*

インディアン、ウソつかない

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 辺境お宝写真


お宝写真・ビルマロード特集<1>
場所・ナムカム(中国国境近く)
ミャンマーで走っている車の大半は日本からの中古車だ。
元・商用車も多く、「福山通運」「西武バス」といった大手から、「珍田興業」「林田工務店」といった個人経営の会社で所有していたと思われる車まで、さまざまだ。
しかし、なぜ、ミャンマーの人たちは、車体に書かれている昔の会社名を消さないのか?
この質問に、あるミャンマー人はこう答えている。
「そりゃ、日本語が書いてあれば、ほんとうの日本の中古車だってわかるからですよ。値段も高く売れるんです」
そのせいなんだろうか、ミャンマーの車にはときどき、明らかにミャンマーの人が手製でつくったとおぼしき、「ウソの会社名」が書かれている。
この「トヨタオート〜」もその一例だ。
最後の漢字が「和」とも「邦」ともとれる、微妙な線をついているところがイケてる。
これは高く売れるからというより、「かっこいいから」わざわざ書いてみたのだろう。
中央に大きくインディアンの絵があるのが謎だが、「インディアン、ウソつかない」という意味で、車の正当性を誇示しているのだと専門家は指摘している…。

関連記事

no image

纏足(てんそく)の老婆は実在した!

辺境お宝写真<5>  昔むかし、中国がまだ清と呼ばれていたころ、纏足(てんそく)という習慣があった

記事を読む

no image

船上の・・・。

 この写真を見せると誰もが驚く。  だから、現場にいた私の驚きと言ったらなかった。  だってカヌー(

記事を読む

no image

写真で見る「客家の里」

「怪しいシンドバッド」お買い上げありがとうございます。 読者のみなさんにはお詫びせねばならないこと

記事を読む

no image

私に向かってひざまづく人々?!

お宝写真・ビルマロード特集<2> 私に向かってひざまづく人々?! テレビのロケに同行すると、ときど

記事を読む

no image

ワンのネコ

トルコ東部、もうイラクやイランの国境に近いところにワンという町がある。 そこには「ワン湖」というト

記事を読む

no image

幻の幻覚剤ヤヘイ

辺境お宝写真<8> 私は「幻」という言葉に弱い。 だから「幻の幻覚剤ヤヘイ」というものがある

記事を読む

no image

胎盤ゲットの巻

辺境お宝写真<7>  1993年暮れ、中国・大連で念願の胎盤をゲットした。  長らく探しただけにそ

記事を読む

no image

カンフー茶芸

 昨年、周星馳の「少林サッカー」がヒットしたおかげで、香港および中国では、サッカーをはじめ、車の駐車

記事を読む

no image

そっぽを向く家族

辺境お宝写真<6>  ガボンの田舎で出会った家族。 「記念写真を撮ってほしい」というから並んでもら

記事を読む

no image

「ピグミー」が撮った写真

辺境お宝写真<4> かつて「ピグミー」と呼ばれていたが、今ではこの言葉が差別語となってしまい、なん

記事を読む

Comment

  1. のなか悟空 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    ・・・・西牟田クンはアマゾンで6位までいったそうな・・・。まさに脅威。驚異。教委?

  2. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    『トヨタオート東都』の可能性もありますね。
    でも早口言葉みたいだけど。(トヨタオートオート)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑