*

サッカーの合間に

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


井田徹治『生物多様性とは何か』(岩波新書)を読む。
新聞記者だけあって、著者はかなりよく整理して書いてくれているが、
それでもまだすごくわかりづらい。
生物多様性の範囲があまりに広いからだろう。
このわかりづらさをわかりやすく整理したい!という強い欲求にかられる。
山田先輩とのサッカー合宿が続いているが、ときおりその合間に「環境」についても
意見を交わしている。
先輩はかつて国連から名指しで「手伝ってください」とご指名がかかるほどの環境活動家で
植林やアグロフォレストリーの専門家でもある。
先輩は環境NGO「ナイルの会」というのを立ち上げ、私が雑用全般をやっていた。
一緒に何度もナイル川諸国、とくにルワンダに行った。
先輩は今の地球温暖化対策はおかしいという。
「温暖化が指摘されて久しいけど、いっこうにペースは落ちていない。
確実に温暖化が進んでいる。
なのに、これ以上温暖化が進んだら大変だ、大変だというばかりで、『温暖化がさらに進んだらどうするか』という対策はさっぱりだ。
温かい気候に適した作物を選んで植えるとか、温暖化で被害を受ける人たちの生活を考えるとかもっとそっちのほうにカネと労力を使うべきじゃないのか」
言われてみれば、そうだ。
地震にしろ台風にしろ、どんな天変地異でも、「もし来たら…」の備えは必要だ。
だいたい、温暖化の原因も「二酸化炭素説が有力」なだけで、別の原因の可能性だって
なくはない。
ただ、一心不乱にCO2削減をしているだけでは、もし別の原因だった場合、完璧にアウトである。(CO2自体も減ってないけど)
先輩は言う。
「人類は自然界の一員なんやから、それに従うしかないときもあるやろ」
まあ、サッカーの合間にそんな話もしているわけである。

関連記事

no image

国籍はスットコランド

同志・宮田珠己の新刊『スットコランド日記』(本の雑誌)が届いた。 表紙写真は宮田さん本人が撮ったス

記事を読む

no image

鼠にも刺青を彫る?!――『バタス 刑務所の掟』

藤野眞功『バタス 刑務所の掟』(講談社)を今頃読んだ。2010年に出たとき、本屋で立ち読みしたが、な

記事を読む

no image

原稿と有酸素運動

 web本の雑誌で連載している宮田珠己「スットコランド日誌」http://www.webdokush

記事を読む

no image

名画と辺境

半分壊れたパソコンを辛抱して使っていたが、 この度やっと新しいものを買った。 今度は奮発してDVD

記事を読む

no image

驚愕必至!

「おとなの週末」5月号が発売された。 この雑誌は実に読み応えがあるのだが、私がいちばん気に入ってい

記事を読む

no image

八王子の人間だから

火曜日に集英社の会議室で角幡唯介と対談したが、 三日後の金曜日、まったく同じところで今度は中島京子

記事を読む

no image

バトルロイヤルに負ける

7月に紀伊国屋新宿本店で行われていた書店員オススメ本バトルロイヤルだが、 「ゴッドファーザー」の続編

記事を読む

no image

やっぱりミャンマーの辺境は怖い

先日、ヤンゴンで世話になった友人Kさんから こんなメールがさっき届いた。 「昨日、ヤンゴン・プタオ

記事を読む

no image

ロンドンのカート居酒屋と在仏ルワンダ難民のワイン

 十日くらい前からどうも胃腸の調子がよくなかったのだが、酒を飲むと不思議に治っていた。そのうち、朝や

記事を読む

no image

アブディン作家化大作戦

mixiのトークイベントの翌日、私もただ二日酔いでうなっていたわけでもなくて スーダンの魔術師(?)

記事を読む

Comment

  1. LP より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/533.4 (KHTML, like Gecko) Chrome/5.0.375.70 Safari/533.4
    既にご存知かもしれませんが、ビョルン・ロンボルグという経済学者が、「今の温暖化対策は費用対効果で全く合わない。」という主張をされてます。
    またその多額の費用を使えば、もっと実行可能な対策があると提言されてます。
    将来の温暖化が起こる事を受け入れて、何をすべきかを考えているという点で、山田先輩の意見に近いのではないでしょうか。
    地球と一緒に頭も冷やせ! 温暖化問題を問い直す [単行本]
    ビョルン・ロンボルグ (著), 山形 浩生 (翻訳)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑