*

出発前のわやくちゃ状態に突入

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

いつも海外旅に出発前2週間を切るとにはわやくちゃ状態になる。
今回ももうとっくにそれが始まっている。
確認を兼ねて私が今やっていること、やらなければならないことを挙げると;

・飛行機に全部で9回乗るが(乗り換え便を含まない)、その予約と購入。
ソマリでのチケットは日本からネットでも予約できないので、人に頼む。
でも、人に頼んだら、「買ったぞ!」と別のフライトのチケットコピーが送られてきて混乱。

・各地で到着時に泊まるホテルの予約。
ロンドンは土地勘がゼロで、ホテル代が高いのでひじょうに悩んでいる。

・ソマリアとソマリランドのビザを手配する。

・イギリス、フランス、ソマリランド、ソマリアの友人知人にお土産を選んで買う。
頼まれたものも買う。
 中古パソコンやiPad、女性用アクセサリーなども頼まれているが、一体何を買えばいいかわからない。

・前回写真を撮った人にあげるため、写真をセレクトしてプリントアウトする。

・11月15日発売の『移民の宴』のカバー、帯のコピー、ゲラの直し、取材の事実確認をまだやっている。

・来年2月発売のソマリランド本の原稿を書き進め、今回取材する項目の整理。

・外国人や日本人の知人友人親族からの悩み相談多数。

・前から予定されていた通常の打ち合わせと会食。

・帰国日11月27日までに締め切りのある原稿を全て書いて送る。

今思いつくかぎり、ざっとこんな感じだ。
こうして眺めてみると、本を出したり日本にいたりするからいけないのではないかと思い始めた。
仕事を極力せず、最初から日本にいなければこんなことにならなくて済むんじゃないか。
それからソマリ世界(ソマリランド、ソマリア、その他海外在住のソマリ人)は私にとってすでに「帰省」と変わらなくなっている。
荷物もすごく重くなり、ひじょうに気が重い。

ああ、早くどこか行きたい。
誰も私を知らない外国に行きたい……。

関連記事

no image

彼もエンタメノンフ?

意外に思われるかもしれないが、高橋源一郎の文芸評論が好きである。 今日も『大人にはわからない日本文

記事を読む

no image

海賊国家プントランド

今回の旅の目的は謎の独立国家ソマリランドの実情を探ることだが、 そこにいると同じ意見しか聞けない。

記事を読む

no image

天国再訪

東京はたいへん暑いそうだが、チェンマイは依然として涼しい。 ふと、思い立ち、6,7年ぶりにチ

記事を読む

no image

バトルロイヤル、参戦!

先日「酒飲み書店員(中略)大賞」なるものに選ばれ、千葉と都内東部を席巻している(?)「ワセダ三畳青春

記事を読む

ドンガラさん、15年ぶりの緊急来日

私がかつて翻訳したコンゴ文学の名作『世界が生まれた朝に』(小学館、絶版)。 その著者であるエマ

記事を読む

no image

岡崎市のクライミングジムPlay Mountain

早大探検部時代に一緒にムベンベ探査を思い立ち、副隊長として参加した高橋洋祐から 「岡崎市でクライミ

記事を読む

no image

こんなことをやってる場合か

重要事が押し迫るほど、人は余計なことをやりたがる。 明日の出発に備え、歯磨き粉と爪きりと電池を買い

記事を読む

no image

乃木坂☆ナイツで金メダリストと

今日も、というか今日こそ、アブディンと「トライデム」の練習。 今週末に、ちょっと遠乗りをする予定に

記事を読む

no image

メモリークエスト依頼者面談、開始!

都内の某高級ホテルのラウンジで、幻冬舎「メモリークエスト」の面談を始めた。 集まった依頼の中で「これ

記事を読む

no image

困ってるいぬ

今週は月曜から金曜日までかけて原稿が一枚もかけないという絶賛大スランプ中だったのだが、 そういうとき

記事を読む

Comment

  1. 山中温泉 より:

    この場合はコメントというより陣中見舞いと言うべきでしょうか?
    たくさんの事柄が同時進行でとても大変そう。
    でも私が一番驚いたのは高野さんに女性のアクセサリーを頼んだ人。
    もしかして犬の首輪とネックレスは同じ物と思ってるとか?

  2. 冬時間 より:

    高野さんの一ファンです(でも読んだのはまだ2冊)。ヒースロー空港からバスで30分位のところにある町に住んでいます。制限事項付きですが、よろしければ泊まっていって下さい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑