*

ソマリ語国際放送・東京支局を開局

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ソマリランドの首都ハルゲイサに本社をおく「ホーン・ケーブル・テレビジョン(HCTV)」という
ソマリ語の国際テレビがある。
ソマリランドとソマリアはもちろん、アフリカ、ヨーロッパ、オセアニア、北アメリカ
中東、東南アジアなど、ソマリ人がいる場所ならほぼどこでも衛星アンテナで見られる
テレビ・ネットワークだ。
今のところ、ハルゲイサ以外では、プントランド(ガロウェ、ボサソ)、ソマリア南部(モガディショ)、ナイロビ、ロンドン、ミネアポリス(アメリカ・ミネソタ州)に支局がある。
で、このほど東京支局が開局された。
業務は、
・日本のニュースや情報をソマリ社会に届ける。
・あらゆるソマリ・エリアで起きている(あるいは過去に起きた)事件や事故などの
映像や画像、その他の情報を日本のマスメディアに提供する。
例えば、海賊、テロ、アル・シャバーブ、飢饉、難民、その他自称の国家元首や武装集団のボスなど。
・ソマリ語と日本語の通訳・翻訳業務
東京支局の構成は次のとおり。
支局長:高野秀行
カメラマン:宮澤信也
レポーター:アブディラフマン・オラド
HCTVのウェブサイトはこれ。
ソマリ語しかないけど、映像は見ることができます。
http://www.hctv.tv/
お問い合わせは、このブログの右側にあるメールアドレスからお願いします。

関連記事

no image

サッカーファンになる予定なのに…

着実にサッカーファンに向かって前進しているはずなのだが、 吉祥寺の書店でターザン山本『「金権編集長

記事を読む

no image

「旅行人」最終号

「旅行人」の最終号が届いた。 長く続いた旅の雑誌も165号で幕を閉じることになったらしい。 この最

記事を読む

no image

有名人ではありません

この一週間はインタビューが多い。 読売新聞、PL教の雑誌、そして今日は図書館教育ニュース。 最近では

記事を読む

no image

日曜日のイベント

代々木でミクシイの高野秀行コミュ&宮田珠己コミュ合同イベント。 雨上がりにもかかわらず40〜50人(

記事を読む

no image

いわゆる「エア取材」

咳がひどいため医者に行ったところ、「咳喘息」と診断された。 私は小学生の頃喘息でひじょうに苦しんだ

記事を読む

no image

どこまで行くのか、韓国

またしても竹島問題で関係が急速に悪化している日本と韓国だが、 私の本はゴンゴン出版されつづけている。

記事を読む

no image

nairobi wa abunai?

kataaru no Doha wo keiyu shite Nairobi ni tsuita.

記事を読む

no image

ミャンマーでまた政変?!

 さあ、「ビルマロード」へ行くぞ!と気合を入れ、さらに今年末には「イラワジ河ほぼ全流下りをやるぞ!」

記事を読む

no image

シリア入国

昨日、トルコのユーフラテスから離れて、 シリア領に入った。 エンギンともお別れ。 彼は私の『怪獣記』

記事を読む

no image

謎の国際ボランティア特殊部隊@浦安

後輩Kとネパール人のクマルという国際統合失調症コンビを引き連れ、 浦安市の被災地へボランティアに行っ

記事を読む

Comment

  1. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    昨日今更ながら「イスラム飲酒紀行」読みました。僕は会議の後に酒を飲み、話の中身をほとんど忘れてしまい随分と難儀したものですが、高野さんは逆に、難儀した後に飲むので苦労を忘れてしまうのではないか、と思いました。ところでアル・シャバーブって何ですか?

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.1 (KHTML, like Gecko) Chrome/14.0.835.202 Safari/535.1
    アル・シャバーブとはソマリア南部の大半を支配しているアルカイダ系列のカルト・イスラム武装組織です。
    現在のアフガニスタンのタリバンとひじょうによく似ているようですが、
    まだ謎に包まれている部分が多いですね。

  3. UEHARA より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; GTB7.1; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C)
    今日、10/17 Amazonから「辺境中毒」が10/20に発売されるとメールが届きました。
    楽しみにしています。(本文に関係なくてすみません。関係ありかも?)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : いい本買った。世界各地から来ている難民の人たちが、日本で手に入る食材で作る料理の本。 https://t.co/tSZtHo5Yya ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【来店&オンライン】 『ある大学教員の日常と非日常』(晶文社) 『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)刊行記念 横道誠×高野秀行トークイベント 「迷宮めぐりの旅談義」 11/4(金)19:00 「混沌から明晰へ」と向かう作品世界… ReplyRetweetFavorite
    • 「連戦連敗の学習法」とは星の数ほどある語学習得法の中でも史上初にちがいない。 https://t.co/BJYpRz6oka ReplyRetweetFavorite
    • RT : 発売中の「女性セブン」に高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』についてのインタビューが掲載されています!取材、構成は佐久間文子さん。「びっくりするぐらい本格的な内容の本」としながら、高野さんの楽しい文体の理由も明かしてくださっています。 h… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 25以上の言語を学んだノンフィクション作家・高野秀行さんが明かす“連戦連敗”の学習法 https://t.co/odail34l2y 「ぼくは言語おたく、はやりの言葉で言うと『言語推し』ですね」 @… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『語学の天才まで1億光年』 スペイン語=カクカク「平安京言語」他方ポルトガル語は アマゾン冒険でローマ字読みで習ったポル語が全く聞き取れず、ネイティブに学ぶべきだったとしきりに後悔しつつ、両言語を縦横に語る至言の数々 ただスペ語にクレ… ReplyRetweetFavorite
    • 野谷文昭先生、おめでとうございます! この本は、実在した主人公がコンゴ→アマゾン(プトゥマヨ川流域)→独立運動と移行していくという点で、私の『語学の天才まで1億光年』と見事にシンクロしており、本当に驚かされました。 https://t.co/MhFDF26sS6 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年10月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑