*

文体について考える〜あなたは「ですます調」「だである調」どちらが書きやすいですか?〜

今日はブログの文体について少し考えてみます。

文体とは、文章のスタイルのことです。書き手によっていろんな文体があるのですが、ここではもっと大雑把に、文末の締めくくり方という意味で書き進めたいと思います。

通常、文章の終わり方には「です」や「ます」で締めるものと、「だ」や「である」で終わるものとがあり、前者を「ですます調」、後者を「だである調」といってそれぞれ区別します。

一般的に「ですます調」は文章が柔らかく、読む人に丁寧な印象を与え、「だである調」は言い切ることで、感情がよりストレートに伝わりやすいという効果があります。

同じ文章の中でこれらが混在することは通常だとタブーですので、校正などでは「文体ソロエル」という赤字が入りますが、カッコ書きでセリフを入れたり、写真のキャプションなどで使う場合はOKでしょう。

2006年にこのブログを始めた時は、「AISA(アイザ)はどんな会社なのかブログで紹介する」というテーマでスタートしたため、丁寧なほうがいいだろうと「ですます調」で書き始めました。

ですが、ひょんなことから、ミャンマーのチン州にあるヴィクトリア山(3050m)に登ることになってしまい(しかも雨季!)、その顛末を書きつづるには「だである調」のほうが書きやすく、その後、ずっと「だである調」で通していました。

ミャンマー紀行〜チン州への道〜(1)

ミャンマーのチン州、ミンダの街で会った鼻笛を吹くおばあちゃん。 この状況を説明するのに「ですます調」は厳しいです

ミャンマーのチン州、ミンダの町で会った鼻笛を吹くおばあちゃん。
この状況を説明するのに「ですます調」は厳しいです

 

一度「だである調」で書いてみると、自分の考えや気持ちがストレートに表現でき、書きやすい!!

意見や体験をつづるノンフィクションの本は大抵「だである調」で書かれており、著者の細やかな心理描写をするには最適です。というか、それを「ですます調」でつづろうとすると、相当高度と言いましょうか、“飛車格落ちの将棋”、“ジョーカーと2のない大富豪”、“ホームボタンの使えないiPhone”くらいにしんどいです。

しかも、「ですます調」は、感情的にどこかひいているようなニュアンスもあるので、当たり障りのないいことを書いていると「いい子ちゃん」に思えたり、「上から目線な物言い」に感じられたりしがちです。

行間から漂う書き手の思考や立ち位置が、「です」「ます」という丁寧なことばのベールに覆われることで、読み取りづらくなるのかもしれません。

それでも、再び「ですます調」に戻したのは、やはり当初のとおり、会社の紹介を丁寧にしたほうがよいだろうということや、文章を扱う仕事をしているなら、どちらの文体であってもきちんと伝えられるべきだろうという点からでした。

 

ということで、あえてイバラの道を選んで進む当ブログ。

当面「ですます調」でおつきあいください。

PR

関連記事

no image

知っているようで、知らないことは多い

 Facebookで知り合ったテクニカルライター上田修子さんの共著「仕事を便利にする!クラウド活用T

記事を読む

no image

伊那北高校関東同窓会参加!

 土曜日、年に一回ひらかれる同窓会の総会があったので出席してきた。  高校の同窓会自体は長野の地元

記事を読む

流行る店と流行らない店を分ける、飲食店の意外な条件とは?

どういうわけか「立地はいいのに、どんなお店ができてもすぐに潰れてしまう」という場所があります。

記事を読む

no image

手帳はデジタル?それともアナログ?

 一昔前なら、首標のタイトルは  「手帳はシステム手帳?それとも綴じ手帳?」  といったところだと思

記事を読む

no image

またいたよ、TOEIC900点台な人

 ステンレス・ジュエリーの会社を立ち上げた知人T氏にSkypeで連絡をとったつもりが、なぜか3者チャ

記事を読む

祝!苦節うん十年、ついに高野さんが講談社ノンフィクション賞を受賞!!

内容も厚さもすごい、高野秀行『謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリ

記事を読む

創業丸9年を迎えました

2004年の今日、10月29日、会社を設立しました。 創業当日は、江古田のBUDDYで

記事を読む

no image

つい、作ってしまった〜イチゴのショートケーキ

 先日、ツイッターで紹介した 「@nifty:デイリーポータルZ:プロに教わる超美味しい家ケーキのコ

記事を読む

膨大な情報のさばき方と、都会での生活は似ている? 「スマホ難民」から脱出するためのシンプルな考え方。

高校の同級生とFacebook上でやりとりをしていて「あっ!」と思ったことがあったので、忘備録代わり

記事を読む

no image

本が本を呼ぶ

 『「本の雑誌」炎の営業日誌』(杉江由次著・無明舎出版)を読む。 作家椎名誠が社長を務める本の雑誌

記事を読む

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PR

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイト、大盛況でした。

 久しぶりのイベント復帰、どんなことになるだろう……と思いつつ、フタ

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイトをプロデュースします。

 あっという間に2019年が過ぎ去り、2020年入り。 明けましてお

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

→もっと見る

  • 2024年5月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑