*

復活、いきなりアクティブ

公開日: : 最終更新日:2012/05/25 つれづれ日記

 久しぶりに熱でくたばってしまった。
 熱が出ても食欲がある場合は、そのままだましだまし働いてやりすごす。
 汗をかき、睡眠をたっぷりとったこともあり、翌日にはほぼ熱もひき、体が多少だるいくらいに落ち着いた。
 土曜日は久しぶりに家の雑用をこなす。
 といっても、最近は寝るために家へ帰っているような具合で、汚す人(嫁)は出産準備で実家に帰っているから、掃除は大したことがない。洗濯物とその他をやっつけると、昼過ぎにはすることがなくなった。ゴロゴロしながらWOWOWで映画を3本ほど見ていたら、あっという間に夜がくる。大抵は面白かったが、『ミナミの帝王』だけは30秒も我慢できなかった(汗)。
 翌朝、カラッとした青空に気づいて目が覚める。ここのところはっきりしない天気が続いていたから気分も明るくなる。ゴミの片づけと、庭の草むしりを終え、風呂で汗を流しているうちにとうとう思いついてしまった。
 「山に登ろう」
 バスタオルで体を拭きながら思いついたのが11時。
 身支度を調え、12時過ぎには「高尾山口駅」にいた。

 高尾山は東京の西部に位置する標高599mの山で、最近はあのミシュランガイドに“三つ星の観光地”として紹介されたことから、自然に親しむ人々に加え、外国人の観光客も多い。もともとは他の山と同じく、修験道の修行地であり、山中には薬王院というお寺や、滝や祠などの行場が点在している。リフトやケーブルカーを使えば、半分くらいはショートカットできる。

 高尾山へは、その昔「高尾山のビアガーデンに行こう!」という仲間内の納涼企画で訪れて(飲みに来て?)以来である。もちろんその時は、ケーブルカーを使い、山頂までは行っていない。
 今回初めて気がついたが、山頂へ至る登山道は、薬王院へ至る参拝道の1号路から6号路、高尾山の南側の尾根筋を歩く稲荷山ルートまで、たくさんの選択肢がある。
 駅前の地図を一見し、山頂までの距離や、道中の史跡等の兼ね合いから6号路を選び、ケーブルカー駅の左側を抜けて登山道に向かった。
 5月の北海道や、人のいない地元の南アルプスを歩いている感覚とは全然違う。
 山なのに、人で溢れている。
 登りも下りも常に視界に人がいる。
 その中に、厳かな行場が点在している。
 足を止め神妙に祈っている人もいれば、そもそも存在に気づかず通り過ぎる人もいて、まるで商店街にあるお地蔵さんや祠なんかと似ている。人がたくさんいるので、かえって場違いな感じすらするけれど、「ここに誰もいなかったら」と思うと、確かに心細くなるくらいうっそうとした森が続いていた。
 歩き始めて30分。
 稲荷山コースとの分岐点からちょっとした沢に入る。
 5分ほどで登り切り、しばらくいくと、木の階段があった。
 これがきつかった。
 多分、全体を通してここが一番の難所かも知れない。
 とても写真をとる余裕はなく、一気に登る。
 山頂付近になると、登山道がケーブルカーからの人々と合流する。ハーハーゼーゼーの登山色が薄れ、ベビーカーの親子やサンダルのカップルとが混在し、にわかに観光地ムードアップ。
 歩き始めて1時間で山頂に到着した。広場にポツンと頂上であることを示す方位指示盤付の石柱が立っているけれど、あまり気に留める人もいなくて気の毒だった。
 山頂でビールを一本飲んで1号路を下山。
 今年の夏は山登りだ…と、あれこれ妄想しながら帰路についた。

道中で咲いていた花。名前はわかりません…。

PR

関連記事

no image

ジェネラリストのスペシャリスト

昨日、あまりの自分の無節操ぶりを嘆き節で綴ったところ、思わぬ所から助け船ならぬフォローメールが届きま

記事を読む

no image

Wataru Kobayashi Profile English ver.

 高校の同級生で、今、シカゴで映画監督をしている梶野純子さんの協力により、私のつたない英語バージョン

記事を読む

no image

手帳はデジタル?それともアナログ?

 一昔前なら、首標のタイトルは  「手帳はシステム手帳?それとも綴じ手帳?」  といったところだと思

記事を読む

no image

歩かなかった5月

 結局GWを全て事務所で過ごしてしまった・・・。  2日だけは昼間抜け出してヨットに乗ることができた

記事を読む

編集者から見たプロフェッショナル(1)フォトグラファー〜瞬間を切るとる魔術師たち〜

編集の仕事は、本や雑誌ごとに複数の人とチームを組み、最終的にひとつのものを作り上げます。 制作

記事を読む

no image

やれることを愚直にやる。そしてチャンスは逃さない

 最近、平日に酒を飲まなくなった。  いや、正確には家で飲まなくなった。  去年まで「年間の休肝日が

記事を読む

no image

第2回専大三曲祭り終了

 土曜日に演奏会があった。  「専大三曲祭り」というふざけたタイトルだが、中身は一応ちゃんとしたOB

記事を読む

no image

おそるべし、驚愕の盲人サッカー

 土曜日、アブディンと高野さんのタンデムと併走して八王子まで自転車で行ってきた。    八王子にある

記事を読む

no image

出版ラッシュ

3月になり、知人の作家2人が立て続けに新刊を発売しました。 2人はお互い良き友であり、良き飲み相手(

記事を読む

創業丸9年を迎えました

2004年の今日、10月29日、会社を設立しました。 創業当日は、江古田のBUDDYで

記事を読む

PR

Comment

  1. めぐみ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_3; ja-jp) AppleWebKit/525.18 (KHTML, like Gecko) Version/3.1.1 Safari/525.20
    久しぶりです。
    私も山に登りたい気持ちはあるんですけど、
    なんか、こう、腰が重くて…笑

  2. Yoshi より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X; ja-JP-mac; rv:1.8.1.14) Gecko/20080404 Firefox/2.0.0.14
    いっちょ、この夏は登山してみますか!
    っても、いきなり本格的登山はとーぜん無理なので、くだんの高尾山あたりから初めてぼちぼちと。
    小学校の修学旅行で高千穂峰に登って以来、ほとんど経験がありませんので、ご指導のほどよろしくお願いいたしまする。

  3. D より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    え!?奥様まだご出産準備なんですか?早とちりで済みません。クロ・デューサーでしたよ、誤情報下さったのは。でもま、いいですよね。時間の問題ですもんね。パパと呼ばれる日まで。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PR

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイト、大盛況でした。

 久しぶりのイベント復帰、どんなことになるだろう……と思いつつ、フタ

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイトをプロデュースします。

 あっという間に2019年が過ぎ去り、2020年入り。 明けましてお

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

→もっと見る

  • 2022年1月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑