*

ima Somaliland desu

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

Somaliland no shuto Hargaysa ni iru.
hoteru no netto ga tamanishika tsuujinaino to watashi ga arekore to
isogashii no tode,burogu ga koushin dekizu ni ita.
konkaiwa jieitai ga chuuton shiteiru jibuchi ni tobi,sokokara rikuro de tonari no somaliland ni nyuukoku shita nodaga,kono michi wa michi nado nai
pari-dakaaru rarii mitaina ruuto de,15jikan mo kakatta.hiroukonpai shite,Hargaysa ni tsuitara,ikinari keisatsu ni kousoku,umu wo iwasazu keisatsusho ni renkou sareta.
mata,kono pataan kayo ! to nageitaga,pasupooto to biza wo kakunin suruto kaihhou sareta.de,”kookde happa wo tabenasai” to tsuyoku susumerare,kotowarunomo nannanode, keisatsusho no nakaniwa no kokagede happa wo
tabeteita.keisatsu wa ocha to mizu wo dashitekure,asappara toiunoni hokano hito mo happa wo motte watashi no tonarini suwari,isshoni tabehajimeta.
naniga nanndaka sappari wakaranai tenkai daga,hitotsu ieru kotowa
somaliland no keisatsu wa shinsetsu toiu kotodarou.
imawa nazeka nihon no chuukosha yushutsu-hanbai no kaisha no eigyou-koukoku-man toshite kokode shigoto wo shiteiru.
minasan,imi ga wakaranaidarou.
shoujikiitte watashi nimo doushite kounattanoka yokuwakaranai no desu.

関連記事

no image

番組はよかったけれど…

もう先週の話になってしまったが、私が関わったNHKのドキュメンタリーが放映された。 自分が旅した様子

記事を読む

no image

オススメ土着的流行歌

今日は珍しく音楽の紹介をさせていただきたい。 シングルCD エコツミ「さくらの日」 二年前になる

記事を読む

no image

他社の本を宣伝する出版社って…

今注目を集めているポプラ社の文芸ウェブサイト「ポプラビーチ」をたまに眺めているが、 いろいろな意味

記事を読む

no image

狂言

国立能楽堂で行われた「春狂言2009」を観にいく。 と言ったら意外に思われるかもしれないが、 狂言く

記事を読む

no image

mahou no happa

koko niwa sake ga nai. zetsubouteki ni nai. soreho

記事を読む

no image

nairobi wa abunai?

kataaru no Doha wo keiyu shite Nairobi ni tsuita.

記事を読む

no image

死んでも「生きるハードボイルド」

肝心の陳会長の話をしていなかった。 私はトリオ・ザ・パンチもイカ天も見たことがなく、したがって内藤陳

記事を読む

no image

島田荘司『占星術殺人事件』

知り合いの先生に頼まれ、神奈川県の高校でミニ講義みたいなことをやった。 たまには趣向を変えて、辺境

記事を読む

no image

新刊ラマダンの危機

新刊ラマダンが危機に瀕している。 ダグラス・アダムス『銀河ヒッチハイク・ガイド』(河出文庫)を読ん

記事を読む

no image

飲酒天国ブータン

妻がブータンより帰国した。 話によればブータン人はとにかく酒が好きらしい。 人口たった60万人(一説

記事を読む

Comment

  1. 良い旅を! より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/535.11 (KHTML, like Gecko) Chrome/17.0.963.78 Safari/535.11
    ソマリランドの首都、ハルゲイサにいる。
    ホテルのネットがたまにしか通じないのと、私があれこれと忙
    しいのとで、ブログが更新できずにいた。
    今回は自衛隊が駐屯しているジブチに飛び、そこから陸路で
    隣のソマリランドに入国したのだが、この道は道などない。
    パリ‐ダカールラリーみたいなルートで、15時間もかかった。
    疲労困憊して、ハルゲイサに着いたら、いきなり警察に拘束、
    有無を言わさず警察署に連行された。
    また、このパターンかよ!と嘆いたがパスポートとビザを
    確認すると開放された。 で、「ここでハッパを食べなさい。」
    と強く勧められ、断るのも何なので、警察署の中庭の木陰で
    ハッパを食べていた。 警察はお茶と水を出してくれ、朝っぱ
    らと言うのに、他の人もハッパを持って私の隣に座り、一緒
    に食べ始めた。 何が何だかさっぱり分からない展開だが、
    一つ言える事は、ソマリランドの警察は親切ということだろう。
    今はなぜか、日本の中古車輸出販売の会社の営業広告マン
    として、ここで仕事をしている。 皆さん、意味が分からない
    だろう。
    正直言って、私にもどうしてこうなったのか、良く分からない
    のです。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/535.11 (KHTML, like Gecko) Chrome/17.0.963.78 Safari/535.11
    変換ありがとうございます!
    (今はホテルのネットがつながっています)
    ジブチからハルゲイサへの道は、去年、ランドクルーザーの横転で11人が死亡したそうです。
    無理もないですね、あの道とあの運転では。

  3. 義理の弟 より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W24H16)
    すぐにはっぱと仕事が貰えてよかった?ですね。
    しかしサイコロを転がしたら、たまたまいい数が上になっただけのような気もします。ホントに注意してください。

  4. りんりん より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; PPC Mac OS X 10_5_8) AppleWebKit/534.50.2 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.6 Safari/533.22.3
    義理の弟、うまいこと言うなあ。
    警察でカートってすごい目を引き当てましたね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 高野秀行著「謎のアジア納豆」を早速購入しました。 1ページ目からミャンマー北部のカチン独立軍という反政府ゲリラの協力を得て、中国からインド国境を目指していると、ジャングルの村で出されたご飯がまさかの納豆卵かけご飯で…というトンデモナイ出だしでワクワクが… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉」高野秀行(新潮社) ついに文庫化です!UMAを求め世界各地を巡ってきた高野さんが、今度は未知の納豆を求めてアジアを巡ります。納豆?と思うかもしれませんが世界には未確認納豆が溢れています。高野さんにしか書… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます、紀伊國屋書店ゆめタウン廿日市店です。 本日は が入荷しています。 R‐18文学賞読者賞受賞作『1ミリの後悔もない、はずがない』、一木けいさん、ぜひ今押さえておきたい作家さんです。 高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行氏の『謎のアジア納豆』は物凄く面白い本なので、沢山の人に読んでみて欲しい>RT 日本に暮らしている or 最近日本に来た外国人に「納豆は食べられる?」とニヤニヤしながら質問したことがある多くの日本人にとって、目から鱗が百枚くらいこ… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【新刊】『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』高野秀行(新潮文庫)辺境作家が目指した未知の大陸、それは納豆だった。山奥のジャングルで出会った納豆ご飯、ぱりぱりと割れるせんべい納豆、日本の究極の納豆…知的好奇心あふれるノンフィクション。… ReplyRetweetFavorite
    • RT : テレワークで自宅にいたり、衣替えも迫り、すっかりスーツを着たり、目にする機会がなくスーツ好きには残念な日々ですが、そんな不満を内澤旬子さんの『着せる女』を読んで解消しましょう! 宮田珠己さんや高野秀行さんのビフォーアフターの写真も収録!… ReplyRetweetFavorite
    • RT : ソマリランドの次はえっ?!納豆?!と驚いた高野秀行さんの『謎のアジア納豆』が文庫化されましたよー!新潮文庫です! https://t.co/WQ9LwokyCJ ReplyRetweetFavorite
  • 2020年5月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑