*

加点法の傑作「ジェノサイド」

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


ソマリ旅行中、なにしろ一人だけで話し相手もいないから、
iPhoneでツイッターをよく見ていた。
私がフォローしているのは、ほぼニュースか書籍関係のみで、
ベストセラーの名前は繰り返し伝えられ、「殺人鬼フジコの衝動」とか「めしばな刑事タチバナ」とか「ぬるい毒」「下町ロケット」「マザーズ」などは、もう読んでしまった気がするほど、何度も「絶賛感想」を読んだ。
(主に出版社の編集者と書店員のツイートだから、基本的にネガティブな感想は出てこない)
高野和明「ジェノサイド」もその一つ。
和明さんの著作は「13階段」「グレイヴディッガー」「幽霊人命救助隊」を読んだことがある。
「クレイヴディッガー」は凝り過ぎ、「幽霊〜」はファンタジーを苦手とする私には不向きだったが、「13階段」はすごく面白かった記憶がある。
その後も、なにしろ名前が同じ「高野」で、下の名前も「秀行」と「和明」というように字面が妙に似ているから気になっていた。
読者にときどき同一人物と思われたり、あるいは勘違いされたり、また文庫の棚も隣なので、よく和明さんの本と私の本がまぜこぜになっていたりする。
で、私もよく知っている丸善ラゾーナ川崎店の沢田さんや書評ライターの瀧井さんも大絶賛している「ジェノサイド」を読んでみた。
冒頭から一気に引き込まれ、仕事もとてもじゃないが手に着かず、
せっかく時差ぼけが直って眠れるようになったのに、また夜も眠れなくなり、本書を読み続け、結局今朝、読み終えた。
いやあ、すごい。
近年、日本作家の小説でこれほどのスケール感と厚みをもった物語は稀だろう。
あくまで私が読んだ中でだが、同じレベルの小説と言えば、貴志祐介「新世界より」伊藤計劃「虐殺器官」くらいじゃないか。
実はこの本には腑に落ちない点が多々ある。
明らかに「おかしい」と思う箇所もある。
あるのだけど、読んでいるとコンゴ川の濁流に飲み込まれたように、一気に押し流されてしまい、最後まで行ってしまう。
こういう本は減点法で考えてはいけない。加点法で行きたい。
とくに私が個人的にやられてしまったのは、主要舞台の一つがコンゴ(旧ザイール)東部だったこと。
まだ学生の頃、私は「NHKスペシャル」から「ピグミーの番組を作りたいからリサーチしてきてほしい」と頼まれ、一人で1ヶ月くらいその辺をうろうろしていた。
当時はのんびりした穏やかな場所で、私はピグミーのキャンプからキャンプへとジャングルの中を歩いて訪ね、どのキャンプが撮影に適しているか、伝統文化はどれくらい残っているかなどを調べていた。
ところが、その後、1994年、隣接したルワンダでの大虐殺をきっかけに、
この土地は文字通り「地獄」と化してしまった。
その地獄の一端を目撃してしまったばかりに、逮捕→脱獄→南アフリカへの大逃走をするはめになった私の友人の話は「メモリークエスト」に詳しく記したとおりである。
本書ではその土地の現状が小説の形でひじょうにリアルに描写されている。
なんせ、自分でよく知っている場所だけに、情景がありありと目に浮かび、恐ろしいことこのうえない。
後半、「新生物」の知能について私は大いに疑問をもち、読後もずっと反論材料を考えつづけているが、逆にいうと、それだけ読者に知的な好奇心を呼び起こしているわけだから
やっぱり優れた小説だろう。
ミステリなので、内容をここに書けないのが残念だ。
誰か、もう読んだ人と酒を飲みながら「あそこはよかった」「あれはちがうよね」などと
徹底的に話し合いたい気持ちでいっぱいである。

関連記事

no image

またプロレスの話ですが

三沢光晴の一件について長らく考えていたが、結局「三沢は死んでいない」という結論に達した。 「彼は俺

記事を読む

no image

謎の音楽家or神秘思想の徒バウル

ソマリランド本の仕事から解放されてからは、本が思うように読めてとても嬉しい。 先週も面白い本を

記事を読む

no image

シンプルノットローファー

この前読んだ衿沢世衣子『ちづかマップ』が面白かったので、 ひきつづき同じ著者の『シンプルノットロー

記事を読む

no image

危険の意味

『アフリカにょろり旅』(講談社文庫)の著者、青山潤氏(東大特命準教授)と対談。 一年のうち3,4ヶ月

記事を読む

no image

エンタメノンフ居酒屋合宿

エンタメノンフ文藝部、第2回の部活は千葉合宿。 豚を飼うため、エエ市(仮名)に期間限定で移住したウ

記事を読む

no image

イスタンブール無事到着

昨夜8時ごろ、ようやくイスタンブールに到着した。 東京の自宅を出て、36時間後のことだ。 なんでも一

記事を読む

no image

アスクル予約開始

いつの間にか、『放っておいても明日は来る』(本の雑誌社、通称「アスクル」)が アマゾンで予約がはじ

記事を読む

no image

超能力者の支配する世界

貴志祐介のSF巨編『新世界より』(上・下 講談社)を読む。 SFを読んだのは久しぶりだが、面白かっ

記事を読む

no image

シリア入国

昨日、トルコのユーフラテスから離れて、 シリア領に入った。 エンギンともお別れ。 彼は私の『怪獣記』

記事を読む

no image

新刊の表紙はマダム・ヤン

6月26日に発売される新刊『アジア新聞屋台村』(集英社)の見本が届いた。 「マダム・ヤン」みたいな女

記事を読む

Comment

  1. negi より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/5.0)
    >後半、「新生物」の知能について私は大いに疑問をもち
    あー私もです!
    コミュニケーションがスムースなのが知能とかの設定とちぐはぐな気が。
    でも凄く面白かったですね〜
    コンゴ奥地の描写は本当に怖かったですわ。
    「カシム・ザ・ドリーム チャンピオンになった少年兵」という映画を思い出しました。
    いやー、本当に高野さんや読んだ人と飲みながら語り合いたいです!

  2. uh より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    アマゾンのレビューを読んだら、「朝鮮人虐殺や南京大虐殺などという事実と異なる日教組的歴史観に言及する必要はないので残念な作品だ」などと参詣新聞的自慰的歴史観に振り回されたレビューだらけ。多分こういう人たちは本を読むのに向いてない頭の構造なんでしょうね。日本人向けに書かれたからそういう作りになったっていうだけの話なのに。

  3. かじゅ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; GTB7.1; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; BRI/2)
    私は恥ずかしながら、最近になって高野秀行先生の本を知りました。当然、立て続けに読んでおります。今は「西南シルクロードは密林に消える」を読んでいます。5冊目でハズレなし!
    で、周囲に「高野と言えば?」「あ、ジェノサイドね和明でしょ」と言われ
    「違う違う、高野と言えば秀行!ぜったいオモシロいから読んで!」と布教してます。悪いけど比較になりません。
    健康に気をつけて、これからも命を落とさないで投獄されないで、面白い本を書いてください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑