*

『ワセダ1.5坪青春記』韓国でヒット中

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


ソウル・ショック第2弾は、私の本の韓国語版『ワセダ1.5坪青春記』が
発売たった2ヶ月で3刷りになっていたこと。
韓国の「初版」「重版(増刷)」の感覚は日本とほぼ同じらしいので、
これは凄いことだ。
もっとも実売数は初版3千部、重版各2千部のトータル5千部。
韓国の人口は日本の約40%程度、本を読む人の割合は日本より少ないから
出版市場は日本の3分の一程度だからだ。
言い換えれば、日本の市場に大雑把に換算すると、
初版9千部、重版各2千部ずつ、トータル1万4千部くらい売れていることになる。
繰り返すけど、発売たった二ヶ月でだ。
ベストセラー街道を突っ走っているのである。
もっとも、今、韓国では「日本小説」が爆発的大ブーム。
『バッテリー』『博士の愛した数式』『せかちゅう』『模倣犯』『蹴りたい背中』など、ここ5,6年に出た日本のベストセラー小説が書店の平棚に数え切れないほど並んでいる。
出版社の人と話していても、「なんでもいいから日本の売れてる本を出したい」という感じで、
韓流ならぬ「日流」の様相を呈している。
だから、私の本が「日本小説」のなかで特に売れているのかどうか、
正直よくわからないのであった。
(写真:「読み出したらやめられない本」とかいうコーナーに置かれていた『1.5坪青春記』。ただし、こういうふうに立てかけたのは私)

関連記事

no image

日曜日のイベント

代々木でミクシイの高野秀行コミュ&宮田珠己コミュ合同イベント。 雨上がりにもかかわらず40〜50人(

記事を読む

no image

オーケンが語るジャナワール

 9月20日(木)深夜25:05から放映される関西テレビの音楽情報番組「MUJACK」で 大槻ケンヂ

記事を読む

no image

小説の強烈な引き

麻雀やカードゲームと同じように、読書も「引き」が強いときと弱いときがある。 引きが強いときには、て

記事を読む

no image

日本のゲバラ、ここにあり。

新宿K's Cinemaで長谷川三郎監督のドキュメンタリー映画『ニッポンの嘘』を観た。 なんと今年

記事を読む

no image

三沢の試合を見よ

アフリカに行っている最中、三沢光晴の急死について、 知人や読者の人たちから多数のお知らせメールをいた

記事を読む

no image

高野秀行の新刊、続々?!

「高野秀行」の本が続々と出ている。 今度は五段ではなくたしかに私の本なのだが、 韓国語版だ。 すで

記事を読む

no image

NHKに出演して仰天

金曜日、NHK-BS1の「ほっと@アジア」という番組に出演した。 テーマは「UMA(未確認動物

記事を読む

黒豆納豆のアボガド・サラダ

今日届いた納豆セットのうち、たった一つだけ入っていた黒豆納豆「光黒」を使ってさっそく料理。

記事を読む

no image

三沢光晴DVD-BOX

10月上旬のバングラ行きまでに片付けなければいけない仕事が山ほどあるが、 そんなときにかぎって、三

記事を読む

no image

重版は他力にかぎる

今日、集英社の担当編集者の人から電話がかかってきて、「『未来国家ブータン』重版が決まりました」と言っ

記事を読む

Comment

  1. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    予想通り!<嘘つけ
    あとは日本での連続ドラマ(昔NHKにあった銀河テレビ小説ならベスト)
    ですね。
    高野さん役を誰がやるか、みんなで当てっこしませんか?

  2. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 2.0.50727)
    なんか、大泉洋あたりが主役やりそう……。
    というか、そういう夢を見たことはあります。

  3. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    いやいや、韓国でドラマ化して日本に逆輸入!
    俳優なんて日本も韓国もゼンゼン知らんので誰がやってもどーでもいいのだが、燃える展開だぜ!
    ムベンベもドラマ化し、オレも出して!
    ところでその大雑把な出版換算、どーもオレには計算あわんのだが。

  4. フレディ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    それにしても日本でも今は書籍は初版5000部刷ればいい方ですから、やっぱすごい売れてると思います。
    実は私も高野さんとほぼ同時期に社員旅行でソウルに行ってきました。書店の旅行なので(当然というかおまけというか)、韓国の書店の視察もありました。
    行ったのはソウルで一番大きい教保文庫という本屋です。そこで店員さんに韓国語版『ワセダ1.5坪青春記』のことを尋ねると、案内してくれたのがその「日流」のコーナーでした。
    いや〜感激しましたね。しっかりと平積されて、私の長年の書店人としての勘?が「これはけっこう売れているな。」と告げておりました。
    もちろんまよわず購入。9800ウォンということは日本円で1200円強。そうすると原本の価格は580円ですので約2.倍。またまた勝手な計算ですが、金額ベースとして文庫に換算して2万8千部以上も売れているということになります!?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑