*

ポップ&メジャー

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

イランに行っている最中、
4月8日発売予定の『メモリークエスト』(幻冬舎)のカバーデザインが
出来上がった。
メールで送られてきた画像を見て、思わずのけぞった。
ピンクとオレンジを基調とする、派手派手しいデザインで
とても私の本とは思えない。
私は正直者として知られているので、「これは全然好みじゃない」と言ったところ、
「今回はポップ&メジャーにした。今までとはちがう読者にもアピールする」と
強い言葉で説得された。
ポップ&メジャー?
さすが幻冬舎、言うことがさっぱりわからない。
わからないが面白いのでOKすることにした。
というわけで、前からの高野本読者の方には違和感がすごいと思うが、
そういう方々は表紙がどうであろうと読んでくれるはず(!)と考えることとしたい。
それにしても、「ポップでメジャーな辺境作家」とは、ますますキワモノ度が高まっていくだけのような気がするんだけど、気のせいだろうか…。

関連記事

no image

仏教の週末

以前、『トルコのもう一つの顔』(中公新書)とその著者である言語学者の小島剛一氏を紹介し、 たしか「

記事を読む

no image

ある天才編集者の死

集英社文庫で私の担当を長らく務めていた堀内倫子さんが急に亡くなられた。 茫然自失である。 堀内さんは

記事を読む

no image

ワット・パクナム

成田にあるワット・パクナム別院に行く。 日本にたった一つあるタイ人のお寺だ。 ここでウチザワさんが「

記事を読む

no image

ソマリランドで今、話題になってること

今、やっと日本でもソマリアの飢饉がニュースになってきたようだ。 では、こっちではどうかというと、ほ

記事を読む

no image

水泳大会&妻帰る

先週は虚ろな日々を過ごしていたが、 日曜日は前々から予定されていた巣鴨での水泳大会。 リレーのメンバ

記事を読む

no image

書店員の書いたプロレス&格闘技ミステリに感涙

大阪の書店でトークイベントを行ったとき、すごく変わった人に出会った。 書店員なのだが作家でもあ

記事を読む

no image

不安と緊張を和らげるのは笑い

スーダン人のアブディンから電話がかかってきた。 地震直後の電話では「いやあ、俺が日本に帰ってすぐだか

記事を読む

no image

いよいよ『困ってるひと』

私がプロデュースする第1弾、大野更紗『困ってるひと(ポプラ社)の見本ができた。 カバーイラストはウェ

記事を読む

no image

クリント・イーストウッドとモン族

一年ぶりにTSUTAYAでDVDを借りて、観た。 ウチザワ副部長がかつてブログで絶賛していたクリン

記事を読む

no image

なぜか今、コソボ

突然だが、明日から約2週間、旧ユーゴスラビアのコソボに行くことになった。 といってもコソボだけ

記事を読む

Comment

  1. UEHARA より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727)
    そうです。タカヒデファンは、カバーデザイン関係無いです。
    でも、発売日最終決定しましたら通知願います。
    本屋でカバーデザインを見て、コレは別の高野秀行さんだなー。
    っと思って購入しないファンがいては困ると思います。
    (以前、本屋の予約センターで別の高野さん本を間違って買ってしまいました。でも、将棋好きの友人にあげたら、大変喜ばれました。)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑