*

次にブレイクする作家

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


 今月8日発売の「本の雑誌」(7月号)に、久しぶりに私の名前が出た。
 「次にブレイクする作家はこれだ!!」という特集で、私も末端のほうに名を連ねていた。
 実をいえば、私は十年以上も前から、「もうすぐメジャーになる」とか「ビッグになるのは時間の問題」とか周囲の人々に言われてきた。
「ブレイク前夜」と言われてからも早三年くらい経過している。
 私の夜は誠に長い。
 てなわけで、今さら「次にブレイクする」と言われても新鮮味は皆無なのだが、出版界に影響力大である「本の雑誌」にまでそう書かれると、これはもう、「永遠のブレイク前夜」にお墨付きがついたような、力強い諦念を感じる。
 同誌では、編集後記とも言うべきコーナーでも、「高野秀行氏の本にハマっています」と記されていた。杉江さんという編集者の方らしいが、一週間で私の本を全部「読み干した」とか。
 しかし、だいじょうぶ。
 今こそ一時的に若干の盛り上がりを見せてはいるが、また潮が引くように、売上げは下がっていくはずだ。もう十年も同じ調子なのだから、これは天体の運行にも似た安定感がある。
 本人が言っているのだから間違いない。
 周囲の無責任な期待に惑わされず、「世界的に売れない作家」へ向かって地道に歩むのみである。
 そうでないと、マレーシアの話が続かないし。
(つづく)

関連記事

no image

イスラム二日酔い紀行

昨日は扶桑社に用事があって浜松町へ。 数年ぶりにブックストア談に行って、「イスラム飲酒紀行」を探す。

記事を読む

no image

怪獣奇書、出版したい人は手をあげて!

昨日、トルコの怪獣についての奇書を紹介したら 「その本が読みたい」というコメントがあった。 私も実は

記事を読む

no image

山口晃、増刷、イベント

ロマ音楽につづいて私が最近嵌っているのは山口晃。 彼の『ヘンな日本美術史』(祥伝社)はあま

記事を読む

no image

ロゼをちびちびやりながら砂漠を行く

ごぶさたしております。 20日に東京を発ち、今度はなぜか北アフリカのチュニジアをうろうろしている。

記事を読む

no image

びっくり!

 昨年11月に何度か上映会を行ったが、そのときこのブログを通じて、 私に直接「上映会を見たい」とメー

記事を読む

no image

2006年に読んだ本ベストテン(小説部門)

今年、私が読んだ本の中からベストテンを選んでみた。断っておくが、あくまで客観的にして公正無私な選出で

記事を読む

no image

八丈島での発見

一週間、八丈島に行っていた。 浜辺のキャンプ場にテントを張ったが、なにしろ起伏に富んだ地形なので徒歩

記事を読む

no image

『メモリークエスト』見本とどく

初めてのことだが、2日連続で新刊の見本がとどく。 今度はお待ちかね、『メモリークエスト』。 カバー

記事を読む

no image

ソマリランド飲酒紀行

昨日発売の週刊SPA!で私の「イスラム飲酒紀行 最終回」が掲載された。 最終回はソマリランド。 ソマ

記事を読む

no image

送ってはいけない

昨日、東北ツアーから戻った。 ボランティアに行ったつもりだったが、結局「行かなかったよりか少しマシ」

記事を読む

Comment

  1. りーだー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    おかえりなさいませ。
    なんだか笑っちゃいました。
    『世界的に売れない作家』……ですか。
    高野的ポジティブマインドなんでしょうかね(笑

  2. 杉江@本の雑誌 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.21; Mac_PowerPC)
    初めまして、本の雑誌社の杉江です。
    「本の雑誌」をお読みいただけたようで、
    ありがとうございました。
    「世界的に売れない作家」&
    「永遠のプレイク前夜」なんて自虐的な…。(笑)
    しっかり売れるよう応援していきますので
    次作楽しみにお待ちしております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 【高野秀行オンラインイベント「辺境チャンネル」開催まであと3日】  今回のテーマは話題の新作『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)です。高野さんは納豆にどんな未知を感じ、アフリカまで向かったのか。そこで何を見つけたのか?見逃し視聴付きチ… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)読了。前作『謎のアジア納豆』と対になる、世界中の「納豆」を体当り取材で追ったノンフィクション。前作では、納豆が日本独特の食べ物であるという思い込みを払拭し、ミャンマーやブータンでも納豆菌で豆を発酵させた… ReplyRetweetFavorite
    • 昨日突然びっくりするような本の原稿が送られてきた。今読み始めたけど、えらく面白い。こんな本があるんだなー。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【高野秀行辺境チャンネル開催まであと4日】 ゲスト出演に向けてリハーサル。もちろんゲストは『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)でまさかの再会を果たし、大活躍した高野さんの幼なじみ健ちゃんです!納豆探査の話から高野さんの少年時代の話まで… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 八重洲ブックセンターのキャンペーンで高野秀行さんがピックアップしてくれた作品に俺の著書が入ってるうううう!!!! 俺にとってはガチで驚天動地でして、っていうのは高野さんの大ファンで全作品読んでるんですよ。本気で嬉しいマジで嬉しいこれからも仕事がんばります… ReplyRetweetFavorite
    • 角幡に「文化探検」と言ってもらえたよ。嬉しい。探検部だからね。 https://t.co/3xKTnZM81B ReplyRetweetFavorite
    • 日本の農耕は大豆栽培から始まった。でもなぜ大豆だったのか? 本作では人類史上のミステリーに迫っています。 https://t.co/xOoA24H6VY ReplyRetweetFavorite
  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑