*

ima Somaliland desu

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

Somaliland no shuto Hargaysa ni iru.
hoteru no netto ga tamanishika tsuujinaino to watashi ga arekore to
isogashii no tode,burogu ga koushin dekizu ni ita.
konkaiwa jieitai ga chuuton shiteiru jibuchi ni tobi,sokokara rikuro de tonari no somaliland ni nyuukoku shita nodaga,kono michi wa michi nado nai
pari-dakaaru rarii mitaina ruuto de,15jikan mo kakatta.hiroukonpai shite,Hargaysa ni tsuitara,ikinari keisatsu ni kousoku,umu wo iwasazu keisatsusho ni renkou sareta.
mata,kono pataan kayo ! to nageitaga,pasupooto to biza wo kakunin suruto kaihhou sareta.de,”kookde happa wo tabenasai” to tsuyoku susumerare,kotowarunomo nannanode, keisatsusho no nakaniwa no kokagede happa wo
tabeteita.keisatsu wa ocha to mizu wo dashitekure,asappara toiunoni hokano hito mo happa wo motte watashi no tonarini suwari,isshoni tabehajimeta.
naniga nanndaka sappari wakaranai tenkai daga,hitotsu ieru kotowa
somaliland no keisatsu wa shinsetsu toiu kotodarou.
imawa nazeka nihon no chuukosha yushutsu-hanbai no kaisha no eigyou-koukoku-man toshite kokode shigoto wo shiteiru.
minasan,imi ga wakaranaidarou.
shoujikiitte watashi nimo doushite kounattanoka yokuwakaranai no desu.

関連記事

no image

話題には気をつけたい

上智大学の講義8回目、ゲストは作家兼料理人の黒田信一氏。 「ラオスでカフェをやったら大変だった」とい

記事を読む

no image

踊るダルビッシュの謎

斉藤祐樹が日本ハムに入団したため、以前にも増してダルビッシュ有のニュースが多い。 で、思い出したの

記事を読む

no image

79人はちと多いのでは…?

上智大学の講義は、先週、実質的に第一回目で マレーシアでジャングルビジネスを営む二村聡さんにお越しい

記事を読む

no image

ジャナワール・トークライヴ

コダックフォトサロンで開催されている、カメラマン森清の個展会場で、 角田光代さんとトークライヴを行う

記事を読む

no image

やっぱりミャンマーの辺境はいい

 ミャンマーより帰国した。  たった一週間の慌しい旅だったが、同国最北部の辺境地まで行き、イラワジ

記事を読む

no image

インディアンの驚くべき小説

シャーマン・アレクシー『はみだしインディアンのホントにホントの物語』(小学館)という本を妻の本棚で

記事を読む

no image

太平洋もインド洋も波高し

 私の「ビルマ・アヘン王国潜入記」英語版"The Shore beyond Good and Evi

記事を読む

マスクマンになりたい

旧ユーゴ(主にコソボ)の取材が終わってだいぶ経つ。 ブログで写真をお見せしようと思っていたのだ

記事を読む

no image

娘を溺愛する父親と言われた

先週末、本の雑誌の杉江さんに会ったら、「最近高野さんのブログを見ていると、 娘を溺愛してる父親みた

記事を読む

no image

『メモリークエスト』続編決定

二日酔いのまま、笹塚で杉江さんに会って、定例の放談会。 本の雑誌社の女性スタッフが、『メモリークエス

記事を読む

Comment

  1. 良い旅を! より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/535.11 (KHTML, like Gecko) Chrome/17.0.963.78 Safari/535.11
    ソマリランドの首都、ハルゲイサにいる。
    ホテルのネットがたまにしか通じないのと、私があれこれと忙
    しいのとで、ブログが更新できずにいた。
    今回は自衛隊が駐屯しているジブチに飛び、そこから陸路で
    隣のソマリランドに入国したのだが、この道は道などない。
    パリ‐ダカールラリーみたいなルートで、15時間もかかった。
    疲労困憊して、ハルゲイサに着いたら、いきなり警察に拘束、
    有無を言わさず警察署に連行された。
    また、このパターンかよ!と嘆いたがパスポートとビザを
    確認すると開放された。 で、「ここでハッパを食べなさい。」
    と強く勧められ、断るのも何なので、警察署の中庭の木陰で
    ハッパを食べていた。 警察はお茶と水を出してくれ、朝っぱ
    らと言うのに、他の人もハッパを持って私の隣に座り、一緒
    に食べ始めた。 何が何だかさっぱり分からない展開だが、
    一つ言える事は、ソマリランドの警察は親切ということだろう。
    今はなぜか、日本の中古車輸出販売の会社の営業広告マン
    として、ここで仕事をしている。 皆さん、意味が分からない
    だろう。
    正直言って、私にもどうしてこうなったのか、良く分からない
    のです。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/535.11 (KHTML, like Gecko) Chrome/17.0.963.78 Safari/535.11
    変換ありがとうございます!
    (今はホテルのネットがつながっています)
    ジブチからハルゲイサへの道は、去年、ランドクルーザーの横転で11人が死亡したそうです。
    無理もないですね、あの道とあの運転では。

  3. 義理の弟 より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W24H16)
    すぐにはっぱと仕事が貰えてよかった?ですね。
    しかしサイコロを転がしたら、たまたまいい数が上になっただけのような気もします。ホントに注意してください。

  4. りんりん より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; PPC Mac OS X 10_5_8) AppleWebKit/534.50.2 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.6 Safari/533.22.3
    義理の弟、うまいこと言うなあ。
    警察でカートってすごい目を引き当てましたね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ふと思い出した。『怪獣記』(講談社文庫)が絶版になったのだった。どこかで再文庫化してもらないものか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 語学の天才まで1億光年がメチャ面白かったので次はこれ kindle unlimitedもブラックフライデーで安く契約出来たし この本を読んでみてください: "謎のアジア納豆―そして帰ってきた〈日本納豆〉―(新潮文庫)"(高野秀行 著)https:… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 後半自分の人生に悩む姿が面白かった。僕ら一般読者からすればこんなに面白い本を沢山生み出す天才的書き手もこうして悩む時期もあるのだなと。結局自分の好きなことをやることに徹する展開は各々の生を肯定してくれる。#語学の天才まで1億光年#高野秀行 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 冒険家・高野はなぜミャンマーの麻薬地帯や、謎の独立国ソマリランドや、アマゾンの奥地や、アフリカでの幻獣...『語学の天才まで1億光年』高野 秀行 ☆5 https://t.co/9unBKrl9UD ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「高野秀行さん×山内博之さんトークイベント」は、大盛況で終了いたしました。語学学習にまつわる大変興味深いお話しでした。と同時に、高野さんファンにとっては、総集編のような、ベスト盤のような、ミステリーの伏線回収のような内容で、あっという間の… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 12月14 日 (水)19時〜 『体はゆく』『語学の天才まで1億光年』W刊行記念 伊藤亜紗さん ✕ 高野秀行さん 「“できる”って探検だ!」 https://t.co/1ALMd1Q0p2 https://t.co/bZDhP4ai… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんご出演の「ゆる言語学ラジオ」で爆笑!知的トークを楽しむすてきな日曜日を! 【飢餓・マラリア・ロケット弾】凄腕作家の危険すぎる語学体験【高野秀行さんゲスト雑談】#179 https://t.co/SI4ynYmgjC ReplyRetweetFavorite
  • 2022年11月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑