*

ついに「増刷童貞」が破られる

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


 日本帰国後に知ったニュースの第二弾。
 ついにというか、やっとというか、私の「増刷童貞」が破られた。
 私を「男」にした(?)のは、高野本に異常な熱意を傾けてくれている集英社文庫ではなく、意外にも大穴の『極楽タイ暮らし』であった。
 この本は書店ではまず目にすることはないが、アマゾン・ドット・コムでは常に高い売り上げ順位をキープしていた。アマゾン書店でのみ、売り切ったといってもいいだろう。
 自著の増刷は悲願であったが、いったんそれが叶うと、「うーん、別に大したことないな」というのが正直な感想だ。
 そして、それは比喩でなく、私が初めて「男」になったときにも思ったことでもある。
 結論。比喩でない童貞破りも、増刷童貞破りも、それが目標ではなく、スタート地点にすぎないということだ。
 今頃、ずいぶんつまらないことに気づいたものである。

関連記事

no image

腰痛探検家

11月に集英社文庫から刊行予定の『腰痛探検家』のゲラが出たので、 久しぶりに読み返したところ… あま

記事を読む

no image

ネットでキム・ジョンイルになる方法

中川淳一郎『ウェブはバカと暇人のもの 現場からのネット敗北宣言』(光文社新書)は傑作だった。 著者

記事を読む

no image

ラジカル加藤、現る!

「ワセダ三畳青春記」にちょっと書いたが、探検部の二つ上の先輩で 「ラジカル加藤」という人がいた。 仮

記事を読む

no image

羨ましい病

ニューギニア、アマゾン、ナイル、モンゴル、タイ、カンボジア…と世界中の辺境に単身で飛び回って、巨大

記事を読む

no image

セルビアの宍戸錠

セルビア共和国の首都ベオグラードに こんな人がいた。 動物の皮で作った不思議な楽器を演奏していた。

記事を読む

no image

『わが盲想』見本出来!!

 ゴールデン・ウィーク中は風邪とその後遺症の酷い咳のため家で休んでいたら、 その後から猛烈に忙

記事を読む

no image

エル・ニーニョ

レイモンド・チャンドラー『リトル・シスター』は、訳はいいんだけどいかんせん原作がぐちゃぐちゃの失敗作

記事を読む

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。 ふつう、文庫化といえば、単

記事を読む

no image

鳥籠

インド人作家、ヴィカス・スワラップ原作の映画「スラムドッグ・ミリオネア」がいいらしい。 私は原作の

記事を読む

no image

ラストクエスト

「メモリークエスト」の募集が終わった。 最後の依頼は、今までにない斬新なモノ。 こういうムチャな依頼

記事を読む

Comment

  1. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    おー!おめでとう!!
    今年の辺境映像祭も「高野秀行フェア」状態ですなー。

  2. さるら より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    増刷童貞破りおめでとーございます。
    ボクの『極楽タイ暮らし』は中古本で買ったので(すんません)、改めて買い直しますわん。

  3. のなか悟空 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    そりゃ良かった!ほんにメデタイ!

  4. きたしろ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
    『極楽タイ暮らし』まだ読んでないから次に読んでみます。
    はじめて書きこみます。最近、高野さんの本読み始めたばっかりで、
    今は「幻獣ムベンベを追え」を読んでます。この間、「ワセダ三畳
    青春期」読み終わって、なんだか切ない感じが心地良かった。
    無事帰国良かったですね。また本に書いてください。

  5. エダ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    おめでとうございますと言いたいところですが、
    「ワセダ三畳」が増刷されていないことに納得できません。
    ものすごく勝手なことを言わさせていただきますが、
    高野氏の著作がちくま文庫で発刊されていたら全著作が
    ロングセラーで増刷を重ねるのではないかと思います。
    でも「極楽タイ」と「異国トーキョー」はちくま向けではないですね。
    (ごめんなさい集英社さん。高野本をありがとうございます)

  6. スギヤマ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    高野さん
    ご無沙汰しております。
    探検部の杉山です。
    帰ってきたとたん、
    漫画化決定に、"童貞”卒業と、
    慶事続きでおめでとうございます。
    だいぶお疲れと聞いてますんで、
    とりあえず、ゆっくりお休みください。

  7. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    私事ですが、僕も自作曲の楽譜「風わたる」が増刷されることになりました。僕にとっては、「お琴のおけいこ判 となりのトトロ」以来の増刷で、自作曲としては、初です。
    Yoshiさんと作曲し、渡が指揮を務めた初演から14年。
    うれしい限りです。初演のメンバー、再演の「むつのを」のメンバーに心から感謝。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 【第5回八重洲本大賞ノミネート作】『語学の天才まで1億光年』(高野秀行さん、集英社インターナショナル)https://t.co/hxeHusQZPE 「探検の道具」=言語は面白さから「探検の対象」に。学んだ言語25以上の辺境ノンフィクション作… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「父親世代の古いフェミニズムの呪縛」「価値観のブラッシュアップの難しさ」ななど、モヤモヤを言語化することに長けている著者だけに納得できるフレーズは多かったが、個人的に別格なのは、姪による「おじいちゃん世代はみんなコミュ障」の指摘だった。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 鈴木大介さんの新刊『ネット右翼になった父』読了。めちゃ面白かった。右傾系動画にハマり、ヘイトスラングを口にする晩年の父。絶望の看取りを経て、正統派人物ルポの手法で迫った結果から見えて来るリアルな父親の姿に驚愕。どうしても好きになれない大事な人─この… ReplyRetweetFavorite
    • 某南国に来ているのだが、単行本の原稿を書かねばならず、自動的に缶詰状態になっている。でも朝は海岸を散歩して、午後はスーパーに買い物に行き、夜は地元の食堂で酒を飲んだりしてるから、単に遊んでいるようにも見える。ていうか遊んでるのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : さらに、北上次郎さんの文庫解説リストも届けて下さいました。リストはA3両面にぎっしり書かれていて量の多さとそれを調べた本の雑誌社の方々の思いを感じます。リストを見て気になる作品はお手に取っていただきたいのは勿論、お持ちの作品があったら是非解… ReplyRetweetFavorite
    • ドンマイ、ドンマイ!! https://t.co/lWWTHY2vtR ReplyRetweetFavorite
    • どーん!! ReplyRetweetFavorite
  • 2023年2月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑