*

マイク・ノックがFMWを旗揚げ?!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


お知らせが遅くなってしまったが、私の義兄マイク・ノックのニュー・アルバムがただいま日本でも発売されている。
マイク・ノック・トリオ・プラス「ヒアー・アンド・ノウ」。
いつも感心することだが、マイクはオーストラリア・ジャズ界の大御所で
文字通り「殿堂入り」しているのに、決して守りに入らない。
いつも新しいものにチャレンジしている。その姿勢がすごく好きだ。
今回はいつもよりじっくり作り込む方法を試してみたといい、
曲はわりとメロディアスなものが多い。
マイク・ノック入門向けにはとてもよい一枚だと思う。
タワー・レコードではよく売れているそうだ。
ちなみに、現在マイクは妻(私の義姉)とともにFWMという新団体(レーベル)を旗揚げしているが、
プロレス好きの義姉はよく「FMW」と間違えている。
詳しくは以下をご覧下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マイク・ノック・トリオ・プラス ’ ヒアー・アンド・ノウ ‘
MIKE NOCK TRIO PLUS ‘HEAR AND KNOW’ (FWM 002)
‘ヒアー・アンド・ノウ・・・・・もっと耳を澄ませて聞けばもっと音楽が聞こえてくる、もっと音楽がわかってくる。’
本CDは、昨年末オーストラリアでのリリース直後から好評を博し、
豪州全国紙「ジ・オーストラリアン」とオーストラリア放送協会(ABC) 刊・総合音楽誌「ライムライト」でそれぞれ五つ星の評価を獲得。
日本でもジャズ専門サイト JAZZ TOKYO を始め、すでに専門家に注目されている作品です。
本CDの日豪内外での評価、また3月末より日本でも入手可能になったことについては、東京のオーストラリア大使館からも注目を頂き、
今月の情報として大使館のウェブ・ニュースレターに日本語英語でそれぞれアップロードされています。
どうぞごらんください。
春。新しい旅立ちの季節にこの一枚と。よろしくお願い致します。
マイク・ノック+ 高橋ゆり
www.mikenock.com
FWM Records

関連記事

タイ北部最大の市場…なんてあったのか

全然知らなかったが、チェンマイ郊外にタイ北部最大の市場(七日市)があり、 友だちに連れて行って

記事を読む

no image

世界はまだまだ広く、日本人にもスゴイ人たちがいる

まずはお詫びから。 『謎の独立国家ソマリランド』で2ヵ所誤りが見つかった。 正確に言えば、知

記事を読む

no image

韓国で高野本バブル?

韓国での翻訳出版の話だが、すでに刊行された『ワセダ三畳青春記』、 それから出版が決定している『幻獣ム

記事を読む

no image

NHKの仕事でまたミャンマー

(撮影:森清、『西南シルクロードは密林に消える』より) ※こんな映像が撮れればいいのだが…    

記事を読む

no image

「野々村荘」にほんとに復帰

ワセダの「野々村荘」(仮名です、念のため)の部屋が空き、 ちゃぶ台をもって初めて行ってみた。 アパー

記事を読む

no image

八丈島での発見

一週間、八丈島に行っていた。 浜辺のキャンプ場にテントを張ったが、なにしろ起伏に富んだ地形なので徒歩

記事を読む

no image

ソマリ人とイスラエル人

火曜日、ずっと前からコンタクトをとろうとしていたソマリ人の人からメールが来て、 「今日の夕方4時に北

記事を読む

no image

イラクからブータンの週末

土曜日、新宿二丁目の「タイニイアリス」という小劇場に、イラクの劇団「ムスタヒール」を見に行く。 テー

記事を読む

no image

アフガンのケシ栽培の謎(2)

 アフガンのケシはなぜそんなに大きい実がなり、ミャンマーの4倍ものアヘンがとれるのか?  一つには

記事を読む

no image

万歳!文芸の東スポ

おととい届いた「本の雑誌」今月号の特集は 「読んでない本大会」。 メインは書評家三人が自分の詠んで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年12月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑