*

溝畑宏とイビツァ・オシム

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


木村元彦作品読書週間が続いている。
次に読んだのは『溝畑宏の天国と地獄 大分トリニータの15年』(集英社)
サッカー音痴の私としては大分トリニータといえば金子達仁『秋天の陽炎』(文春文庫)である。
日本のスポーツ・ノンフィクションは8割くらいが「ナンバー文体」とでも呼ぶべき文体で書かれている。沢木耕太郎みたいな文体だ。
私はこの文体に飽き飽きしているが、金子氏のこの作品はとてもよかった。
それだけにその大分トリニータが、一人の若いエリート官僚の野心によって生まれたということに驚いた。
大分県民のトリニータへの関心は初期はおそろしく薄く、ホームの試合に27人しか入らなかったこともあるという。
そんな場所に溝畑氏は自分が「W杯を呼びたい」というためだけにJのチームを作ってしまう。
デタラメにもほどがあるが、それがのちに「秋天の陽炎」に描かれるような数万のサポーターを生み出してしまう。
本書の冒頭、ある女性サポーターが溝畑氏に対して「土下座してほしい」と憤るシーンがあるが、その女性は溝畑氏がデタラメをやらねければトリニータのサポーターになりえなかった。
「善悪」を深く考えさせるという意味では斉藤一九馬『歓喜の歌は響くのか』(角川文庫)にも通じる。
実際、二つの話には共通点が多い。
後味は決してよくないが、面白いどころでない面白さだった。
しっかし、日本の営業は裸になって接待すれば仕事がとれるのだろうか?
それが本書を読んだあとに残った最大の疑問だ。
口直しにといってはナンだが、木村さんの名著『オシムの言葉』(集英社インターナショナル)を読み直す。
サッカー音痴の私でもオシム監督のすごさはよくわかり、Jリーグには全く関心がないくせに日本代表は応援するというありがちな日本国民の一人として、
「この人が代表監督をあのまま続けていたら…」と思わずにはいられない。

関連記事

no image

クールだけど超目立つ

 『謎の独立国家ソマリランド』、ついに昨日からAmazon.comで予約受付が開始された。

記事を読む

no image

今明かされる「野々村荘秘話」

  新国劇の島田正吾が亡くなった。  「新国劇」など、私には何の関わりもないと思うだろうが、多少の縁

記事を読む

no image

深谷陽というアジア風天才漫画家

日本にいる時間が残り少なくなってきたので、 駆け足で紹介。 先日行われたmixiのイベントに、純粋

記事を読む

no image

ツアンポー峡谷の謎

最近は気温こそ相変わらず高いが、湿度が低いせいか 外にいても日陰なら涼しい。 今日はなぜかJR高尾

記事を読む

ミャンマーの歌と踊りのイベント@上智大学

         

記事を読む

no image

ニュースゼロ&イベント&アスクル

まずはお知らせから。 明日、日本テレビのニュースゼロで、私の知り合いのフリージャーナリスト、 大津司

記事を読む

no image

『怪獣記』がいよいよ…

トルコの怪獣ジャナワール探しの本がようやく手を離れた。 写真にカラーとモノクロがあり、しかも章ごと

記事を読む

no image

日本最速の作家

台風のなか、八王子にある宮田珠己ことタマキングの仕事場にお邪魔する。 先日は話し足りなかったし、編集

記事を読む

no image

野宿の話はつづく

「高野さん、この前うちの近くで野宿してたでしょ?」と水泳のY先生にレッスンのあとで言われて驚いた。

記事を読む

no image

月刊日本語

昨日あたり発売になった「月刊日本語」の巻頭インタビューに私が登場させてもらっているが、 それとは別

記事を読む

Comment

  1. may より:

    AGENT: KDDI-TS3I UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.1.5.1.120 (GUI) MMP/2.0
    高野さんの口から我がトリニータの話題が出るなんて・・本当に感無量です。
    溝畑さんが裸になるのは接待というより、自分が脱ぎたいからやっているだけです。○○○で馬刺事件など単行本で書かれていないエピソードもあるんで木村さんに会った際には聞いてみるとおもしろいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : いよいよ来週の土曜日10月3日は、高野秀行「辺境チャンネル」開催!写真や動画、そしてゲストを交えてたっぷりオンラインで高野さんと辺境の魅力をお伝えいたします。テーマは『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)です。鯉の納豆焼き浸しが美味しそう… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 幻のアフリカ納豆を追え 高野秀行、新潮社 納豆で366頁!しかも面白い。単なる珍しい納豆の紹介ではなく、その地の食文化や歴史も考察する。前作「謎のアジア納豆」のほうが科学的?と思っていたら「納豆菌ワールドカップ」から、つるまめ納豆で縄文… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 旅人として尊敬する高野秀行さんの著書読了。素晴らしい内容!徹底した現場主義は勉強になります。 個人的には、納豆の世界とかつて調べたゴマの世界に関係性を感じゾクゾクしてきました。今度南米に行ったら・・・ ちなみに私は納豆NGです。笑 http… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!』面白かった。 前作『謎のアジア納豆』のほうが読んでいて面白かったかなと思ったけど、アフリカフィールドワークの描写の面白さ、紹介される納豆の多彩さなど実に面白い。最後に開陳されるサピエンス納豆仮説の壮大さも素晴らしい。 ht… ReplyRetweetFavorite
    • 健ちゃんは幼なじみだから容赦ない。しょっちゅう、「秀ちゃんはほんとにダメだな!」とよく叱られている。ゲストで登場したら、またダメ出しの嵐を食いそう…。ヤバいことを言われなきゃいいが…。 https://t.co/GjMZORwe3K ReplyRetweetFavorite
    • 「健ちゃん」は私の幼なじみ。技術者として味の素株式会社に入社、ナイジェリアに商品開発担当として赴任した。彼が目をつけたのはアフリカ納豆(?)の「ダワダワ」。私は彼に呼ばれてナイジェリアへ飛び、40年ぶりに再会してしまった…。「20… https://t.co/qTcqnDtiOn ReplyRetweetFavorite
    • 自分の本は抜きにしても、紀伊國屋新宿店はいい。2Fにちゃんと「ノンフィクション」の棚があり、しかも国内・海外両方が収められている。社会問題・旅・各国事情に収まらない「ノンフィクション」としか言えない本がたくさんあるのだから。個人的… https://t.co/ZX1myE9Anw ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑