*

大正生まれは名字より屋号

公開日: : 最終更新日:2012/05/25 つれづれ日記

 ちょっとした集まりがあって、拝島のそば屋「あずま家」で飲む。
 私は重度のそばアレルギーなのだが、何しろ話のテーマがこのそば屋なので、ここに集まらざるを得ない。
 集まったメンバーは4人。
 常連のKさん(60代)と、はるばる田端から来たHさん(50代)、そして私(30代)3人は同じ伊那北高校卒、もうひとりはKさんの奥様だ。
 私とHさんには、高校以外にもう1つ共通点があり、それが今回の宴席のきっかけでもあった。
 それは、そば屋の看板ばあさんが、我々2人と同じ、箕輪町木下出身だったのである。
 常連のKさんは、この店を訪れるうちに、ばあさんが長野県の箕輪町出身で、しかも自分の母親と小学校の同級生だったことを知る。
 縁は異な物、たまたま高校の関東同窓会の役員会でKさんとHさんが話していたところ、Hさんの父親も同小学校卒、それも、ばあさんとKさんの母親と同級生だったというではないか。
 Kさんの母親と、Hさんの父親はどちらも「泉(いずみ)」という名前だったため、
「先生が“いずみ”というと、必ず男女2人の声がした」という逸話をどちらも聞かされて育ったという。
 さて、私の場合、じいさんは聖職の碑の生き残りなので、明治生まれ。すでに鬼籍に入ったその長女も昭和生まれであり、大正14年生まれのばあさんとは親族に同世代がいない。
 しかし、私の本家がキモだった。
 私の本家、小林家は、今は旧道となっている国道153号線に面し、車のディーラーを営んでいる。
 屋号を信濃屋(しなのや)といい、かなり昔から今の場所に居を構えていた。
 父が話す仏壇や位牌の話から計算しても、200年以上はたどれそうである。墓地が、菩提寺である嶺頭院(れいとういん)の本堂の真裏にあることを考えても、お寺の創建初期から関わっていそうな歴史がある。
 さて、その信濃屋。
 車の販売を手がける前は、オートバイ、その前は、自転車屋として、営業をしていた。
 じいさんの残した写真の中に、店の前に最新の自転車を並べ、番頭さんや丁稚奉公の使用人さんたちと並んで写っているものがあり、「写真で見る上伊那の歴史」とかいう本にも載っている。
 当時は、正月になると隣町の松島から芸者さんを呼んで、3階の大座敷で出入りの業者さんと盛大な新年会を開いていたそうである。
 そんな羽振りのよかった信濃屋時代を、そば屋のばあさんは知っていた。
 聞けば、ばあさんの実家は、信濃屋から直線距離で200メートルたらず。
 円月洋品店という洋服屋さんをひらいていたそうである。
 ただ、戦況が悪化してきた昭和18(1943)年、ばあさん19歳の時、一家で東京へと移住し、以後、長野は同級会や旅行で訪れる彼の地となった。
 しかしながら、70年近く前の話だというのに、おばあさんの記憶はまるで昨日のことを話しているかのようだ。
 「“信濃屋”の横には、“星一”があって、その横が“かわちや”、そのとなりに“ひしや”っていう駄菓子屋さんがあってね、その横に“きらく亭”っていう飲み屋さんがあったのよ」
 次から次へと屋号がぽんぽんぽんぽん飛び出てくる。
 正月に帰省した際コピーしてきた住宅地図と、木下の街並みを写した写真をiPadで見せると、ばあさんは次々出てくる写真に、当時の記憶と思い出を交えながら懐かしそうに話してくれた。
 「やー、こんなところで信濃屋さんの孫息子に会えるとは!!!わたしゃ、ほんとにびっくりしたよ」
 ほんとは出来損ないの孫息子なので、じいさんその他、先祖の皆さんに申し訳なさ100%全開だ。
 「信濃屋っていえば、ほんとお大尽でね、でも、自転車は高かった。当時15円もしたんだに」
 ばあちゃん、ごめんよ。
 先祖も言ってたと思うけど、お礼をいうよ。
 自転車買ってくれてありがとう。 
 しかし、さんざん盛り上がったあと、ばあさんはひと言こういった。。。
「ところで名字はなんていうんだい?」

PR

関連記事

no image

本とテレビ

 昨日は、趣味悠々「石川鷹彦のもう一度はじめよう!フォークギター再入門」の第2回目放送日。  裏番組

記事を読む

no image

自転車旅、本になりました。

と言っても、自分が書いたわけではない。  昨年の1〜2月、辺境作家の高野さんが訳あって自転車で東京〜

記事を読む

no image

出版ラッシュ

3月になり、知人の作家2人が立て続けに新刊を発売しました。 2人はお互い良き友であり、良き飲み相手(

記事を読む

no image

空気?よむ必要なしの神々続出〜「口語訳 古事記」

 打ち合わせの後、ふと時間が空いたので丸善&ジュンク堂に入る。  本当は時間調整のつもりで入っただけ

記事を読む

no image

亡き友へ「復活」の響き

   演奏会から数日後、実家から新聞の切り抜きが送られてきた。  長野県の地方紙、伊那毎日新聞に「復

記事を読む

自分は今、人生の折り返し地点にいるのかもしれない。

今年に入って、お世話になった人が次々鬼籍へと入られていく。いずれも、子どもの頃から、または、大学時

記事を読む

no image

民放砂漠

我が家(三鷹市大沢)のテレビは民放が映りません。いや、正確に言うと、どのチャンネルにもまんべんなく「

記事を読む

Googleにみる、結局会社の問題って「コミュニケーション」なんだな…という話。

今日のGunosy(グノシー)の中に、とても興味深い記事がありました。 ※ Gunosyは、Twi

記事を読む

文体について考える〜あなたは「ですます調」「だである調」どちらが書きやすいですか?〜

今日はブログの文体について少し考えてみます。 文体とは、文章のスタイルのことです。書き手によってい

記事を読む

no image

時差ボケというより、ボケ老人?

 火曜日の早朝、成田着。  気温5度。  温度差25度の洗礼をもろに浴びた。。。  マレーシアでは日

記事を読む

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PR

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイト、大盛況でした。

 久しぶりのイベント復帰、どんなことになるだろう……と思いつつ、フタ

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイトをプロデュースします。

 あっという間に2019年が過ぎ去り、2020年入り。 明けましてお

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

→もっと見る

  • 2024年6月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑