*

踊るダルビッシュの謎

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


斉藤祐樹が日本ハムに入団したため、以前にも増してダルビッシュ有のニュースが多い。
で、思い出したのが、レイモンド・チャンドラー著、村上春樹訳『リトル・シスター』(早川書房)
フィリップ・マーローが怪しげな医者のところで薬入りの葉巻を吸わされ、
意識が朦朧とするシーン。
「私はダルウィーシュ教の教徒のようにくらくらして、おんぼろの洗濯機のように弱々しく、
アナグマの腹のように低くさまよい、シジュウカラのように怯え、義足をつけたバレー・ダンサーのように勝算を欠いていた」
意識朦朧にそこまで言うかというのがまさにチャンドラーだが、それはさておき、ダルウィーシュ教は気になる。
訳者による注では「熱狂的に踊ることで法悦を得るイスラムの神秘教団」とある。
ダルウィーシュとはイスラム神秘主義の修行僧のことで、
ダルビッシュ有のダルビッシュと同じ言葉である。
彼のおじいさんか誰かが修行僧だったのかもしれない。
イスラム神秘主義は理論を超え、陶酔の中で神との合一をめざすものとされている。
要するに「ハイ」になるわけである。
ハイになるため、彼らは一晩中徹夜をしてコーランを読誦したり(不眠を保つために飲むようになった飲料がコーヒーという説もある)、ぐるぐると旋回するように踊ったりした。
ムスリムの酒好きが神秘主義者を標榜したり、逆に神秘主義者が堂々と酒を飲んで酔っ払ったりすることもある。それも同じだ。
旋回する踊りは、ペルシア(イラン)の高名な思想家にして神秘主義詩人ルーミーが創始したメヴレヴィー教団が有名だ。
今でもトルコのコンヤという町ではその踊りを見ることができる。
(もっとも踊っている方は目が回って陶酔するから気持ちいいかもしれないが、
見ているほうはかなり退屈だ)
この教団は「踊るダルウィーシュ」とも呼ばれたというから、
チャンドラーが書いているのはまさにこれだろう。
わからないのは、どうして本書にこれが比喩として使われているかということだ。
本書の刊行は1949年。雑誌に出たのはもっと前だろうから、第二次大戦直後か。
この小説は文学でなく大衆小説だ。
つまり、第二次大戦直後、イスラム神秘主義の踊りは、誰でもよく知っている、もしくは流行していたものだったということになる。
有名な映画か何かで使われたのだろうか。
ダルウィーシュ関係で何か世を騒がせる事件でもあったんだろうか。

関連記事

no image

純文学とエンタメのあいだ

三崎亜紀『廃墟建築士』(集英社)を読む。 『となり町戦争』『バスジャック』を読んだときにも思ったが

記事を読む

no image

狂言

国立能楽堂で行われた「春狂言2009」を観にいく。 と言ったら意外に思われるかもしれないが、 狂言く

記事を読む

no image

誘拐は困る

アフリカ・中東の紛争地取材の超ベテラン、大津司郎さんに8年ぶりくらいで会う。 もう60歳くらいのはず

記事を読む

no image

ニュー蔵前本

次回の「辺境読書」では、蔵前仁一『わけいっても、わけいっても、インド』(旅行人)を 紹介することに

記事を読む

no image

友だちは反政府ゲリラだけ…

チェンマイにいる。 4年ぶりだが、驚くほど街が変わった。 見知っている建物がない。 だから自分がどこ

記事を読む

no image

『神に頼って走れ!』見本とどく

『神に頼って走れ! 自転車爆走日本南下旅日記』(集英社文庫) の見本がさきほど届いた。 すんごく派手

記事を読む

no image

万歳!文芸の東スポ

おととい届いた「本の雑誌」今月号の特集は 「読んでない本大会」。 メインは書評家三人が自分の詠んで

記事を読む

no image

育ての親

自然現象なのかバイオリズムなのか、 周期的に「落語がすごく聞きたい」という時期がくる。 今がその時期

記事を読む

no image

ソマリランド飲酒紀行

昨日発売の週刊SPA!で私の「イスラム飲酒紀行 最終回」が掲載された。 最終回はソマリランド。 ソマ

記事を読む

no image

刀魚

昨晩は「銭形金太郎」でノノさんを見た。 まあ、そこそこ面白かったが、本人を知る者にとっては物足りな

記事を読む

Comment

  1. ほうきだこ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    私もダルウィーシュとダルビッシュの関連性が何かあるのか気になっていました(そもそもどこでダルウィーシュについて読んだのかは覚えていないのですが)。イスラームの名前以外でも、人の名前のつけ方に文化の違いや歴史的神話的由来が見えて面白いですよね。何か事件があったというでもなく、「シヴァの女王」のような聖書の中の逸話、もしくは日本では「不惑」が儒教を由来に持つように、自明のことわざ・定型句と化している文化的な断片があるのかもしれません。

  2. ババガヌーシュ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10_5_8; ja-jp) AppleWebKit/533.18.1 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.2 Safari/533.18.5
    話はちょっとそれますが、
    ダルビッシュ有(ゆう)は、
    きっと「ダルビッシュ・アリ」ですよね。
    日本の戸籍は漢字が全てで読みの規定は無いから。
    彼の場合パスポート名はどーなってるんでしょう?www

  3. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    日本国籍を取得する人には、カタカナ表記を容してもいいのに、と思います。カタカナも日本語なんだからね。

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.13 (KHTML, like Gecko) Chrome/9.0.597.94 Safari/534.13
    ダルビッシュ有はダルビッシュ・アリ!
    なるほど、それは気付きませんでした。
    可能性、大いにアリだと思います。
    ちなみに、今はカタカナ表記OKだと思いますよ。

  5. saitama より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    チャンドラーは石油会社に勤めていてアル中で首になったそうですが、中東情勢には明るかったのかも知れませんね。
    WWIのときはイギリス空軍にいたこともあったけど、訓練中に終戦を迎えたみたいだから、中東に配置されたってことはないんだろうけど。
    wikiの解説ですが、dervishが比較的欧州に近い地域で流行していたためか、ヨーロッパ人にとってムスリムの代名詞として使われていたみたいです。
    http://en.wikipedia.org/wiki/Dervish
    Various western historical writers have sometimes used the term dervish rather loosely, linking it to, among other things, the Mahdist uprising in Sudan, Mohammed Abdullah Hassan’s 1920 conflict with British forces in Somalia and other rebellions against colonial powers.

  6. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.13 (KHTML, like Gecko) Chrome/9.0.597.98 Safari/534.13
    なるほど。
    勉強になりますね。
    旋回舞踊もヨーロッパの人たちには身近だったのかもしれませんね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年6月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑