*

まくらサイズです。

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


「在日ムスリムのメッカ」と一部で勝手に言われることもある群馬県・館林&伊勢崎の館林を初めて訪れた。
ムスリムがどうこう以前に、日本の地方旅はけっこう面白い。
この日もモスクに行く途中に、「サイ・ババ」というインド・レストランを発見。
東京ではありえないネーミングもさることながら、この強烈な宣伝に目が釘付けになる。
「まくらサイズ」って…。
今年初めにつぶれてしまったそうで、残念だ。
その後、館林にあるモスク2軒とイスラム雑貨屋を訪れ、パキスタン、ミャンマー、バングラデシュ、インド、スリランカなど、いろんな国出身のムスリムの人たちに話を聞く。
ちなみに、ミャンマーの人たちに「ミャンマーに行ったこと、ある?」と訊かれたので、
「中国国境からインド国境まで歩いて行ったことがある」とか「ワ州に半年住んでいたことがある」と答えたのだが、まったく相手にされなかった。
つまらないギャグだと思われたらしい。
半日過ごしただけで、ディープな在日ムスリム世界にどっぷり浸ってしまい、
充実した週末だった。
これについてはいずれ「移民の宴」(「おとなの週末」連載)で書く予定。

関連記事

no image

法隆寺の謎

武澤秀一『法隆寺の謎を解く』(ちくま新書)を読む。 インドの聖地を歩いて回った建築家が建築学と空間

記事を読む

no image

島国チャイニーズと沖縄系ブラジル人

読了してから時間が経ってしまったが、野村進『島国チャイニーズ』(講談社)は 万人にお勧めの良書であ

記事を読む

no image

人の旅がうらやましいときは

最近ここに書くのをすっかり忘れていたような気がするが、「メモリークエスト2」の方も少しずつ進めている

記事を読む

第3回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞しました

ほとんどの人は梅棹忠夫・山と探検文学賞なる賞を知らないと思う。 かくいう私も、角幡唯介『空白の五マ

記事を読む

no image

話題には気をつけたい

上智大学の講義8回目、ゲストは作家兼料理人の黒田信一氏。 「ラオスでカフェをやったら大変だった」とい

記事を読む

no image

友人がちゃんと難民になる

フランスへ逃れてから難民申請をしていたルワンダ人の友人から 「やっと正式な難民認定を受けた」という喜

記事を読む

no image

本当の日本の辺境紀行

 角田光代『八日目の蝉』(中公文庫)はひじょうに面白い小説だったが、正直言って不倫だとか愛人の子をさ

記事を読む

no image

一度は行って見たい国

渋谷のトルコ料理店で若いユニークな女性2名と飯を食った。 一人は昨年まで大学院でアフリカのエリトリア

記事を読む

no image

コーカンとワ

言い忘れていたが、今月29日に行われるウチザワさんの豚を食う「飼い喰い」イベント、 予約がもういっぱ

記事を読む

no image

新刊ラマダン

「在庫一掃読書では本は減らない」という指摘を友人から受けた。 なるほど、それもそうだのだけど、 新

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 大注目!? https://t.co/3rc16qzfah ReplyRetweetFavorite
    • 高野本史上最大の問題作。絶賛してくれる人もいれば、読み終えて森に投げ捨てたという人もいるウモッカ…。 https://t.co/YpM8HMfqGi ReplyRetweetFavorite
    • RT : 『本を売る技術』矢部潤子さんの文章が、朝日新聞「折々のことば」に‼︎ 「走っているからこそ考える、手や足を動かしているからこそ思い付くのかもしれない」 私もノートに書き写した言葉でした。 https://t.co/qdCJ4Lr7jy ReplyRetweetFavorite
    • 久しぶりに新宿の紀伊国屋書店に行ったら、ノンフィクションコーナーに内澤旬子さんの「着せる女」が大展開されていた。パネルにはデカデカと私のスーツ姿の写真が掲載されていて、大笑い。私の本では全然ないのだが。 ReplyRetweetFavorite
    • なんと、「飛んで埼玉」の中で「埼玉解放闘争」の都市伝説を流していたヤバイラジオ局FM NACK5から出演依頼が来た。早速闘争の同志として参加してほしいということか。私は東京都民だが出身は八王子で都会レベルはたしか「E」だしな。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日「翔んで埼玉」をずっと「飛んで埼玉」と書き間違えてツイートしていた。漢字が読めないと揶揄されている人がいるが、私も同類。 ReplyRetweetFavorite
    • この映画はコメディながらとても普遍性のあるテーマを扱っている。もし私が大学で民族問題を講義するときがあれば、まず「飛んで埼玉」を学生に見せたい。そうすれば、差別や偏見、反抗、弾圧、仲間割れ、利権、再蜂起などの展開がよくわかってもらえるはず。初回の授業は映画で終わってしまうが。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑