*

『ワセダ1.5坪青春記』韓国でヒット中

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


ソウル・ショック第2弾は、私の本の韓国語版『ワセダ1.5坪青春記』が
発売たった2ヶ月で3刷りになっていたこと。
韓国の「初版」「重版(増刷)」の感覚は日本とほぼ同じらしいので、
これは凄いことだ。
もっとも実売数は初版3千部、重版各2千部のトータル5千部。
韓国の人口は日本の約40%程度、本を読む人の割合は日本より少ないから
出版市場は日本の3分の一程度だからだ。
言い換えれば、日本の市場に大雑把に換算すると、
初版9千部、重版各2千部ずつ、トータル1万4千部くらい売れていることになる。
繰り返すけど、発売たった二ヶ月でだ。
ベストセラー街道を突っ走っているのである。
もっとも、今、韓国では「日本小説」が爆発的大ブーム。
『バッテリー』『博士の愛した数式』『せかちゅう』『模倣犯』『蹴りたい背中』など、ここ5,6年に出た日本のベストセラー小説が書店の平棚に数え切れないほど並んでいる。
出版社の人と話していても、「なんでもいいから日本の売れてる本を出したい」という感じで、
韓流ならぬ「日流」の様相を呈している。
だから、私の本が「日本小説」のなかで特に売れているのかどうか、
正直よくわからないのであった。
(写真:「読み出したらやめられない本」とかいうコーナーに置かれていた『1.5坪青春記』。ただし、こういうふうに立てかけたのは私)

関連記事

no image

『謎の独立国家ソマリランド』PV&オタク本の魔力

『謎の独立国家ソマリランド』発売1カ月を記念して(?)、 プロモーション映像を作った。 http

記事を読む

no image

名犬ラッシー 家路

妻の希望で夕食後「名犬ラッシー 家路」を見る。 1943年製作、ラッシーとエリザベス・テイラーの両

記事を読む

no image

タマキングはなぜモテる?

土曜日、新宿ネイキッドロフトにて行われたタマキング祭りを見に行った。 私は自分ではイベントにしばし

記事を読む

no image

マンガ「ムベンベ」と単行本「しわゆめ」

 秋田書店へ行き、同社「ヤングチャンピオン」誌で、7月から連載開始の漫画「ムベンベ」の第一話・生原稿

記事を読む

no image

幻のポスター

最近、出版社が新刊の文芸書のゲラを書店員の人たちに前もって配り、 感想をいただくということがよく行わ

記事を読む

no image

驚異の山形勉強会

昨年に引き続き、山形大学医学部の先生主催による「勉強会」にお招きいただき、 週末は山形に行き、今さ

記事を読む

no image

びっくり!

 昨年11月に何度か上映会を行ったが、そのときこのブログを通じて、 私に直接「上映会を見たい」とメー

記事を読む

no image

ある天才編集者の死

集英社文庫で私の担当を長らく務めていた堀内倫子さんが急に亡くなられた。 茫然自失である。 堀内さんは

記事を読む

no image

知られざる名作がまた一つ

桜栄寿三『蝸牛の鳴く山』(藤森書店)を読む。 先日お会いした作家の古処誠二さんが「すごくいい本です

記事を読む

no image

山口晃、増刷、イベント

ロマ音楽につづいて私が最近嵌っているのは山口晃。 彼の『ヘンな日本美術史』(祥伝社)はあま

記事を読む

Comment

  1. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    予想通り!<嘘つけ
    あとは日本での連続ドラマ(昔NHKにあった銀河テレビ小説ならベスト)
    ですね。
    高野さん役を誰がやるか、みんなで当てっこしませんか?

  2. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 2.0.50727)
    なんか、大泉洋あたりが主役やりそう……。
    というか、そういう夢を見たことはあります。

  3. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    いやいや、韓国でドラマ化して日本に逆輸入!
    俳優なんて日本も韓国もゼンゼン知らんので誰がやってもどーでもいいのだが、燃える展開だぜ!
    ムベンベもドラマ化し、オレも出して!
    ところでその大雑把な出版換算、どーもオレには計算あわんのだが。

  4. フレディ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    それにしても日本でも今は書籍は初版5000部刷ればいい方ですから、やっぱすごい売れてると思います。
    実は私も高野さんとほぼ同時期に社員旅行でソウルに行ってきました。書店の旅行なので(当然というかおまけというか)、韓国の書店の視察もありました。
    行ったのはソウルで一番大きい教保文庫という本屋です。そこで店員さんに韓国語版『ワセダ1.5坪青春記』のことを尋ねると、案内してくれたのがその「日流」のコーナーでした。
    いや〜感激しましたね。しっかりと平積されて、私の長年の書店人としての勘?が「これはけっこう売れているな。」と告げておりました。
    もちろんまよわず購入。9800ウォンということは日本円で1200円強。そうすると原本の価格は580円ですので約2.倍。またまた勝手な計算ですが、金額ベースとして文庫に換算して2万8千部以上も売れているということになります!?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
    • 山田芳裕著『へうげもの』(講談社)25巻(最終巻)をようやく読了。長い長い旅を終えたよう。放心。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑