*

2011年のベスト本はもう決まった!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


数日前、増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(新潮社)を読了した。
これほど面白くて読み応えのある本にはめったにお目にかかれない。
いまや年配の人と格闘技ファン以外には知られていない柔道家・木村政彦の評伝だ。
私は格闘技ファンだから、当然、木村政彦が力道山と「昭和の巌流島」と呼ばれる一騎打ちを行い、「引き分け」という設定を途中で破った力道山に滅多打ちにされ、表舞台から永遠に去ったということくらいは知っていた。
でも、木村が、後の山下泰裕なども比べものにならないほど強かった、柔道史上最強の男であったこと(戦争がなければ全日本選手権を20連覇していたも不思議ではなかったらしい)、実は力道山より先にアメリカでプロレスを始めていたことなどは知らなかった。
また木村政彦が戦後、ブラジルに渡り、グレイシー柔術の祖・エリオ・グレイシーと戦って勝ったことは知っていたが、その一戦がブラジル人と日系人のナショナリズムをかけた
「昭和の巌流島・ブラジル篇」ともいえる歴史的事件だったことは知らなかった。
木村政彦についてだけではない。
本書では「柔道」の知られざる歴史についてもこれでもかというほど書いていて、
それが知らないことばかりで本当に驚かされる。
例えば;
・柔術を「柔道」と名称変更したのは加納治五郎のオリジナルではない。
・加納治五郎は柔道のスポーツ化を憂えていて、死ぬまで試合に当て身の導入を考えつづけていた。
・戦前は講道館のほかに、「武専」と「高専柔術」という2つの大き流れがあったが、
後者2つは戦争のために消滅、戦後を制した講道館のために存在を抹殺された。
・非講道館で古流柔術系もしくは講道館だが(政治的に)非主流派だった人たちが
どんどん海外に出て、柔術や柔道を普及させていた。
・サンボは柔道の関節技を発展させたもの。
などなど。
そして、それ以外にも;
・力道山と大山倍達はともにアメリカで「エンターテイメント」を学び、
日本におけるプロレスと空手の大衆化に成功した。
・昭和五十年代、日本の地方都市で裏社会による賭けを目的とした「何でもあり」の格闘技大会が催され、そのチャンピオンは木村政彦の愛弟子だった。
…とこれだけでもすごいのだが、しかしこれだけでは本書の魅力は全然伝わっていない。
本書は明治維新、満州事変、太平洋戦争、戦後のGHQ政策、戦後社会の形成を「柔道」という視点から鋭く捉えた日本近現代史の名著であり、「巨人の星」の世界をもっと過激に歩む師弟たちによる超・劇画の熱血物語であり、究極的には「勝負とは何か」「生きるとはどういうことか」をつきつめていく哲学書でもある。
ノンフィクションとしても、文章はひじょうに読みやすく、しかし「隙」や「無駄」が全くなく、圧倒的な「強さ」で迫ってくる。
本そのものが、木村政彦のようである。
2011年はまだあと3ヶ月近くあるけれど、私の中では本書が今年のベスト本に決定だ。

関連記事

no image

2011年個人的ベストテン発表!

2011年はあんまり本が読めなかった。 1月に犬が死んで一時的にペット・ロスになり、それがやっと少し

記事を読む

no image

新年あけましておめでとうございます

昨年の出版界は、一般社会に輪をかけた未曾有の大不況だったようである。 その影響は直接間接に私のところ

記事を読む

no image

今、モガディショです

今、ソマリアの首都モガディショにいる。 昨年8月と比べると、格段に街が明るく、陽気な雰囲気に包まれて

記事を読む

no image

ソマリランド飲酒紀行

昨日発売の週刊SPA!で私の「イスラム飲酒紀行 最終回」が掲載された。 最終回はソマリランド。 ソマ

記事を読む

no image

熟成

「クロワッサン」という雑誌が届いた。 『放っておいても明日は来る』(本の雑誌社)で著者インタビュー

記事を読む

no image

豚に真珠とはこのことか

昨年亡くなった義母の命日なので (そして一昨年亡くなった義父の命日にも近いので)、 義姉とその夫であ

記事を読む

no image

あの素晴らしい旅行記をもう一度

なんとなく小島剛一著『トルコのもう一つの顔』(中公新書)を再読したが、 あらためて素晴らしい本だ。

記事を読む

no image

形見の銃弾

 義父が昨年1月、義母が今月と、相次いで亡くなったため、 妻の実家は遺品の山である。  なにしろ8

記事を読む

no image

ソマリ人とイスラエル人

火曜日、ずっと前からコンタクトをとろうとしていたソマリ人の人からメールが来て、 「今日の夕方4時に北

記事を読む

no image

可哀想なレビュアーの話

角田光代の『紙の月』(角川春樹事務所)を読んでから、アマゾンのレビューを見た。 「駄作です」という

記事を読む

Comment

  1. 高橋 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)
    面白そうですね。読んでみます。あの試合は、力道山が最初から八百長のふりをして、たたきのめすつもりだった、という説があります。木村は生涯、あの試合については語らなかった、ともいわれています。木村の側からの、力道山への視点、楽しみです。それに戦後史が重なっているなら、なおさら・・・。敗戦で打ちひしがれた日本人に、勇気と希望を与えてくれた人物として、学問の世界では湯川秀樹、スポーツの世界では古橋広之進が取り上げられます。でも、戦後、日本人を一番元気づけたのは、力道山じゃないかな。これは私見です。

  2. コウ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; MALN; Sleipnir/2.9.8)
    滅多に出ないような名著ですよね。すばらしいレビューです。

  3. 旧 井上 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; GTB7.1; EasyBits GO v1.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; eSobiSubscriber 2.0.4.16; .NET4.0C)
    こんばんは〜
    高野君と同じ中学校の園児(これなら思い出すかな・・)です。
    元気で活躍してるようですね。
    この前 たまたまFMを聞いていたらゲストに高野秀行さんといったので
     え? 高野君かなーーーって聞いてました。用事があったので最初の
    少しの時間しか聞くことできなかったのですが すごーーーい!!って
    感動しちゃいましたぁ〜
    じっくり ゆっくり 読んでみますね〜〜♪♪

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.1 (KHTML, like Gecko) Chrome/14.0.835.202 Safari/535.1
    園児!
    いや、どうもごぶさたで。
    この前、カツから電話があって、今月末に八王子で飲もうって言ってたよ。
    できれば、そのときに会いましょう。
    (一般読者の方、私用通信になってしまい、すみません!)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : そんな高野秀行さんが明晩、「荻上チキセッション22」に登場。お相手は同じ早大探検部の角幡雄介さん。角幡さんはかつて『中動態の世界』を熱く書評してくださいました。ケアひらは探検によく似合う? 「探検家は辺境の地で何を見るのか~新型コロナウイルス… ReplyRetweetFavorite
    • ちょっと私の「間違う力」に似てるんですよねえ。 https://t.co/gjnkBOV8dZ ReplyRetweetFavorite
    • 『やってくる』についてツイートしたら、友だちから「あれ、意味がよくわからないけど面白いよな!」と連絡が来て、1時間以上も電話で喋ってしまいました。いろんな人のところにやってきてるみたいです笑 https://t.co/aQDAxRidt7 ReplyRetweetFavorite
    • 奥村さんやザイール人ミュージシャンの生き方や音楽は「やってくる」で言われていることに近いような気がしてならない。少なくとも同時並行で読んでもいっこうに違和感がなかった。 https://t.co/67hq52qI9Z ReplyRetweetFavorite
    • 正直言って著者が語ることは半分以上わからないのだが、それでも面白くてちょっと笑ってしまう感じは、かつてオートポイエーシスを読んだときの感覚に似ている。今生きている世界の前提を地面から丸ごとひっくり返しにかかるような感覚。 https://t.co/SnNzOfUfLs ReplyRetweetFavorite
    • もう一冊は郡司ペギオ幸夫著『やってくる』(シリーズ ケアをひらく 医学書院)。帯のあおり文句が強烈で「これを買わずして何を買う」という気持ちになって買ってしまったが、読んでみたら想像したものとは全然ちがったのにすごく面白かった。そもそも何を期待していたのかも忘れてしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • 著者の奥村さんの行動原理には外部からの「こうあるべき」みたいな規範が一切ないのがたまらなく痛快。それに、アフリカでもっともハチャメチャ(てことは世界でも)なザイール(コンゴ)人の建前や時間感覚や自分と他人の区別など全てが溶解してい… https://t.co/JdvQPjdCFq ReplyRetweetFavorite
  • 2020年8月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑