*

おお、神よ、私は働きたくない

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

宮田珠己待望の新刊『なみのひとなみのいとなみ』(朝日新聞出版)が発売された。
単行本の新刊は一年半ぶりくらいなので、一刻も早く読みたいと思い、
アマゾンで注文したのだが、注文した瞬間に「今読みたい、今すぐにだ!」という
メラメラとした思いが燃え上がり、
結局吉祥寺まで出かけて買ってしまった。
そこでハタと気づいたのだが、タマキングの本は公共の場では読めないのだ。
ところかまわず噴出してしまうからだ。
まるでエロ本のように一人でこそこそ読まねばならない。
なにしろ今すぐ読みたいので、家まで我慢ができない。
吉祥寺のAV鑑賞ルームに行くことまで考えたが、そんなところへは行ったことがなく
かえって手続きが面倒くさそうだったから、最寄り駅の隣駅で下りてドトールへ。
ここで口元をおさえて読めばいい。
ちょっと変な奴と思われても二度と行かないから大丈夫だ。
それまで用心深く、中身はもちろん、表紙も見ないようにしていたが、
コーヒーを注文しようと列に並んだとき魔がさしてしまった。
裏表紙の帯をちら見してしまったのだ。
「はるか昔、銀河の彼方で、まだわたしがサラリーマンだった頃、
営業の外回りで街を歩いていると、突然、働きたくない、という天啓に打たれた。
圧倒的な「働きたくない」の光が天の啓示として、どういうわけか、
営業中の私に降り注いだのである。
おお、神よ、私は働きたくない。」
むひひひひ…という奇妙な笑い声が漏れてしまいましたよ。
あーあ。
コーヒーを頼む前だから恥ずかしかった。
でもさ、あまりにくだらないんだもん。
バカじゃないだろうか。
私じゃなくてタマキングがだ。
というのも、タマキング本人が言ってたのだ。
「今回の本はバラバラのエッセイの寄せ集めで、正直言って面白くない。
評判さげると思う。だいたい、日常エッセイというのを書くのが辛くて…」とか。
読んでみれば、帯の文句のとおり、期待どおりの面白さだった。
旅じゃなくても、この人は何を書いても面白い。
「宮田珠己」という変態、いや偏光フィルターが入っているから、
どんな風景でもどんなモノでもちがって見えるようになっているのだ。
なのに、本人は「もうネタがない」とか「日常エッセイは書けない」とか
「自伝的エッセイはこっぱずかしい」とか、
あれこれ言い訳を言っては編集者からの依頼を片っ端から断っているという。
バカなんじゃないか、宮田珠己。
自分の面白さに気づかないとはどういうことだ。それとも単に働きたくないだけか。
夜、それについて再考しているとだんだん腹が立ってきた。
で、思ったのだ。
「タマキングのマネージャーになりたい」と。
ごちゃごちゃ言ってないで、なんでも書かんかい!と尻を引っぱたきたい。
ちょうど私はもう書くネタもないし、日常エッセイも性に合わないしで、
仕事量は激減している。
タマキングのマネージャー業を真剣に考えてもいい頃なのだ。
休み明けには正式に本人に打診してみようと思う。
(アマゾンからの本は今届いた…)

関連記事

no image

「野々村荘」は今…

なんと約7年ぶりに、『ワセダ三畳青春記』の舞台である「野々村荘」を訪問、後輩の「中江」とともに大家の

記事を読む

no image

気仙沼産かじき

土曜日、スーパーに買いだしに行ったら、気仙沼産のかじきの切り身が売っていた。 しかも半額。 買ってき

記事を読む

no image

元「たま」石川浩司氏とのイベント

相変わらず花粉症に悩まされ、テンションが上がらない。 あまりに目がかゆいので火曜日に目医者に行き薬

記事を読む

no image

イルカ人間

巣鴨で行われた水泳のマスターズ大会に出場、クロール、バック(背泳ぎ)、ブレスト(平泳ぎ)の 3種目を

記事を読む

no image

純文学とエンタメのあいだ

三崎亜紀『廃墟建築士』(集英社)を読む。 『となり町戦争』『バスジャック』を読んだときにも思ったが

記事を読む

no image

小説家になるのは大変だ!

土曜日、モスク取材とその後の予定について打ち合わせをしていたら、 ホテルの部屋に戻ったのはもう12

記事を読む

no image

のまど寄席「林家彦いちの旅落語」

 本屋プロレスや本屋野宿といった素っ頓狂なイベントがあったが、今度は伊野尾書店ではなく西荻窪の「旅の

記事を読む

no image

ソマリア大飢饉の嘘

やっとラマダンが終わり、新年際の「イード」も終わった。 今日から仕事始め。 だが、新年では大物政治家

記事を読む

no image

私は魔境に生きた

本の雑誌の杉江さんに勧められ、 島田覚夫『私は魔境に生きた』(光人社NF文庫)を読んだ。 ニューギ

記事を読む

no image

花のズボラ飯

久住昌之原作、水沢悦子画『花のズボラ飯』(秋田書店)を読む。 グルメ漫画を読んで、共感したのも初め

記事を読む

Comment

  1. くがーる より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    私の大好きな高野さんとタマキングがこんなに仲良くしているのが、なんだかとても嬉しくて、週1回タマキングの日記更新に合わせてお二人のサイトを見てはニマニマしています。
    それはそうと、「ワセダ〜」のあとがきにあった「バイト話」の本、いつか出してください〜!

  2. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    高野さんが絶賛する変態フィルター(笑)が入ったその人の本を私も読みたい!と、さっそく図書館で予約しました!(買え
    図書館のあちこちに分類されて置かれていた宮田さんの本、4冊集めて借りました。
    世の中には色んな人がいますね〜。おもしろいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年1月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑