*

話の長い人は「10文字以内で述べよ」のルールを使ってみる

純米吟醸酒もいいけど、燗で飲む美味しさは普通酒にはかなわないと思う。蔵の宿泊所で寝泊まりしたとき、杜氏さんたちは、これをやかんに入れて直接燗をして湯飲み茶碗で飲んでいた。

「10文字以内で述べよ」

これは、日本盛で営業マンをしていた頃、親しくしていただいたアサヒビールの方が常々言っていた言葉です。

私が担当していた酒販卸に常務として出向してきた彼は、業績の改善と、社員の意識改革に力を入れていました。

早稲田卒らしいバンカラさと、実直な富山県人の気質で社内を掌握すると、会社の雰囲気は、私のような得意先の平サラリーマンから見ても分かるくらいに一変しました。

「10文字以内で述べよ」という言葉は、社員だけでなく、私たち得意先、さらには、アサヒビールの担当者にも分け隔てなく放たれていました。

相手に何かを伝える時は、物事の本質や要点をハッキリさせること。それは時間を割いてくれた相手のためでもあるし、何より、目的意識が明確になることで最終的に自分に返ってくるというのが彼の真意だったと思います。

さて、そうはいうものの、いざ商談に臨んでみても、商品の理解や、キャンペーン内容、数字達成によるインセンティブなど、アタマの中がカオスな状態ではとても10文字で説明できるはずがありません。

言葉が増え、話の終わりが遠そうだとみるやいなや

「小林、お前の話は長い」

「ここへ着く前に、少しはものを考えてから来い」

と言われ、そして決めゼリフが飛ぶわけです。

 

現実に10文字で伝えようとしたら

「サカリを売って欲しい」

くらいしか言えません(笑)。
(大阪の酒販業界では、日本盛は“サカリさん”と呼ばれていました)

これじゃあんまりなので、なぜ売って欲しいのか説明するわけですが、それこそがまさにポイントで、先に結論をいい、次にその理由と事実を述べ、最後に自分の意見を添える・・・あれ、これってプレゼンテーションの流れそのものですよね。

伝える側には、商品の前提条件や知識に加え、社内や社外の評価、長所や短所、競合他社の情報、さらには自分の意見など、いろんなデータがそろっています。

それを相手に伝えるには、自分が情報を仕入れた順番や経緯のまま述べていたら、時間がいくらあっても足りません。

10文字で……という言葉は、まず先に結論を言えと置きかえてもよいでしょう。

しかしながら、現実は厳しいものでして、いまだに彼にお会いしても、なかなか10文字で要点が伝えられず、件の言葉をくらっております。

 

【まとめ】

「10文字以内で述べよ」の神髄

1)アタマの中の情報を分別する(結論、理由、事実、意見)

2)結論→理由→事実→意見 の順に伝える

PR

関連記事

デジタル化で起こる「紙の本」の行方。東京国際ブックフェアの基調講演を聴いて、電子書籍について思うこと。

一年も半年が経ち、7月上旬の恒例イベント、東京国際ブックフェアの季節がやってきました。 今年の

記事を読む

no image

POCOYO(ぽこよ)イギリス発の大注目キャラ

以前書いたように我が家は民放が映りません。 (4/25「民放砂漠」参照) それでいつものようにチャン

記事を読む

no image

同期1人は卒業?関東伊那北高校同窓会

 先週末、市ヶ谷のアルカディアで、母校である伊那北高校の関東同窓会総会があった。    数年前に画集

記事を読む

no image

なぜ人はビールを飲むのか?

 いいメールが届いた。  シャレではない。  私の尊敬する先輩からだった。  生き方、あくなき好奇心

記事を読む

楽譜が1つも出てこない!カラオケ上達本を編集してみた

5月から取りかかっていた本が、昨日発売になりました。 [/caption] 「NHK趣味

記事を読む

やっときた“Amazon Echo” 到着から開封、設置まで。アカウント統合した人は要注意。

遅ればせながら、AmazonのEcho(エコー)が来たので、その様子を備忘録として。 最後の最

記事を読む

no image

「すごい人たち」に共通すること

先日、丸1日かけて聞き取り取材をしていて、相手からポロっと出てきた言葉が頭の中でグルグルとリフレイン

記事を読む

実際に起業した自分が振り返る「独立する前に会社勤めを経験しておくといいよという5つの理由」

私が有限会社AISA(アイザと読みます)を起業したのは、2004年10月のことでした。 当時は

記事を読む

no image

海無し信州人3人でヨット

 7月にケータイをドボンしたのに、また懲りずに海に来てしまった。  夏休みも終わり、先月までそこら

記事を読む

「エクセル4難民」がたどり着いた、2017年のバーチカル手帳はこれだ!

毎年この時期になると、書店や文房具店の手帳売り場は、来年の手帳を求める人でにぎやかです。 定番

記事を読む

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PR

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイト、大盛況でした。

 久しぶりのイベント復帰、どんなことになるだろう……と思いつつ、フタ

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイトをプロデュースします。

 あっという間に2019年が過ぎ去り、2020年入り。 明けましてお

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

→もっと見る

  • 2024年7月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑