*

スーツでヤブ漕ぎをする人を発見!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

読売新聞のインタビュー取材を受けた。
「何か“原点”とか“こだわり”のある場所でインタビューするという企画なのですが…」
というので、昔住んでいた八王子の実家の裏にある雑木林に行ってみた。
その辺りは私が引っ越してからの25年の間に、
徹底的に開拓されてしまった。
畑や原っぱだらけだったのが宅地になっただけではない。
大小さまざまな坂があったのに今はまっ平ら。
土地を削り、地形まで変えてしまったのだ。
道ももちろんまったく別物。
日本の象徴のような場所だが、私たちがなぜか「いっけん」と呼んでいた小さな森だけが
かろうじて残されている。
私は子どものとき、毎日のように弟とそこに通い、
クワガタやカブトムシを探した。
だからそこで取材を受けたのだが、なんということか
新たな宅地化の波はとどまることを知らず、
いっけんの森までもどんどん削っている。
おかげで森の入口がふさがれ、小道が通れず、
背丈近くもある熊笹のヤブに突入。
サンダル履きでヤブを漕いでいたら、
このちっぽけな森に感じたときめきみたいなものが
ずずっと蘇った。
その先に光り輝く何かがあるような気がしてしまうのだ。
あと一歩で奇跡が見られるような、錯覚がする…。
実に小さなメモリークエスト(ていうか感傷)を楽しんだ私はいいが、
読売のK記者はかわいそうに、スーツにネクタイという姿で
ヤブ漕ぎをするハメになっていた。
そんな人は初めて見たのでおかしくてしかたなく、
笑いをこらえるのが辛かった。
いや、お疲れさまでした。
(記事掲載は来週の土曜の夕刊の予定だそうです)

関連記事

no image

女帝の出版記念パーティ

滅多に人の出版記念パーティには行かない(呼ばれないともいえる)のだが、 土曜日は特別。 「日本ビル

記事を読む

no image

サドゥはバカか

インドにはサドゥと呼ばれる「聖者」がいる。 ヨガをしたり、瞑想したり、 大麻を吸ったり、すっぽんぽ

記事を読む

no image

ブックストア談は凄い!

「異国トーキョー漂流記」を大売りだししているユニークな書店「ブックストア談・浜松町店」へ行き、御礼

記事を読む

no image

一言でいえば飲みすぎ

月曜日は、先日急逝した堀内倫子さんを偲ぶ飲み会を催した。 親しい友人、ご兄弟、それに彼氏だった人も交

記事を読む

no image

サッカーの敵

「本の雑誌」バックナンバーのサッカー本特集のコピーを杉江さんに送ってもらい、 それにしたがってサッ

記事を読む

no image

深谷陽というアジア風天才漫画家

日本にいる時間が残り少なくなってきたので、 駆け足で紹介。 先日行われたmixiのイベントに、純粋

記事を読む

no image

ソマリ娘、二十歳の新春

正月に八王子の実家で振り袖を着たソマリ娘のサミラ。

記事を読む

no image

「占い」と「UFO」収録

雪の東京へ出て大阪のスタジオ収録へ。 箱根を越えたら雪などまったく降ってないのでちょっと驚く。 今回

記事を読む

no image

8年ぶりにアフリカ大陸

 セイシェルの取材を終え、次は旧ユーゴスラビアのセルビアに行くはずが、 急に気が変わって南アフリカ

記事を読む

no image

おもしろくないことがおもしろい

キタ帰国の二日後、つまり6日から9日まで沖縄に行ってきた。 10年以上前、大連に短期留学をしたときさ

記事を読む

Comment

  1. D より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    来週土曜日、29日ですね。うちは読売取ってますので、楽しみにしています。柳生一族以来、先生のフアンであるオジサン友人にも知らせておきます。そこも読売とっておられますから。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ニューヨークボ!! https://t.co/zA0dcqtcUb ReplyRetweetFavorite
    • 新大久保の現在の主力がベトナム人とネパール人だなんて初めて知ったし、その中に入り込んでいる中国系や韓国系の人の動き、風変わりなキリスト教の牧師、ヒンドゥー教徒やムスリムなど、その混合雑多ぶりはまるでニューヨークのよう。行ったことないけどイメージで。 ReplyRetweetFavorite
    • 室橋裕和著『ルポ新大久保 移民最前線都市を歩く』(辰巳出版)を2週間ぐらいかけて少しずつ読み進め、先ほど終わった。もしできるなら新大久保に住みたいが、事情が許さないので本書を読んで2週間ぐらいホームステイした気分を味わった。実に楽しい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 書店に並んだらすごいですけどねえ。単にコピーをホチキスで留めただけのものですから。 https://t.co/0cJRsSNEh2 ReplyRetweetFavorite
    • 昔自作したコンゴのリンガラ語のテキストを公開中。表紙にはコンゴの諺が。「歯があるうちにトウモロコシを食え=できるうちにそれをしろ」https://t.co/BLIewFVZM3 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 数ヶ月前に初めて行ってミャンマー料理のその複雑な味に感動して二回続けて行ってしまった曙橋のゴールデンバガン、めちゃおすすめ。お茶の葉サラダにひよこ豆の豆腐の揚げ物、名物ひよこ豆チャーハンに豚と筍のスープ、発酵生姜と豆のサラダも素晴らしかった。食で旅す… ReplyRetweetFavorite
    • RT : きたきたきた!絶対『買い』だ! 【28日限定】日替わりkindleセール 未来国家ブータン 299円 高野秀行(著 ⇒https://t.co/0UL9gPKjzM 未来国家ブータンという題名ですが、中身は『遠野物語 ブータン編』ともいうべき民話採集… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年11月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑