*

ついに「増刷童貞」が破られる

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


 日本帰国後に知ったニュースの第二弾。
 ついにというか、やっとというか、私の「増刷童貞」が破られた。
 私を「男」にした(?)のは、高野本に異常な熱意を傾けてくれている集英社文庫ではなく、意外にも大穴の『極楽タイ暮らし』であった。
 この本は書店ではまず目にすることはないが、アマゾン・ドット・コムでは常に高い売り上げ順位をキープしていた。アマゾン書店でのみ、売り切ったといってもいいだろう。
 自著の増刷は悲願であったが、いったんそれが叶うと、「うーん、別に大したことないな」というのが正直な感想だ。
 そして、それは比喩でなく、私が初めて「男」になったときにも思ったことでもある。
 結論。比喩でない童貞破りも、増刷童貞破りも、それが目標ではなく、スタート地点にすぎないということだ。
 今頃、ずいぶんつまらないことに気づいたものである。

関連記事

no image

『異国トーキョー漂流記』新装版

『異国トーキョー漂流記』(集英社文庫)が今年のナツイチ(集英社文庫の夏の百冊)に 入るにあたり、カ

記事を読む

no image

マイク・ノックのニュー・アルバムを試聴してみよう!

オーストラリア・ジャズ界の大御所にして、今でもバリバリ最先端の音楽を作りつづける義兄マイク・ノックが

記事を読む

no image

おすすめ文庫王国2010

この前のエンタメノンフ忘年会で杉江さんに「おすすめ文庫王国2010」をいただいたので それを読んで

記事を読む

no image

印度放浪

私の本を韓国の出版社に売り込んでいるエージェントのカンさんに会う。 「最近はどうですか?」と訊いたら

記事を読む

no image

なぜ北欧人は放射能を恐れてヒロシマに逃げるのか

もはや日記代わりなので、ここにどんどん書く。 29日(火)、「おとなの週末」で連載している「移民の宴

記事を読む

no image

チェンマイに行きます

二日前、チェンマイにいる知人が病気で重篤な状態にあるという知らせを受けた。 ビルマ(ミャンマー)の反

記事を読む

no image

無料出張上映会&琉球映画

今月から始めた無料出張上映会の第一回が 台東区の施設で行われた。 主催者は旅好きな会社員の人。 その

記事を読む

no image

難病のソナタ

大事なことを忘れていた。 「困ってる人」第12回「わたし、生きたい(かも)」が更新された。 難病女子

記事を読む

no image

これが例の葉っぱ

ソマリランドに「帰国」してもう10日近く経つ。 「帰国」なんて言葉を使ったのが行けなかったのか、今

記事を読む

no image

斉藤由貴とギアナ高地

今さらだが、クドカンこと宮藤官九郎脚本のドラマ「我輩は主婦である」を見ている。 斉藤由貴扮する早稲田

記事を読む

Comment

  1. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    おー!おめでとう!!
    今年の辺境映像祭も「高野秀行フェア」状態ですなー。

  2. さるら より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    増刷童貞破りおめでとーございます。
    ボクの『極楽タイ暮らし』は中古本で買ったので(すんません)、改めて買い直しますわん。

  3. のなか悟空 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    そりゃ良かった!ほんにメデタイ!

  4. きたしろ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
    『極楽タイ暮らし』まだ読んでないから次に読んでみます。
    はじめて書きこみます。最近、高野さんの本読み始めたばっかりで、
    今は「幻獣ムベンベを追え」を読んでます。この間、「ワセダ三畳
    青春期」読み終わって、なんだか切ない感じが心地良かった。
    無事帰国良かったですね。また本に書いてください。

  5. エダ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    おめでとうございますと言いたいところですが、
    「ワセダ三畳」が増刷されていないことに納得できません。
    ものすごく勝手なことを言わさせていただきますが、
    高野氏の著作がちくま文庫で発刊されていたら全著作が
    ロングセラーで増刷を重ねるのではないかと思います。
    でも「極楽タイ」と「異国トーキョー」はちくま向けではないですね。
    (ごめんなさい集英社さん。高野本をありがとうございます)

  6. スギヤマ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    高野さん
    ご無沙汰しております。
    探検部の杉山です。
    帰ってきたとたん、
    漫画化決定に、"童貞”卒業と、
    慶事続きでおめでとうございます。
    だいぶお疲れと聞いてますんで、
    とりあえず、ゆっくりお休みください。

  7. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    私事ですが、僕も自作曲の楽譜「風わたる」が増刷されることになりました。僕にとっては、「お琴のおけいこ判 となりのトトロ」以来の増刷で、自作曲としては、初です。
    Yoshiさんと作曲し、渡が指揮を務めた初演から14年。
    うれしい限りです。初演のメンバー、再演の「むつのを」のメンバーに心から感謝。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年2月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
PAGE TOP ↑