*

世界のHANDAは10年保証

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 辺境お宝写真


お宝写真・ビルマロード特集<3>カチン州・ミッチーナ
ミャンマーは自由の国である。
アメリカなんて比べ物にならないくらい。
このポスターが好例だ。
ミャンマーではよく知られた「HANDA」のバイク広告だ。
文字のロゴ、羽根のマークまで「HONDA」そのもの。
バイク本体もタイなどで大人気のホンダ・ドリームの忠実なコピーだ。
欧米や日本ではこういうことは許されていないが、自由の国ミャンマーでは全然OK。
イメージキャラクターにはベッカムが起用されている。
もちろん、ノーギャラ。
ていうか、知らないだろう。
本家ホンダの社長が泣いて羨ましがりそうな状況だ。
ちなみに、ベッカムは、ミャンマーで最もポピュラーなウィスキー、「グランドロイヤル」の宣伝にも起用され、ミャンマーではひっぱりだこだ。
しかし、もっと驚かされたのはベッカムの下に書かれた二行。
「日本の会社ホンダは、ハンダのバイクを10年間、保証します」
えー、マジっすか?!
ホンダは自社のコピーバイクを製作販売されてるばかりか、そのコピーバイクを10年も保証しなければならないのか?!
本家ホンダの社長が泣いてくやしがりそうな状況だ。
でも、しかたない。ここは自由の国ミャンマーだもの。

関連記事

no image

船上の・・・。

 この写真を見せると誰もが驚く。  だから、現場にいた私の驚きと言ったらなかった。  だってカヌー(

記事を読む

no image

写真で見る「客家の里」

「怪しいシンドバッド」お買い上げありがとうございます。 読者のみなさんにはお詫びせねばならないこと

記事を読む

no image

ワンのネコ

トルコ東部、もうイラクやイランの国境に近いところにワンという町がある。 そこには「ワン湖」というト

記事を読む

no image

ねえ、せんせえ、キスしてあげる!

辺境お宝写真<3>  1992年から93年、私はタイ国立チェンマイ大学で日本語講師をしていた。  

記事を読む

no image

カンフー茶芸

 昨年、周星馳の「少林サッカー」がヒットしたおかげで、香港および中国では、サッカーをはじめ、車の駐車

記事を読む

no image

私に向かってひざまづく人々?!

お宝写真・ビルマロード特集<2> 私に向かってひざまづく人々?! テレビのロケに同行すると、ときど

記事を読む

no image

全身刺青おやじ

お宝写真・ビルマロード特集<4> カチン州・タナイにて ミャンマーでは刺青を入れている人をよく見か

記事を読む

no image

辺境お宝写真<1>ロストワールドだ!

 また、突然、思いつきではじまった辺境お宝写真のコーナー。  私がこれまで世界各地で撮影した極め付

記事を読む

no image

エチオピアン・ハードボイルド

 エチオピアの荒野を旅していたときのことだ。  乾いた風と孤独の魂が私に一滴のアルコールを求めさせ

記事を読む

no image

「ピグミー」が撮った写真

辺境お宝写真<4> かつて「ピグミー」と呼ばれていたが、今ではこの言葉が差別語となってしまい、なん

記事を読む

Comment

  1. きたしろ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    知らぬ間に債権者になっているホンダと、あやうく
    知らぬ間に保証人にされそうになった知人がオーバー
    ラップします。世の中気をつけないと・・・。
    でもなんかミャンマーって明るくて暖かそうだから、
    なんかだいたい許せますね。自由だし。
    2度目のかきこみです。高野さん最近読み始めました。
    「ワセダ3畳」に続いて「異国トーキョー」読み終わり
    ました。高野さんの本で、ジャングルや辺境が舞台のも
    とても好きなのですが、東京が舞台の話ってなんか特に
    好きです。
    講演会とかいつかやってほしいです。(既にやってるかも
    知れませんが)辺境探検の話とか生声で聞きたいです。
    地平線会議あたりでやんないかなー。

  2. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    きたしろさん こんにちは
    高野さんの講演会ですが、去年の夏実施しました
    『ミャンマー辺境映像祭feat. OΛS/S』という催しで、
    講演していただきました。
    こちらが当日の様子です。
    http://aisa.ne.jp/myanmar/img-e.html
    今年も『第2回辺境映像祭』が8月に予定されておりますので
    よろしくごひいきに。
    高野さんも、出演を快諾いただいております。ね?

  3. きたしろ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
    二村さん、ありがとうございます。
    辺境映像祭当日の様子見たら、すんごく行きたかったです。
    「アカ族の酒」って飲んでみたかったです。どんな味なんだろ。
    高野さん、二村さんの男前写真も写ってましたね。
    今度の8月には、是非行きたいです。きっと高野さんも出演を
    快諾してらっしゃるに違いないですし。
    8月に行けた時には、このサイトに顔を出してる皆様にお会い
    できたらと思います。

  4. AISA より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    きたしろさん、こんにちは。
    昨年、映像祭を主催しました(有)AISAの小林といいます。
    今年の映像祭は、第二回辺境映像祭と銘打ちまして、
    8月20(土)
    大田区 池上会館
    (東急池上線 池上駅)
    にて開催します。
    もちろん高野さんの講演も予定されております(笑)。
    コンテンツにつきましては、当面、前回のミャンマー辺境映像祭BBS上にて発表を行っていきます。
    http://www.aisa.ne.jp/myanmar/

  5. きたしろ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
    小林さん ありがとうございます。
    ミャンマー辺境映像祭のサイト見てますよ。
    もしかしたら、その時期に日本にいないかもしれないん
    ですけど、映像祭是非行きたいので、国内にいるかぎりは
    おじゃまします。
    そういえば全然関係ないんですけど、先日、一ノ瀬泰造氏と
    高野秀行さんがアンコールワットの前でゲラゲラ談笑して
    いる夢を見た。あれを映像に撮りたかった。(撮れるわけない)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : いい本買った。世界各地から来ている難民の人たちが、日本で手に入る食材で作る料理の本。 https://t.co/tSZtHo5Yya ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【来店&オンライン】 『ある大学教員の日常と非日常』(晶文社) 『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)刊行記念 横道誠×高野秀行トークイベント 「迷宮めぐりの旅談義」 11/4(金)19:00 「混沌から明晰へ」と向かう作品世界… ReplyRetweetFavorite
    • 「連戦連敗の学習法」とは星の数ほどある語学習得法の中でも史上初にちがいない。 https://t.co/BJYpRz6oka ReplyRetweetFavorite
    • RT : 発売中の「女性セブン」に高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』についてのインタビューが掲載されています!取材、構成は佐久間文子さん。「びっくりするぐらい本格的な内容の本」としながら、高野さんの楽しい文体の理由も明かしてくださっています。 h… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 25以上の言語を学んだノンフィクション作家・高野秀行さんが明かす“連戦連敗”の学習法 https://t.co/odail34l2y 「ぼくは言語おたく、はやりの言葉で言うと『言語推し』ですね」 @… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『語学の天才まで1億光年』 スペイン語=カクカク「平安京言語」他方ポルトガル語は アマゾン冒険でローマ字読みで習ったポル語が全く聞き取れず、ネイティブに学ぶべきだったとしきりに後悔しつつ、両言語を縦横に語る至言の数々 ただスペ語にクレ… ReplyRetweetFavorite
    • 野谷文昭先生、おめでとうございます! この本は、実在した主人公がコンゴ→アマゾン(プトゥマヨ川流域)→独立運動と移行していくという点で、私の『語学の天才まで1億光年』と見事にシンクロしており、本当に驚かされました。 https://t.co/MhFDF26sS6 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年10月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑