*

手帳はデジタル?それともアナログ?

公開日: : 最終更新日:2012/05/25 つれづれ日記

 一昔前なら、首標のタイトルは
 「手帳はシステム手帳?それとも綴じ手帳?」
 といったところだと思うが、ここ数年、特にiPhone以降の爆発的なスマートフォン普及によって、手帳をデジタルツールに置きかえる人が増えている。また、ガラケー(スマートフォン以外の普通のケータイ)にも、スケジュール帳はついており、アラーム機能やメールとの組み合わせで日常生活を送っている知人のライターさんもいたりする。
 私自身はといえば、iPhoneを使ってはいるものの、アナログの綴じ手帳も併用しているのが実状。
 しかし、頑なにアナログに固執しているわけでもなく、かつては情報の完全デジタル化を目指し、アナログ手帳を手放したこともある。1996年ごろのことだ。
 その頃はまだスマートフォンという名称も端末もなく、やっとケータイ電話でメールのやりとりができるようになったぐらいだった。その時私が手にしたのは、Palm(パーム)という情報端末。文字どおり、Palm(手のひら)にすっぽりと収まり、スケジュールやTo Do機能、住所録、メモ、ゲームなど、今のスマートフォンが持つ特徴を一とおり網羅していた。ただしケータイ電話ではなかったので、インターネットやメールをするには、別途通信カードをさしたり、ケータイとモデム接続をする必要があったが、やろうと思えば、外出中、これ1つでパソコンの代わりを務められなくもない、そんなツールだった。
 情報端末はそれまでも多くのメーカーから発売され、日々進化を遂げてはいたが、このPalmの優れていた点は、パソコン(母艦)との同期にあったといってもいい。
 今やiPhoneやandroid端末では当たり前となっている同期機能は、スケジュールをはじめとした端末のデータと、パソコン本体のデータを常に共通のものに合わせることである。Palmでは、端末を子機、パソコンを母艦に見立て情報のやりとりをする。パソコンのスケジュールソフトに予定を書き込んだり、外出中にPalm側でスケジュールやメモをとったものを、同期することで両方に同じデータが反映されるのだ。
 特に込み入ったメモや、連続したスケジュールなど、パソコン上で作業をした方が早い項目など、同期することで、すばやくPalmに転送されるのは感動すら覚えた。
 Palm歴はその後5年近くに及んだが、次第に問題も出てきた。
 これは、デジタル端末の問題というよりも、ひとえに自分の使い方とのズレから来ているといっていいかもしれないのだが。
 1つは視認性の問題。
 デジタル端末の長所はなんといっても検索機能だが、キーワードなどを入力してお目当ての情報にたどり着く以外には、ディスプレイを目で見て確認することになる。特に、1か月〜半年ほどの長いスパンで動くプロジェクトのスケジュール管理などは、全体を把握しながら日々チェックをしていきたい所なのだが、Palmの月間スケジュールでは、予定の入っているところに■のマークが着いているだけで、そこをタップしないと詳細が分からない。もちろん、パソコン上のソフトであれば、大きな画面に内容も表示されるのだが、Palmを使うのは主に外出中なので、ざっくり見れないのがストレスになっていった。
 アナログの手帳でいう、パラパラとめくる感覚が、そのころのPalmにはなかったのである。
 ちなみに、今のiPhoneは、その辺りのGUI(グラフィカルインターフェース)がすこぶる改善されている。
 2つ目は書き込む自由度の問題。
 パソコン上での書き込みはキーボードなので、ほぼストレスなくすばやく入力ができるものの、Palmはスタイラスという専用のペンを使い、グラフィティと呼ばれる独特のローマ字一筆書きによって文字を入力していく。英語であれば比較的手早く書き込めるが、日本語の場合、手書きでローマ字入力をしていることになり、変換の手間などを含めると、サクサク入力…というには、あまりにも自分の場合はハードルが高かった。
 打ち合わせの現場などで、ささっと書き込みたくても、スピードが着いていかず、とりあえずその場のメモ帳に書き殴ったものを、後で転記し忘れるという、手帳ではあり得ないようなポカもやったことがある(笑)。
 また、手書きの手帳であれば、その日の欄に書き殴っておけば、目に止まるが、本来ToDoとしての要素をPalmのスケジュール欄に入力してしまうと、そのまま放置されてしまうという危険性もあった。
 それでも、編集部で楽譜とにらめっこをして本を作っているうちは、スケジュールの調整などある程度決まっていたので、あまりトラブルになることも少なかった。
 しかし、2004年に独立してからは、小所帯ゆえに得意先や扱う業務も多岐に渡り、スケジュールやTo Doリストの把握、更新が機動力と直結するようになってきたため、当時「手帳術」的な本がややブームになっていたこともあって、それを参考に方針を転換。
 スケジュールとTo Doをアナログ手帳にゆずることで、今現在に至っている。

参考記事:「デジタル手帳とアナログ手帳は両方使う」人が多い?——300万人編集会議の議論より(Nikkei BP net)

PR

関連記事

no image

北海道を歩く

明日から6日まで、北海道を歩いて旅してきます。 ニセコ〜岩見沢、およそ180キロの行程。 親父の一声

記事を読む

no image

「息子帰る」

 月曜日、8月12日に生まれた息子、航が我が家に帰ってきた。  嫁さんにいたっては、3月の末に帰省し

記事を読む

no image

空気?よむ必要なしの神々続出〜「口語訳 古事記」

 打ち合わせの後、ふと時間が空いたので丸善&ジュンク堂に入る。  本当は時間調整のつもりで入っただけ

記事を読む

no image

亡き友へ「復活」の響き

   演奏会から数日後、実家から新聞の切り抜きが送られてきた。  長野県の地方紙、伊那毎日新聞に「復

記事を読む

no image

300文字で電書デビューする方法〜要体力、カメラ・筆力少々〜

iPadやKindleの普及で、身の回りにも電子書籍、いわゆる電書が少しずつ浸透してきました。Ama

記事を読む

no image

またハマった…。韓国大河ドラマ

 昨年末、突如盛り上がり、にわかに消えた「チャングム」マイブーム。  数か月の小康状態を経て、再び韓

記事を読む

流行る店と流行らない店を分ける、飲食店の意外な条件とは?

どういうわけか「立地はいいのに、どんなお店ができてもすぐに潰れてしまう」という場所があります。

記事を読む

no image

本厚木の湯麺

今日は打ち合わせのため、本厚木にあるクライアントをたずねました。 ひょんなことから、弊社のデザイン

記事を読む

デジタル化で起こる「紙の本」の行方。東京国際ブックフェアの基調講演を聴いて、電子書籍について思うこと。

一年も半年が経ち、7月上旬の恒例イベント、東京国際ブックフェアの季節がやってきました。 今年の

記事を読む

no image

「編集」とは、実のところ何をしているのか(2)〜1枚の写真の裏側には膨大なボツの山がある〜

編集の業務の中で、ふだんの生活に役立ちそうなことを書いてみたいと思います。 前編「編集」とは、

記事を読む

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PR

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと②アイコンが表示されない!

会社のホームページのリニューアルで、Wordpressの「Perth」

ダッシュボードに「Service」の文字が! その他、Perthのセットアップに必要な、ProjectやEmployeesなども表示された。
WordPressのテーマ「Perth」のセットアップで困ったこと①「サービスを入力してください」ってどこによ!

ここ数年の懸案事項だった会社のホームページを、ついに先日リニューアルし

→もっと見る

  • 2019年6月
    « 12月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑