*

パキスタンの辺境

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

週刊プレイボーイのインタビューで集英社の会議室に行ったら
探検部で3年先輩のTさんがふらっと現れた。
Tさんはアウトドア雑誌を作ると宣言して集英社に入ったものの、
配属されたのは週刊マーガレット。
しかもそこで実力を存分に発揮してしまい、18年も恋や愛と格闘していた。
今は広告部勤務だという。
Tさんに会ったのは7,8年ぶり。
現役のとき、Tさんはパキスタン北部のカラコルム山脈のあたりで民族調査をしていた。
私はそれをサークル紹介で読み、パキスタンなんてどこにある国か知らなかったけど探検部に入りたいと思ったことを憶えている。
(実際にはコンゴに行ってしまったが)
久しぶりにビールを飲みながら、聞けば、パキスタンのその辺は、
青い目に金髪という人たちと日本人そっくりという顔の人たちが入り交じって暮らしており、ひじょうに面白いところらしい。
ムスリムだが、イスマイル派(シーア派の一派)の村では葡萄を足で踏んでどぶろくをつくっているという。
いっぽう、スンニー派のすごく貧しくて酒も祭りも何もない村もあるとか。
「もう20年以上も行ってないけど、行った人の話を聞く限り、あんまり変わってないみたいだよ。
交通事情も悪いし、辺鄙だし、
ビン・ラディンもあの辺に潜伏してると思うな」
と先輩は言った。
イスラム飲酒紀行第2弾があれば、有力な候補地である。
あ、第1弾も出るかどうかわからなくなってきているけど。

関連記事

no image

子供がノノさんになっていいのか

杉江さんから「な、な、なんか大変なことになってる!」と まるで銭形平次のところに駆け込んでくる八五郎

記事を読む

no image

本業

ここんところ、さっぱり本が読めなくなっていたのだが、 なぜか本棚にあった水道橋博士『本業』(文春文

記事を読む

no image

奇人コレクション

その昔、「PLAYBOYドキュメント・ファイル大賞」というノンフィクションの賞があった。  選考委

記事を読む

no image

これが例の葉っぱ

ソマリランドに「帰国」してもう10日近く経つ。 「帰国」なんて言葉を使ったのが行けなかったのか、今

記事を読む

no image

ぶったるんでるのか、それとも…

最近どうにも体調がわるい。 3,4年ぶりに腰痛が再発したのを皮切りに、これまた5年ぶりとも6年ぶり

記事を読む

no image

のぐそ界のイチロー

日曜日、キノコ写真の第一人者にして、野糞の達人である伊沢正名さんと西荻でお会いする。 伊沢

記事を読む

no image

『メモリークエスト』本日発売

まずはお知らせ。 『メモリークエスト』(幻冬舎文庫)、いよいよ本日発売です。 アマゾンや地方では明

記事を読む

電話不携帯のやめられない快適さ

 帰国して拝受した本、第3弾。  『忘れられない一冊の本』週刊朝日編集部(朝日文庫)。作家や映

記事を読む

no image

ダイエットとヒナゴン

数日前、妻・片野ゆかが出版した新刊『ダイエットがやめられない 日本人のカラダを追及する』(新潮社)を

記事を読む

no image

他人ごとなら面白いが

「本の雑誌」今月号が届いた。 特集は「この妻がすごい」。 小説、ノンフィクションを問わず、本に出て

記事を読む

Comment

  1. まつもと より:

    AGENT: KDDI-CA39 UP.Browser/6.2.0.13.1.5 (GUI) MMP/2.0
    カラーシュ・バレーの辺ですかね、いいところですよ〜。たまにベットバグがいますが。

  2. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2.13) Gecko/20101203 Firefox/3.6.13 (.NET CLR 3.5.30729)
    おお、パキスタン。
    縁があって、パキスタンの北東部のフンザの結婚式に
    呼ばれました。
    そこでは「フンザウォーター」という樫の実のお酒を飲みましたが、
    ずばり、まずい!
    日本から行った我々は、大量にお酒を持ち込みましたが
    「ゲストのお酒は現地の人に、現地のお酒をゲストに」という方針により
    まずい酒をチビリチビリ。
    フンザの人々は、上等な八海山を一気飲みして
    あっという間に酔いつぶれ、ゲーゲー吐いていました。
    おお、なんてもったいないことするんだ・・・・と思った記憶があります。
    なので、酒はあります。意外と簡単に手に入る。
    ただ、うまくは、ない。

  3. UMA より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 F06B(c500;TB;W24H16)
    私はブラックバス釣りが趣味です。主に琵琶湖で釣りを楽しんでます。
    琵琶湖には『プロガイド』と呼ばれる人達がいて、琵琶湖で大物の釣れるポイントに連れて行ってくれたりする日々琵琶湖に通いつめている、プロのフィッシングガイド達がいます。
    その中でも有名な『奥村哲史』さんの本日(2011/02/08)のブログに気になる記事が載ってたので、是非見てみてください!
    http://www.biwakoblog.com/okumura/

  4. うの より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6.6; .NET CLR 1.1.4322)
    先日はお疲れ様でした。
    高野さんのブログを読んで久しぶりにアリを思い出しました(笑)
    日本にはロクでもないニュースしか伝わってきませんが、一度仲良くなると
    本当に親切だし、子供たちもキラキラしています。
    ラホールの近くの村に友人達が住んでいますので、その近くにも行かれるときは教えてください、紹介しますね!

  5. タツ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_6_6; ja-jp) AppleWebKit/533.19.4 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.3 Safari/533.19.4
    >UMAさん
    奥村プロのブログ見ました。これはすごそうですねー。
    かなり期待値高そうです。
    しかし高野さんの本にもよく出てくる「見た」ひとの話は真に迫るものがありますね。嘘をついているとは思えないリアリティというか…

  6. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.13 (KHTML, like Gecko) Chrome/9.0.597.94 Safari/534.13
    奥村氏のブログ、つづきが知りたいですねー。

  7. ウリ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.2; ja-jp; SC-02B Build/FROYO) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
    初めまして、いつもブログ、本、楽しく読ませていただいております
    奥村プロの目撃談、これは、リアル版の柴田哲孝著『KAPPA 』では?
    読んでいて、ドキドキしました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 本日19時から!「ポリタスTV」の「石井千湖の沈思読考」で、高野秀行著『語学の天才まで1億光年』をご紹介くださるそうです! ReplyRetweetFavorite
    • いや、明日はマジで楽しみ。いつも彼とはほろ酔いでてきとうなことを喋っているけど、明日はガチで行きたい。 https://t.co/Dw6TWxuX8Q ReplyRetweetFavorite
    • RT : Webマガジン「考える人」のリレー書評「たいせつな本 ―とっておきの10冊―」で、高野秀行さんが、「言語の面白さを教えてくれる10冊」のうちの1冊として、『日本語とにらめっこ 見えないぼくの学習奮闘記』(モハメド・オマル・アブディン著)を挙げて下… ReplyRetweetFavorite
    • そこまで想像が及ぶと、通訳の人に訊ける。すると「あー、そのとおりです!」という答えが返ってくる。実際はそこまで単純ではなかったけれど、大まかにはこんな感じ。現地語が少しでもわかると、それくらい取材ができてしまう一例です。 https://t.co/fp7bbdM1yA ReplyRetweetFavorite
    • つまり、テンジャンには食べ方がいろいろあるけれど、チョングッチャンには汁物しかない。だからチゲをつけない。そこからさらに、大半の韓国人はチョングッチャン=汁物と認識しており、他の形態を知らないから、それが日本の納豆と同じものだと全… https://t.co/ThbJrauA2d ReplyRetweetFavorite
    • どこの店でもこう書かれている。これを見るだけで「チョングッチャン(納豆)とテンジャン(味噌)は同じジャン(醤)でも食べ方がちがうんだな」と想像がつきます。テンジャンはチゲ(汁物)と書くのにチョングッチャンはチゲがつかない。 https://t.co/CD3d7gxmjM ReplyRetweetFavorite
    • 通訳がいても、現地の言葉がある程度わかるのはとても重要です。例えば、これはソウルにあるチョングッチャン(韓国納豆汁)の有名店の看板。左がチョングッチャン、右はテンジャンチゲ(味噌の汁物)と書かれています。… https://t.co/OjPuB6GZK3 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年9月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑