*

謎の国際ボランティア特殊部隊@浦安

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

後輩Kとネパール人のクマルという国際統合失調症コンビを引き連れ、
浦安市の被災地へボランティアに行ってきた。
今回公的なボランティアは初めてだが、登録・説明・マッチングが恐ろしいほどに
システマチックなのに驚く。
まるで浦安市は10年もずっと液状化していてずっとボランティアを受け付けてきたかのような
慣れ具合だ。
作業は泥かき。公民館の排水溝にたまった泥をスコップでとり、土嚢につめる。
公民館の周囲は50センチほど見事に陥没していた。
歩道もあちこちがぼこぼこにへこんだり飛び出していたり。
浦安市内から来ている人たちに聞けば、被害を受けたのはすべて埋め立て地で、
そうでない場所はほぼ無傷という。
実際に泥をかいてみれば、それは泥でなく砂。海の砂だ。
この辺は椎名誠が育った場所だと聞く。
あの少年小説の数々に描かれた海なのである。
椎名さんがさんざん泳ぎ釣りをし働いた海の砂がこうして、大地が揺れるたびに噴出してくるわけで、自然にはかなわないということを、ここでも実感せざるをえない。
国際統合失調症コンビは周囲の人たちと協調し、
自分が何をやるべきか適確に判断して、実にてきぱきと働いていた。
精神疾患の人はある種のことはできないかもしれないが、ある種のことは
ちゃんとできるのだということを改めて確信した。
もともと真面目で気遣いがあるタイプだから、環境さえ整えれば仕事に向いているのだ。
作業は2時間足らずで終了。
残念ながら(?)、浦安市の被災地は状況改善のため、市外からのボランティア受け入れはもうおしまいだという。
「また他のところでボランティアをしたい」と二人とも強く訴えるので、
今後もわれわれボランティア特殊部隊は活動を続けることになりそうだ。
       ☆        ☆        ☆
浦安の作業が終わると同時に西葛西に移動し、今度は在日インド人の元締め的存在である
チャンドラニ氏に取材。
西葛西には今2300人ものインド人が住んでいるが、
ほとんどが外資(インドもしくは欧米)のIT企業会社員であり、会社から「国外退去」の指令を受けているため、9割が帰国してしまっているという。
1978年から西葛西に住んでいるチャンドラニさんはもちろん居続け、
被災したインド・ネパール系の人たちにも尽くしているようだ。
在日インド人の歴史の話もめちゃくちゃおもしろく、
ITの人たちが戻ってきたら、ぜひ取材して、「移民の宴」に書きたい。
      ☆       ☆       ☆

私のマラソン本のテレビ登場は「よりによってこんなときに」だったが、
それを上回る本が届いた。
宮田珠己の新刊『ジェットコースターにもほどがある』(集英社文庫)
東日本全体がエンドレスのジェットコースターとなり、絶叫マシン化しているこんなときに
よりにもよって…と思いつつ、ページをめくるとすぐに爆笑。
こんなときこそタマキングを読んで明るく笑いたい。

関連記事

no image

新年あけましておめでとうございます

昨年の出版界は、一般社会に輪をかけた未曾有の大不況だったようである。 その影響は直接間接に私のところ

記事を読む

no image

漂流するトルコ

小島剛一『漂流するトルコ』(旅行人)をついに読んだ。 もともとは私が小島先生に「(名著『トルコもう

記事を読む

no image

バングラ飲酒紀行

年末の締切りが一段落した。 問題の「生き方本」のほか、 Gダイアリー掲載の「ソマリランド2」、それに

記事を読む

no image

『ルポ アフリカ資源大国』 

ソマリアに行ったことのある日本人ジャーナリストはいないかと調べてみたら、 毎日新聞のアフリカ特派員だ

記事を読む

no image

私の目は節穴

前からうすうす気づいていたことだが、この度私の目が節穴だということが判明した。 なぜなら茂木大輔『

記事を読む

電話不携帯のやめられない快適さ

 帰国して拝受した本、第3弾。  『忘れられない一冊の本』週刊朝日編集部(朝日文庫)。作家や映

記事を読む

no image

記憶がないからどうにも

1年に1度くらいのペースで、自分に「映画ブーム」が来る。 今年はなぜか今がそう。 昨日、伊坂幸太郎の

記事を読む

no image

「旅行人」最終号

「旅行人」の最終号が届いた。 長く続いた旅の雑誌も165号で幕を閉じることになったらしい。 この最

記事を読む

no image

ほんとうに極限捜査

一週間くらい前、「あまりに重過ぎて飽きた」といった オレン・スタインハウアーの『極限捜査』(文春文

記事を読む

no image

Arrived at Amman

sakki yorudan no anman ni tsuita. shiria no damasu

記事を読む

Comment

  1. soleil より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.4 (KHTML, like Gecko) Chrome/4.0.237.0 Safari/532.4
    初めまして。
    今、カンボジアのとあるとこに居ます。
    その町のゲストハウスに、高野さんの本がおいてあり読ませていただきました。
    「幻獣ムベンベを追え」です。面白かったです。
    地震、恐ろしいですね。
    地震が起こったときはすでに日本を発っていたので経験しませんでしたが、インターネットのニュースで見る限り、悲惨なのがすぐ分かります。
    こんなときこそ、笑っていたいですよね!

  2. shanti より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.2.15) Gecko/20110303 Firefox/3.6.15 ( .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C)
    ミャンマーのシャン州でも地震がありましたよ!

  3. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.16 (KHTML, like Gecko) Chrome/10.0.648.151 Safari/534.16
    タチレック(タイ側はメーサイ)とチェントゥン(チャイントン)の間あたりが震源地みたいですね。
    バンコクやヤンゴンでも揺れたというから、相当に大きい地震だったでしょう。
    向こうの建物は耐震構造とかないですからね…。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年6月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑