*

おお、神よ、私は働きたくない

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

宮田珠己待望の新刊『なみのひとなみのいとなみ』(朝日新聞出版)が発売された。
単行本の新刊は一年半ぶりくらいなので、一刻も早く読みたいと思い、
アマゾンで注文したのだが、注文した瞬間に「今読みたい、今すぐにだ!」という
メラメラとした思いが燃え上がり、
結局吉祥寺まで出かけて買ってしまった。
そこでハタと気づいたのだが、タマキングの本は公共の場では読めないのだ。
ところかまわず噴出してしまうからだ。
まるでエロ本のように一人でこそこそ読まねばならない。
なにしろ今すぐ読みたいので、家まで我慢ができない。
吉祥寺のAV鑑賞ルームに行くことまで考えたが、そんなところへは行ったことがなく
かえって手続きが面倒くさそうだったから、最寄り駅の隣駅で下りてドトールへ。
ここで口元をおさえて読めばいい。
ちょっと変な奴と思われても二度と行かないから大丈夫だ。
それまで用心深く、中身はもちろん、表紙も見ないようにしていたが、
コーヒーを注文しようと列に並んだとき魔がさしてしまった。
裏表紙の帯をちら見してしまったのだ。
「はるか昔、銀河の彼方で、まだわたしがサラリーマンだった頃、
営業の外回りで街を歩いていると、突然、働きたくない、という天啓に打たれた。
圧倒的な「働きたくない」の光が天の啓示として、どういうわけか、
営業中の私に降り注いだのである。
おお、神よ、私は働きたくない。」
むひひひひ…という奇妙な笑い声が漏れてしまいましたよ。
あーあ。
コーヒーを頼む前だから恥ずかしかった。
でもさ、あまりにくだらないんだもん。
バカじゃないだろうか。
私じゃなくてタマキングがだ。
というのも、タマキング本人が言ってたのだ。
「今回の本はバラバラのエッセイの寄せ集めで、正直言って面白くない。
評判さげると思う。だいたい、日常エッセイというのを書くのが辛くて…」とか。
読んでみれば、帯の文句のとおり、期待どおりの面白さだった。
旅じゃなくても、この人は何を書いても面白い。
「宮田珠己」という変態、いや偏光フィルターが入っているから、
どんな風景でもどんなモノでもちがって見えるようになっているのだ。
なのに、本人は「もうネタがない」とか「日常エッセイは書けない」とか
「自伝的エッセイはこっぱずかしい」とか、
あれこれ言い訳を言っては編集者からの依頼を片っ端から断っているという。
バカなんじゃないか、宮田珠己。
自分の面白さに気づかないとはどういうことだ。それとも単に働きたくないだけか。
夜、それについて再考しているとだんだん腹が立ってきた。
で、思ったのだ。
「タマキングのマネージャーになりたい」と。
ごちゃごちゃ言ってないで、なんでも書かんかい!と尻を引っぱたきたい。
ちょうど私はもう書くネタもないし、日常エッセイも性に合わないしで、
仕事量は激減している。
タマキングのマネージャー業を真剣に考えてもいい頃なのだ。
休み明けには正式に本人に打診してみようと思う。
(アマゾンからの本は今届いた…)

関連記事

no image

また「テレビみたい」と言われるんだろう

日曜日の朝刊のテレビ欄で知ったのだが、 「ウルルン」の後番組として「地球感動配達人」とかいう番組がは

記事を読む

no image

ダーティな本気はピュアなのか

斉藤一九馬『歓喜の歌は響くのか 永大産業サッカー部 総武3年目の天皇杯決勝』(角川文庫)を読んだ。

記事を読む

熱気ムンムンの概説書

最近、どうにもオーバーキャパシティで、ブログに手が回らない状態が続いている。 一つの原因は対談本を

記事を読む

no image

猛暑の高校講演会

 集英社の外郭団体(?)が主催している「高校生のための文化講演会」というものによばれ、香川県と愛媛県

記事を読む

no image

カメの肛門問題

水泳仲間(というか先輩)で獣医師のKさんが ときどき私の本を読んで、専門家の立場から意見を言ってくれ

記事を読む

no image

半分以上、東京にもどる

昨日の朝、イサーン(東北地方)のウドンターニーから寝台列車でバンコクに到着した。 バンコクは一ヵ月

記事を読む

no image

ポルターガイストで訴える

「未確認思考物隊」の第5回と第6回のテーマは「心霊」だが、 おかげさまで両方とも私のリポート出動はな

記事を読む

no image

太平洋もインド洋も波高し

 私の「ビルマ・アヘン王国潜入記」英語版"The Shore beyond Good and Evi

記事を読む

no image

夢のようなアジアの列車旅

おかげさまで『謎の独立国家ソマリランド』は先週、日本経済新聞と東京(中日)新聞の書評で取り上げてもら

記事を読む

no image

神奈川の市長問題

ニッポン放送のラジオ番組「ドリームランナー」に出演(収録)する。 パーソナリティは横浜の中田市長。

記事を読む

Comment

  1. くがーる より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    私の大好きな高野さんとタマキングがこんなに仲良くしているのが、なんだかとても嬉しくて、週1回タマキングの日記更新に合わせてお二人のサイトを見てはニマニマしています。
    それはそうと、「ワセダ〜」のあとがきにあった「バイト話」の本、いつか出してください〜!

  2. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    高野さんが絶賛する変態フィルター(笑)が入ったその人の本を私も読みたい!と、さっそく図書館で予約しました!(買え
    図書館のあちこちに分類されて置かれていた宮田さんの本、4冊集めて借りました。
    世の中には色んな人がいますね〜。おもしろいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑