*

『メモリークエスト』文庫の装丁はすばらしい!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


『メモリークエスト』(幻冬舎文庫)
の見本が届いた。
単行本のカバーは正直言って気に入らなかったが、今回はひじょうにいい。
解説は中島京子さんだし、今度こそ売れる態勢は万全である。
発売は来週の水曜日、6日ごろだそうだ。
     ☆         ☆         ☆
 昨日は二日酔いでごろごろしながら、柳澤健『1993年の女子プロレス』(双葉社)を読む。
著者曰く「世界最狂団体」、全日本女子プロレス(全女)にかつて所属していたレスラーたちへのインタビュー集。
長与千種とライオネス飛鳥のクラッシュ・ギャルズが去ったあと、ブル中野とアジャ・コングの巨漢ヒールによる血みどろの抗争が起き、さらにジャパン女子ら他団体と
対抗戦に突入した。
対抗戦がはじまったのは1993年4月のことだ。
私はもともと女子プロはそんなに見ていないし、この頃はチェンマイ大学にいた。
4月にいたっては初めてビルマ(ミャンマー)に行き、あちこちをぶらぶらしていた。
もちろん、2週間遅れで届く週刊プロレスは欠かさず読んでいたから、
何が起きているかはだいたい把握していたけれど、詳しい内容は知らない。
まさかこんな過激なことが行われていたなんて…。
素質のある後輩は片っ端からたたきつぶす(腰や肩の骨を折るような技をかけていたレスラーもいた)
骨折しても試合に出続けるのがふつう。
タイトルマッチの勝負はシュートによる押さえ込みで決着をつける。
チャンピオンは負けたら引退。
オーナー兄弟はどの選手が勝つか負けるかで賭けをしていた。
こういったプロレスのコアなファンにとっても理解不能な話が各レスラーのインタビューで明らかになる。
いっぽうで、誰が誰をイジめていたとか、派閥構成がどうなっていたとか、
何が問題だったのかという点になると、人によって言うことがちがい、
だいぶ話が食い違ってくる。
芥川龍之介の「藪の中」みたいでもある。
このように仲間同士でも本気でつぶし合いをしているレスラーたちが、
極端な話、相手が死んでも全くかまわない他団体の選手と試合をするのだから、
恐ろしいことになるに決まっている。
本書を読みながら、合間にユーチューブで対抗戦の豊田真奈美VSダイナマイト関西、
北斗晶VS神取忍などを見たが、あまりの壮絶さと危険度に戦慄してしまった。
いや、ほんとにどうかしている。
あと、この本には各レスラーの現在の写真が載っているが、ブル中野がすごく美人なのに驚いた。
      ☆        ☆        ☆
大野更紗『困ってるひと』、3刷が決まったそうです。

関連記事

善し悪しはわからないけれど。

先週の日曜日、コソボより帰国した。 今回の旅はひじょうに忙しかった。 移動につぐ移動、その合

記事を読む

no image

イスラム飲酒講演会

昨日は講演が2つ連チャンであった。 一つは午後、小田急線の鶴川にある和光大学。 主にフィリピンや在日

記事を読む

no image

天下一とはすでにプロレス

好村兼一『伊藤一刀斎』(上・下、廣済堂出版)読了。 『行くのか武蔵』(角川学芸出版)がよかったので

記事を読む

no image

こういうときこそ日常

あいかわらず地震のニュースはひどい。 でもあまり悲惨な映像を見続けていると精神的に参ってしまうので

記事を読む

no image

謎の音楽家or神秘思想の徒バウル

ソマリランド本の仕事から解放されてからは、本が思うように読めてとても嬉しい。 先週も面白い本を

記事を読む

no image

八王子の人間だから

火曜日に集英社の会議室で角幡唯介と対談したが、 三日後の金曜日、まったく同じところで今度は中島京子

記事を読む

no image

立松和平とドンガラ

立松和平氏が亡くなったというニュースを見て驚いている。 というのは、一昨日、たいへん久しぶりにその

記事を読む

no image

驚愕必至!

「おとなの週末」5月号が発売された。 この雑誌は実に読み応えがあるのだが、私がいちばん気に入ってい

記事を読む

no image

ソマリ語国際放送・東京支局を開局

ソマリランドの首都ハルゲイサに本社をおく「ホーン・ケーブル・テレビジョン(HCTV)」という ソマリ

記事を読む

no image

ナイロビのカリフォルニアにて

結局、ナイロビ市内は昼前なら歩いても、気をつけさえすれば、 問題ないとわかった。 酒もちゃんと飲んで

記事を読む

Comment

  1. KOW より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    あの頃の全女の凄さについては
    女子プロレスに詳しいプロレスライターの須山浩継氏が
    東スポの公式HPで連載しているコラムでも取り上げていますね。
    http://www.tokyo-sports.co.jp/celebrity_lists.php?blogid=104
    色々な意味で規格外です、全女は。

  2. お〜つか より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.648; .NET CLR 3.5.21022; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    いや〜、読むのが怖くなるような内容ですね(><;;;
    あ、メモリークエストじゃない方です。
    高野さんほどの深いファンが戦慄するんだから、かなり怖いのでしょうね〜。。。

  3. take より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; GTB7.1; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    以前、書店で「間違う力」を探したら、自己啓発関連の書棚にありました。
    なかなか見つけられないはずだなと、思いました。

  4. s より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    厳しいことをいうなら、こういう若い才能を潰すようなことを平気でやってたから、燃え尽きちゃって今の女子プロの惨状があるんだろうと思う。
    惨状と言ったらマジメにやってる人たちに申し訳ないんだけど、全盛期と比べたら・・大相撲と村相撲くらいの開きがあるのではないかと。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年2月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
PAGE TOP ↑