*

ポップ&メジャー

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

イランに行っている最中、
4月8日発売予定の『メモリークエスト』(幻冬舎)のカバーデザインが
出来上がった。
メールで送られてきた画像を見て、思わずのけぞった。
ピンクとオレンジを基調とする、派手派手しいデザインで
とても私の本とは思えない。
私は正直者として知られているので、「これは全然好みじゃない」と言ったところ、
「今回はポップ&メジャーにした。今までとはちがう読者にもアピールする」と
強い言葉で説得された。
ポップ&メジャー?
さすが幻冬舎、言うことがさっぱりわからない。
わからないが面白いのでOKすることにした。
というわけで、前からの高野本読者の方には違和感がすごいと思うが、
そういう方々は表紙がどうであろうと読んでくれるはず(!)と考えることとしたい。
それにしても、「ポップでメジャーな辺境作家」とは、ますますキワモノ度が高まっていくだけのような気がするんだけど、気のせいだろうか…。

関連記事

no image

夢から悪夢へ

11日の午後2時ごろまで、「王様のブランチに出たら今度こそ本が売れる」とか 優香のコメントが出たらも

記事を読む

no image

原作を読もう!

映画「スラムドッグ・ミリオネア」を観てたまげた。 原作とまるっきりちがう話だったからだ。 スラム育ち

記事を読む

no image

なぜ妻子持ちは超過酷に挑むのか

1カ月ほど前、鏑木毅『激走100マイル 世界一過酷なトレイルラン』(新潮社)という本を読んで感銘

記事を読む

no image

まんせーむーのうあんあん

「本の雑誌」で今度は、大槻ケンヂ氏と「マンセームーノー対談」。 オーケン博士の分析によれば、人は誰で

記事を読む

no image

今日から「預言」はやめる

 高島俊男先生の『お言葉ですが… 第11巻』を読んでいて、驚いた。  「預言が『神の言葉を預かる』と

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフ的映画の真髄

「パパは出張中」と「アンダーグラウンド」で史上唯一カンヌを2回制した映画監督エミール・クストリッツァ

記事を読む

no image

溝口敦『暴力団』は入門書にして名著

タイトルからして素晴らしい。溝口敦の『暴力団』(新潮新書)。 「暴力団のいま」でもなければ「ヤクザ

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフの横綱はこの人!

今月号の「本の雑誌」のコラムで、高橋秀実『素晴らしきラジオ体操』(小学館文庫)を紹介した。 秀実さん

記事を読む

no image

卵ゲップ病

 昨日の晩、イシカワに電話をしたところ、「帰ってからも下痢が止まらなくて、参った」という。  それは

記事を読む

no image

花のズボラ飯

久住昌之原作、水沢悦子画『花のズボラ飯』(秋田書店)を読む。 グルメ漫画を読んで、共感したのも初め

記事を読む

Comment

  1. UEHARA より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727)
    そうです。タカヒデファンは、カバーデザイン関係無いです。
    でも、発売日最終決定しましたら通知願います。
    本屋でカバーデザインを見て、コレは別の高野秀行さんだなー。
    っと思って購入しないファンがいては困ると思います。
    (以前、本屋の予約センターで別の高野さん本を間違って買ってしまいました。でも、将棋好きの友人にあげたら、大変喜ばれました。)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑