*

高橋留美子に漫画化してもらいたい

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


相変わらず在日外国人取材の日が続いている。
忙しいのだが、移動や待ち時間も多いので、本は読める。
ブラックジャックの時代劇版と前に紹介した犬飼六岐『吉岡清三郎貸腕帳』の続編、『桜下の決闘』(講談社)を読んだ。
こっちもいい。
残虐にもかかわらず、ブラックジャックというよりは、むしろ高橋留美子の漫画に似た滑稽味が出てきている。
高橋留美子に漫画化してもらいたいなあ。
ミステリ風味もあるし、ピタッとはまるだろう。
そしてラストでは泣けるだろう。
☆         ☆         ☆
このブログを一体いつから始めたのか、それすら憶えていないのだが、
気づけば、トピックというか「過去ログ」というのだろうか、
それが1000件近くになっている。
一銭のたしにもならず、誰に頼まれたわけでもないのに、ずいぶん書いたもんだ。
(それどころか編集者に「そんなの書く暇があったら原稿を書きなさい」と言われたこともある)
日記代わりに書いていたということもある。
どこで何をしたかとか、こんなアイデアを考えていたのかなどが思い出せるし、
単なる読書記録としても貴重じゃないかと思うのだが、日記とちがって、いかんせん読み返すのがとても難しい。
現在からどんどんさかのぼらなければならないし、全貌がさっぱりつかめないからだ。
ブログを始めた数年前から今まで、時間順にバラバラと一気に読めたらいいのだが、
そういうふうに並べ替えることは不可能なんだろうか。
それからどこにどういうトピックがあるのか
目次のように一覧で見られないのか。
読者のためでなく、自分のために、このブログを編集し直して、
単行本にしたい。
あるいは最低でも時系列にプリントアウトしたい。
よい方法をご存じの方はお知らせ下さい。

関連記事

no image

謎の国際ボランティア特殊部隊@浦安

後輩Kとネパール人のクマルという国際統合失調症コンビを引き連れ、 浦安市の被災地へボランティアに行っ

記事を読む

no image

ほんとうに極限捜査

一週間くらい前、「あまりに重過ぎて飽きた」といった オレン・スタインハウアーの『極限捜査』(文春文

記事を読む

no image

ミャンマーがハリウッドになった!?

『ミャンマーの柳生一族』で、「ローマの休日」をパクッた武田鉄矢主演の映画「フォトグラファー・アンド・

記事を読む

no image

元気が出てしまう(?)自死の本

いわゆる「野暮用」ってやつで、仕事に専念しているわけでもないのにともかく忙しくて ブログを更新でき

記事を読む

no image

ブックストア談 浜松町店

 浜松町の貿易センタービル別館2Fに「ブックストア談 浜松町店」という書店がある。  ミャンマーから

記事を読む

no image

「世にも奇妙なマラソン大会」見本入手

本の雑誌社に行き、2月1日発売予定の新刊『世にも奇妙なマラソン大会』の先行予約サイン本のために、1

記事を読む

no image

啓文堂の罠

 京王線沿線に住んでいるため、同線沿いに展開している啓文堂に入る機会が多く、 同時に啓文堂各店(あ

記事を読む

no image

今度はジュンク堂新宿店で

丸善ラゾーナ川崎店で驚いていたら、 今度はジュンク堂新宿店で「高野秀行が偏愛する本たち」というフェ

記事を読む

no image

大感謝デー

金曜日は『謎の独立国家ソマリランド』大感謝デー。 まずは本の雑誌社の杉江さんと一緒に多磨霊園へ

記事を読む

no image

ダメ男子ロマン大作

「人のやらないことをする」がモットーの私は、 これまで盆と正月とGWだけはせっせと働き、 そのほか

記事を読む

Comment

  1. 天野 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:2.0.1) Gecko/20100101 Firefox/4.0.1
    過去ログをテキストファイルに「書き出し」して、それを印刷すればよいのではないでしょうか。写真は印刷されませんけど。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Chrome/12.0.742.91 Safari/534.30
    コピーペーストで、ワードに一つずつ写していくということでしょうか。
    時系列を入れ替えて、1000件…。
    うーん、気が遠くなるなあ。

  3. しん より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:2.0.1) Gecko/20100101 Firefox/4.0.1
    ブログはやっていないのであまりお役に立てないと思いますが...
    高野さんのブログはBlogn(ぶろぐん)というブログシステムを使用しているみたいです。(今はバージョンアップしてぶろぐん+ってなってますけど)
    http://www.blogn.org/
    上記のサイトのマニュアル見る限りだと「データの入出力」って項目でログのエクスポートは出来るみたいです。天野さんがコメントで書かれてるようにこれでテキストデータとして出力できるのでは。
    >時間順にバラバラと一気に読めたら
    サイドメニューにあるカレンダーで一応時間順に読めると思います。
    あとはURLを直接いじるってやり方もあります。
    例えば、2006年5月の記事をみたければ
    「http://www.aisa.ne.jp/mbembe/index.php?month=」の後ろに「200605」を
    くっつけてEnterキーを押せば2006年5月の記事が新しい記事順に見れます。1ページに10件の記事までしか表示しないので月の記事が10件以上の場合は「<<過去の記事へ 」をクリックすると見れます。
    ちなみにブログ開始したのは2004年11月2日(木)です。
    「高野秀行オフィシャルサイト始動」
    http://www.aisa.ne.jp/mbembe/index.php?day=20041102

  4. 天野 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:2.0.1) Gecko/20100101 Firefox/4.0.1
    すみません、書き方がちょっと足らなかったです。
    しんさんが書かれたとおり、ブログの管理画面から、ブログのデータを全部テキストファイルにエクスポート(もしくは「書き出し」もしくは「掃き出し」などとも言う)します。
    私が使っているココログでは、時系列的に古いものが上になって,テキストファイル出力されます。HTMLのタグなどは、タグのまま出力されます。
    見た目、以下のような感じになります。(サンプルとして2件分だけ貼り付けました)
    高野さんのぶろぐん+の場合、どのような形式でテキストファイル出力されるのかはわからないのですが、概ね大差ないと思います。
    これで肝心なのは、1件の記事は始まりの行(AUTHOR)と、中間の情報を記入する行(TITLEやDATAなど)と、最後の行(——–)が決まっていることです。
    これを利用して、余分な情報を一発で削除できるマクロを組めば(情報工学系の大学生に1万円くらいのバイト代を払ってマクロを組んでもらうのもアリ)、あっという間に完成する。ような気がします。
    完成したファイルを、WORDでHTML形式で開けば、リンク先の写真などもきちんと表示されるかも知れません(ダメかも知れませんが)
    コピペを繰り返して1000件分、という作業ではありません。もっと楽です。

    AUTHOR: XXXX
    TITLE: 1995年の読書総括。73冊。
    STATUS: Publish
    ALLOW COMMENTS: 1
    CONVERT BREAKS: __default__
    ALLOW PINGS: 1
    CATEGORY: ☆私の読書累計

    DATE: 01/01/1996 01:41:00 AM
    —–
    BODY:
    読書数は冊数です。「上・下」に分かれている本は読書数2冊とカウントしています。

    XXXX 1995年の読書総括
      ジャンル 合計数

    —–
    EXTENDED BODY:

    —–
    EXCERPT:

    —–
    KEYWORDS:

    —–

    ——–
    AUTHOR: XXXX
    TITLE: 白川義員「南極大陸・上」感想。
    写真集。1997年01月頃拝見。
    STATUS: Publish
    ALLOW COMMENTS: 1
    CONVERT BREAKS: __default__
    ALLOW PINGS: 1
    CATEGORY: ◎写真集

    DATE: 01/02/1997 03:03:00 PM
    —–
    BODY:
    南極大陸・上巻
    白川義員・しらかわよしかず
    小学館 1994/07出版 171p 43cm ISBN:4096991058 ¥39,757(税込)

    今から約25年前、私が中学生の頃、北海道新聞日曜版のカラーページに白川義員の撮ったエベレスト(たぶん)の写真が掲載されていた。その圧倒的な迫力は、当時アルバイトで貯めた金で買ったキャノンのA-1で、写真を撮りまくっていたカメラ小僧の私に「写真というのはここまで写せるのか」と、強く心に残った。その後体育会系の部活に明け暮れ、社会人になった私は、仕事に追われ写真を撮るということを忘れてしまった。

    30歳を超えたころ、ふと白川義員の名を思い出した。そ
    CONVERT BREAKS: __default__

  5. 高野秀行 より:

    天野さん、しんさん、どうもありがとうございます!

    でも、IT作家の私にはなぜか上記の説明がさっぱり理解できないので
    誰かもう少し理解力のある友人に訊いてみますね。

  6. フカヤ より:

    高橋先生が描いたら
    そりゃあ面白そうですけれども、

    ぼーくーがー描ーきーたーいーのー(笑)

  7. 高野秀行 より:

    あ、そうか‼
    フカヤさんが描けばいいのか。
    絵柄や雰囲気もぴったりだ。
    モーニングあたりでできないのかな…?

  8. 天野 より:

    えーっと要するにですね、
    高野さんのやりたいことは、ブログに詳しい誰かに頼めば何とかなる、
    (業者に頼めば金はかかるけど確実に何とかなる)
    ということです。わかりづらくてすみません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 高野秀行さんの魅力がびしばし伝わるオンラインイベント「高野秀行辺境チャンネル」の次回開催は11月7日(土)14時スタート!テーマはあの驚きの展開の衝撃作『怪魚ウモッカ格闘記』。Q&Aやチャットを使っての質問もお気軽にできます。ただ今見逃し視… ReplyRetweetFavorite
    • RT : フォロワーさんにおすすめいただいた『幻のアフリカ納豆を追え!~そして現れた《サピエンス納豆》~』(高野秀行著・新潮社刊)面白かったです。納豆は日本固有のものではなく世界各地でつくられている!だからってそんなところまで行かなくても・・・。ナイ… ReplyRetweetFavorite
    • なんとなくパッとしない週末には、異世界にトリップするのもいいですよー https://t.co/LlEePtGGFf ReplyRetweetFavorite
    • ありがとうございます! フリーダムというのか能天気というのか、京都精華大学、いいですね! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「幻のアフリカ納豆を追え! 」は本当に面白く、納豆もアフリカのハイビスカス納豆・バオバブ納豆だけでなく、朝鮮半島のチョングッチャン(ドラマ孤独のグルメにも出ていましたね)も取り上げられております。#高野秀行 https://t.co/G… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【来店&リアルタイム配信イベント】11/2MON 20-22時 高野秀行×小倉ヒラク 「納豆文化人類学!日本・アジア・アフリカの発酵世界を旅する」『幻のアフリカ納豆を追え! 』(新潮社)刊行記念 『発酵文化人類学』(角川文庫)文庫化記念 h… ReplyRetweetFavorite
    • ブルキナファソの納豆取材でお世話になった清水貴夫准教授の依頼で、京都精華大学国際文化学部主催のオンラインイベントに出演。清水さんのZoomの壁紙が南の島のビーチ(しかも波が打ち寄せている!)、しかも開演前の音楽はレゲエ。この大学、真面目に学問やる気あんのか?!って雰囲気がナイス。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑