*

ミャンマーで上映会

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

業務連絡を兼ねての報告だが、
2月11日(月)から17日(日)まで、ミャンマーへ行くことになった。
トルコ&コンゴビデオの上映会を依頼されたからである。
ついでに観光もしてくるつもり。
関係者の方、よろしくご承知ください。
追記
そう書いたのだが、今、日本人がミャンマーのビザを取得するのは難しいらしい。
私はバンコクかマレーシアで取得するつもりだけど…。
それもダメなら台北か。
ミャンマー・ビザ取得放浪記が書けるかもしれない。
まあ、行けなかったら、その分日本での仕事ができるということで、
これもまた業務連絡です。

関連記事

no image

写真家・後藤修身の撮ったパキスタン北部辺境

先日、パキスタン北部のフンザ周辺の話を書いたら、反響が大きくてちょっと驚いた。 コメントの他にもメ

記事を読む

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極めて独特な倫理観や世界観をお話

記事を読む

no image

10年遊んで暮らした人の話

私が解説を書かせていただいた川上健一『ビトウィン』(集英社文庫)が 発売された(たぶん)。 本来い

記事を読む

第3回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞しました

ほとんどの人は梅棹忠夫・山と探検文学賞なる賞を知らないと思う。 かくいう私も、角幡唯介『空白の五マ

記事を読む

no image

急性アルコール分離症候群

昨日、帰国しました。 ソマリランド(&ソマリア)に行ったときはいつもそうなのだが、 だいたい毎日葉っ

記事を読む

no image

横領ニモ負ケズ

私の行くところトラブルありと人は言う。 今回もでっかいトラブルが起きた。 よりにもよって『メモリー

記事を読む

no image

芥川賞受賞の衝撃作

あまりに評判がいいので、磯崎憲一郎『終の住処』(新潮社)を読んでみたら、 衝撃を受けた。 こ、これ

記事を読む

no image

酒飲み書店員大賞、韓国進出!

韓国のエージェントの人から聞いて初めて知ったのだが、 『ワセダ1.5坪青春記』の帯に(韓国の本にも帯

記事を読む

no image

酒さえあればそれでよし

今年の初めから私が「主婦」になったので、 料理も買いものも私の担当である。 地震前はドトールに出勤後

記事を読む

no image

不安と緊張を和らげるのは笑い

スーダン人のアブディンから電話がかかってきた。 地震直後の電話では「いやあ、俺が日本に帰ってすぐだか

記事を読む

Comment

  1. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    あそこへ行った、こんなことやった、という旅行記、紀行は数あれど、
    行けなかったことをネタに1冊の本が、それもムチャクチャ面白く書けるのは、世界広しといえど、高野秀行だけであろう。
    別にミャンマー行けんでもいいよ、呑もうや。
    でもやっぱり行けるのなら、長井さんにもコンゴのビデオ見せてあげたいね。

  2. Midorin より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (jig browser web; 1.0.4; 813T)
    11日からミャンマー行きなんですね。
    わたくしも、コンゴ民主主義共和国に支援チャイルドが3人居るのですが、年末から政情不安が続いているらしく、支援物資が全く届いて居ない為、現地に直接調査に行くべく、11日からの渡航で、団体と調整しておりましたが、国連より、一般の渡航は見合わせてくれと、ビザが降りなかったので敢え無く断念…。
    悶々としながら、本業の仕事の予定を入れる事に相成りました。
    長井氏には、コンゴで、公用語のフランス語が使えるのは、修学した大人だけで、貧困層の子供はほとんど修学もままならない事と、日本でのリンガラ語の習得が書籍でも1965年辺りに発行され、既に絶版になっているようなものしかなく、非常に入手困難な事を伝えていたら、ミャンマーから帰国した折、その類の出版も検討して下さるとの親切な返答にいたく感謝していた矢先に、あの様な事になり、私としても非常に残念でなりません。
    是非現地に行かれたら、又ブログで高野氏から見た、ミャンマーの近況報告をお待ちしております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • つい自分のことを喋りたくなるというのはいい本の証拠ですよね。「弱い本」という概念も新鮮でした。 https://t.co/diLzGixbfC ReplyRetweetFavorite
    • 食べる(理解する)のも出す(感想を言う)のも難しい本でした。食べて出すというのは本当に難しい、それだけはよくわかりました。 https://t.co/Pja7l63gRt ReplyRetweetFavorite
    • イベントの打合せはひじょうに難しい。何が難しいかって、油断すると打合せでつい面白いことをバンバン言ってしまうこと。それは本番のためにとっておかなければいけないのに。話の途中でハッと気づいて寸止め。その繰り返し。 https://t.co/QlCNGZd3dO ReplyRetweetFavorite
    • RT : 月曜日担当・松原です☺️ きょうの内容は・・・ 🍁街ネタ・一関「太鼓店の和太鼓工作キット」 🍁トレンド 本「幻のアフリカ納豆を追え!/#高野秀行」を紹介! きょうからお便りテーマもあります! みなさんのメッセージお待ちしています! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの最新刊、「幻のアフリカ納豆を追え!」では、バオバブの種から作った納豆が出てきます。(昨日読んでました) めちゃ面白いので機会があれば是非! ReplyRetweetFavorite
    • 本書に記されている難病当事者の圧倒的な孤独に坂口安吾の言う「文学のふるさと」を感じてしまった。「生存それ自体が孕んでいる絶対の孤独」、救いがなく慰めようもないけれど文学がそこから始まるしかないもの。… https://t.co/r0tsEFvz2X ReplyRetweetFavorite
    • 私は以前、やはり自己免疫疾患系の難病を患っている大野更紗さんの『困ってる人』(ポプラ文庫)という本をプロデュースした。大野さんは「難病の人の状況や気持ちがあまりにも理解されていない」と声を大にして(でもユーモアたっぷりに)訴えた画… https://t.co/UYvJhSv7tF ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑