*

ポップ&メジャー

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

イランに行っている最中、
4月8日発売予定の『メモリークエスト』(幻冬舎)のカバーデザインが
出来上がった。
メールで送られてきた画像を見て、思わずのけぞった。
ピンクとオレンジを基調とする、派手派手しいデザインで
とても私の本とは思えない。
私は正直者として知られているので、「これは全然好みじゃない」と言ったところ、
「今回はポップ&メジャーにした。今までとはちがう読者にもアピールする」と
強い言葉で説得された。
ポップ&メジャー?
さすが幻冬舎、言うことがさっぱりわからない。
わからないが面白いのでOKすることにした。
というわけで、前からの高野本読者の方には違和感がすごいと思うが、
そういう方々は表紙がどうであろうと読んでくれるはず(!)と考えることとしたい。
それにしても、「ポップでメジャーな辺境作家」とは、ますますキワモノ度が高まっていくだけのような気がするんだけど、気のせいだろうか…。

関連記事

no image

不思議で贅沢な春の晩

以前、コンゴ(旧ザイール)の障害者バンド「スタッフ・ベンダ・ビリリ」を日本に呼び、 そのライブに私

記事を読む

no image

セルビアの宍戸錠

セルビア共和国の首都ベオグラードに こんな人がいた。 動物の皮で作った不思議な楽器を演奏していた。

記事を読む

no image

大藪春彦賞受賞パーティ

平山夢明さんが『ダイナー』(ポプラ社)で大藪春彦賞を受賞し、 私と妻も受賞パーティにお招きいただい

記事を読む

no image

山口晃「親鸞」書籍化を熱望!

『ヘンな日本美術史』(祥伝社)を読んで以来、山口晃に嵌ってしまったとブログやツイッターに書いたと

記事を読む

no image

幸いにも大事には至らず

四倉の状態だが、怪我はしたけど大丈夫で、本人が自ら電話で 「早く現場に戻りたい」と言っていたそうだ。

記事を読む

no image

「占い」と「UFO」収録

雪の東京へ出て大阪のスタジオ収録へ。 箱根を越えたら雪などまったく降ってないのでちょっと驚く。 今回

記事を読む

no image

たぶん、みんなイライラしている

1月2日、八王子の実家に行くため京王線に乗っていた。 車内は高尾山や高幡不動へ行く初詣の客で混雑して

記事を読む

no image

コンゴ・ジャーニー

友人の訃報があっても、日常は容赦なく動いている。       ☆       ☆       ☆

記事を読む

no image

天国再訪

東京はたいへん暑いそうだが、チェンマイは依然として涼しい。 ふと、思い立ち、6,7年ぶりにチ

記事を読む

no image

モノカキ=ハジカキ

  先日、読者の方からメールで『辺境の旅はゾウにかぎる』の誤りを指摘された。 船戸与一『金門島流離譚

記事を読む

Comment

  1. UEHARA より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727)
    そうです。タカヒデファンは、カバーデザイン関係無いです。
    でも、発売日最終決定しましたら通知願います。
    本屋でカバーデザインを見て、コレは別の高野秀行さんだなー。
    っと思って購入しないファンがいては困ると思います。
    (以前、本屋の予約センターで別の高野さん本を間違って買ってしまいました。でも、将棋好きの友人にあげたら、大変喜ばれました。)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年10月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑