名手」という山田さんの指摘に強く同意。特にここに挙げられた短編集は私も好き。 ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」今月号は「船戸与一の十冊」。書いたのは船戸さんを見出し、長く担当を務めたS社の山田裕樹氏。秘話満載で船戸ファン(私含む)は感涙ものだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑