*

『困ってるひと』ついに発売

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


大野更紗『困ってるひと』(ポプラ社)がついに発売となった。
今アマゾンで見たら、180位である。
私の最高順位を軽く超えている。
紀伊國屋新宿本店の一階でも大展開していると聞いた。
売れるのはありがたいことだが、喜ぶのはまだ早い。
読者の「面白かった!」という声を聞けたら、それがいちばん嬉しい。
      ☆        ☆        ☆
7月3日(日)14:00から江戸川区立図書館にて講演会をやることになっていたのを思い出した。
なんと演題は「辺境の旅に学ぶ災害支援」
半月くらい前に決めた題だが、今にして思えば、少々頭がおかしい。
どういうつもりだったのだろうか。
詳しくはこちらを。

関連記事

雷王は誰だ!?

昔、コロンビア・アマゾンの町でばったり出会った鬼才ドラマー・のなか悟空さんが主催する D-1ド

記事を読む

ときに意味もなく文庫解説一覧

別に意味はないが、書いていた原稿が一段落したので、こんなものを作ってみた。 まず拙著の文庫解説

記事を読む

no image

韓流「三畳記」?!

1週間ほど、ロシアに行って来た。 帰りはちょうどエリツィンの葬儀とかち合ってしまい、空港とアエロフロ

記事を読む

no image

タイの懐メロを熱唱してしまう

こちらに来て初めて飲み会に行った。 「アジアの雑誌」編集長の夢野狂作夫妻、同誌で辺境レポー

記事を読む

no image

私の出演するラジオ・テレビ番組がなぜ面白くないのか

今年はテレビ2本、ラジオはけっこうな数に出演した。 毎月一回は何かに出ているだろう。 が、正直言って

記事を読む

no image

マイク・ノックがFMWを旗揚げ?!

お知らせが遅くなってしまったが、私の義兄マイク・ノックのニュー・アルバムがただいま日本でも発売され

記事を読む

no image

最近、高野秀行の本がつまらないと思われている方、私以外にいらっしゃいますか?

最近気づいたのだが、Yahoo知恵袋になんとこんな質問が寄せられていた。 「最近、高野秀行の本

記事を読む

no image

困ってる人

仕事場である「辺境ドトール」の店長となぜか横浜本牧に海釣りに行った。 というか店長に連れて行ってもら

記事を読む

no image

アブディン作家化大作戦

mixiのトークイベントの翌日、私もただ二日酔いでうなっていたわけでもなくて スーダンの魔術師(?)

記事を読む

no image

イタリア人曰く「日本人がアジア人だと思うとき」

大ヒットしている漫画『テルマエ・ロマエ』の作者であるヤマザキマリのエッセイ『望遠ニッポン見聞録』(

記事を読む

Comment

  1. タワー より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N03A(c100;TB;W24H16)
    困ってる人、面白かった!

  2. ふーじ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:2.0.1) Gecko/20100101 Firefox/4.0.1
    amazonの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」に高野さんの本が並んでますね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : いい本買った。世界各地から来ている難民の人たちが、日本で手に入る食材で作る料理の本。 https://t.co/tSZtHo5Yya ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【来店&オンライン】 『ある大学教員の日常と非日常』(晶文社) 『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)刊行記念 横道誠×高野秀行トークイベント 「迷宮めぐりの旅談義」 11/4(金)19:00 「混沌から明晰へ」と向かう作品世界… ReplyRetweetFavorite
    • 「連戦連敗の学習法」とは星の数ほどある語学習得法の中でも史上初にちがいない。 https://t.co/BJYpRz6oka ReplyRetweetFavorite
    • RT : 発売中の「女性セブン」に高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』についてのインタビューが掲載されています!取材、構成は佐久間文子さん。「びっくりするぐらい本格的な内容の本」としながら、高野さんの楽しい文体の理由も明かしてくださっています。 h… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 25以上の言語を学んだノンフィクション作家・高野秀行さんが明かす“連戦連敗”の学習法 https://t.co/odail34l2y 「ぼくは言語おたく、はやりの言葉で言うと『言語推し』ですね」 @… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『語学の天才まで1億光年』 スペイン語=カクカク「平安京言語」他方ポルトガル語は アマゾン冒険でローマ字読みで習ったポル語が全く聞き取れず、ネイティブに学ぶべきだったとしきりに後悔しつつ、両言語を縦横に語る至言の数々 ただスペ語にクレ… ReplyRetweetFavorite
    • 野谷文昭先生、おめでとうございます! この本は、実在した主人公がコンゴ→アマゾン(プトゥマヨ川流域)→独立運動と移行していくという点で、私の『語学の天才まで1億光年』と見事にシンクロしており、本当に驚かされました。 https://t.co/MhFDF26sS6 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年10月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑