*

さらば二日酔い!小学校の算数でわかる酔っぱらいの基礎知識

今回は、酒飲みが酒飲みのためにお贈りする役に立つような立たないようなネタです。

チャンポンすると二日酔いになりやすい・・・とよく言われますが、実際は味や飲み口が変わることで、同じものを飲むよりもつい飲み過ぎてしまうのが本当のところなんじゃないかと思っています。

じゃあ、いろんなお酒を飲んでも飲み過ぎないようにするには、どうしたらいいのか?

これは呑兵衛の永遠のテーマといいましょうか、そんなに簡単なことではないのですが、一応、タテマエとしましては次のような対策をたてることは可能です。

 

◎総アルコール量を自分の限度内におさめる

アルコールを分解する能力は個人差がありますが、人ごとに限界値はあります。

コップ1杯のビールで頭が痛くなってしまう人もあれば、2升飲んでも平気という人もいます。

ということで、まずは自分の限界を知らねばなりません。

 

ある夏の暑い日、どこまで飲めるかなと思いたったことがありました。

家で缶ビールをプシュ!と空けて、ちびちび飲み始めたところ、15本目で力尽き、そのまま寝てしまって気がついたら夜でした。翌朝、多少顔が熱いくらいで、特に頭も痛くはありませんでした。

 

そういうわけで、私の二日酔いにならない限界値は、缶ビール14本くらいのようです。

さて、こっからが算数タイムです。

私の限界値、缶ビール(350ml)14本を総アルコールに換算すると、ビールはアルコール度数5%くらいなので・・・

350ml×14本×5%=245ml

純度100%のアルコールで245ml飲んだら私は終了です。。。

数字の上では、チャンポンしても、これを超えなければ二日酔いにならずにすむはず。ビールやワインなどのアルコールは「%」、日本酒や焼酎は「度」で表示されますが、どちらも同じ意味です。

通常だと、各ジャンルのアルコールはこんな感じ。

日本酒 14〜16度
紹興酒 14〜18度
ワイン 12〜14%
焼酎 20度〜25度
ウィスキー 40%

ただし、焼酎やウィスキーは水割りやお湯割り、サワー類、ハイボールなど、割ることでアルコール度数が下がるので、一応、美味しいと言われる比率で割った場合はこんな感じになります。

焼酎お湯割り/水割り 12度(20度の焼酎を6:4で割った場合)
サワー/酎ハイ類 5度

 

例えば、最初の1杯を生中1杯(500ml)として、そこから日本酒(15度)を5合飲んだ場合は・・・

(500ml×1×5%)+(180ml×5×15%)
25ml+135ml=160ml

まだ余裕があります(笑)。

生中のあと、ワイン(13%)のボトル(750ml)を2本あけると・・・

(500ml×1×5%)+(750ml×2×13%)
25ml+195ml=220ml

おっと、限界が近くなってきました(汗)

実はビールのジョッキにはこれだけ容量に幅があります。。。(計算むずかしくなるじゃないかw) 写真はDining Advances' Development Inc.さんの「居酒屋の都市伝説、中生ビールと小生ビールの量の比較、キリンのジョッキカタログ」からお借りしました。

実はビールのジョッキにはこれだけ容量に幅があります。。。(計算むずかしくなるじゃないかw)
写真はDining Advances’ Development Inc.さんの「居酒屋の都市伝説、中生ビールと小生ビールの量の比較、キリンのジョッキカタログ」からお借りしました。

このように、アルコール度数の低めなビールやサワー類よりも、日本酒や、焼酎やウイスキーなど、アルコール度数の高めのものを飲み始めると、あっという間に限度が近づいてきます。

ちなみに、私には「どんなアルコールでも同じピッチで飲んでしまう」という悪癖がありまして、日本盛時代は、冷酒であっという間にこの限界値を超えてしまい、帰りの電車で寝てしまうことが度々ありました。

ある時は、大阪駅から西宮で降りるはずが、目がさめると西明石、こりゃまずいと反対ホームの電車に乗って次に目がさめると京都・・・。
またある時は、南海本線で岸和田から難波に向かったはずなのに、折り返して再び岸和田へ向かっていたり・・・。

このような失敗から、あまり学ぶことなく現在に至っているわけですが、最近はこれでも限界値から逆算して、なんとか二日酔いから逃げております。

 

これを書き終わったら、こんなサイトを見つけました。

お酒と健康 飲酒の基礎知識(公益社団法人アルコール健康医学協会)

これをみると、摂取したアルコールが2割ほど消えてるんですが、どこへいったのでしょう。

まだ2割飲めるってことかな?

PR

関連記事

相手の返事をどれだけ待てますか?デジタル時代にぐんぐん短くなる“待てる時間”

相手の返事や反応、いわゆるレスポンスに対する待ち時間は、インターネットの普及によって劇的に短くなりま

記事を読む

デジタル化で起こる「紙の本」の行方。東京国際ブックフェアの基調講演を聴いて、電子書籍について思うこと。

一年も半年が経ち、7月上旬の恒例イベント、東京国際ブックフェアの季節がやってきました。 今年の

記事を読む

no image

話の長い人は「10文字以内で述べよ」のルールを使ってみる

[/caption] 「10文字以内で述べよ」 これは、日本盛で営業マンをしていた頃、親

記事を読む

no image

「すごい人たち」に共通すること

先日、丸1日かけて聞き取り取材をしていて、相手からポロっと出てきた言葉が頭の中でグルグルとリフレイン

記事を読む

no image

「編集」とは、実のところ何をしているのか(2)〜1枚の写真の裏側には膨大なボツの山がある〜

編集の業務の中で、ふだんの生活に役立ちそうなことを書いてみたいと思います。 前編「編集」とは、

記事を読む

モチベーションが高いと、多少不親切でも乗り越えていく〜今度の操作ガイドは腕時計です

身近な腕時計ひとつとっても、興味のない人(モチベーションのない人)にとっては、文字盤の意味や操作方

記事を読む

Googleにみる、結局会社の問題って「コミュニケーション」なんだな…という話。

今日のGunosy(グノシー)の中に、とても興味深い記事がありました。 ※ Gunosyは、Twi

記事を読む

no image

名物ブログのウラに編集の技あり!

新年度の初日、Facebookのウォールに飛び込んできた永江一石さんのリンクを一目見て、今期の日々の

記事を読む

膨大な情報のさばき方と、都会での生活は似ている? 「スマホ難民」から脱出するためのシンプルな考え方。

高校の同級生とFacebook上でやりとりをしていて「あっ!」と思ったことがあったので、忘備録代わり

記事を読む

伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしました。 独立後は、楽譜か

記事を読む

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PR

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイトをプロデュースします。

 あっという間に2019年が過ぎ去り、2020年入り。 明けましてお

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと②アイコンが表示されない!

会社のホームページのリニューアルで、Wordpressの「Perth」

→もっと見る

  • 2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑