*

ロスト・シティZ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


最近、突然読書量が増えたのは、仕事のあとや合間でなく、
始まる前に机に向かって本を読むようになったから。
仕事を始めたくないという一心で読書が進んでしまうのだ。
というわけで、今日はデイヴィッド・グラン『ロスト・シティZ』(NHK出版)を読んだ。
一言でいえば、本の雑誌8月号の書評で宮田部長もとりあげていた「アマゾン文明」にとりつかれた探検家パーシー・ハリソン・フォーセットの話だ。
帯の言葉「探検史上最大の謎を追え」にやられてしまった。
こういう本を読むのもいいが、やっぱり書いてみたい。
     ☆        ☆        ☆
沖縄の友人で「アスクル」にも登場してもらった映画プロデューサーの井手祐一君が
11月公開の沖縄映画「ヤギの冒険」を撮った中学生監督・中村颯悟君と一緒にうちに来て泊まっている。
毎日、トークイベントやテレビの収録に出かけており、
まだ映画が公開されてもいないのに、もうプレゼントをもらったりサインや記念写真をせがまれているらしい。
http://news.livedoor.com/article/detail/4848521/
なかなかイケメンで、頭もよい彼は、今うちの居間で、
もう次回作の相談をプロデューサーとしている。
これから高校受験を控えているというのに。
こんな人材をマスコミが放っておくわけがなく、ブレイクは時間の問題だ。
卓球の福原愛やゴルフの石川遼、野球の斉藤祐樹といった人たちと
似たような道をたどることになるのかもしれない。
ちょっと気の毒に思うが、余計なお世話か。

関連記事

9月30日ドキュメント受賞式

朝6時起床。7キロ、ジョギング。 朝飯でついうっかりビールを飲んでしまう。 パソコンがネット

記事を読む

no image

野菜を洗剤であらう

忘れていたことをまたいくつか。 昨日(水曜日)、毎日新聞夕刊の「新・幸福論」という欄で私のインタビュ

記事を読む

no image

Arrived at Amman

sakki yorudan no anman ni tsuita. shiria no damasu

記事を読む

no image

書店泥酔野宿

土曜の午後4時過ぎ、ちょっと用事があって、近所の友人宅に行ったところ、 ビールを出してもらい、すぐ帰

記事を読む

no image

アジア未知動物紀行

朝日新聞の読書欄で『メモリークエスト』の書評が出た。 「スーパー小学生」なんて言葉が丸山眞男とダライ

記事を読む

no image

ダーティな本気はピュアなのか

斉藤一九馬『歓喜の歌は響くのか 永大産業サッカー部 総武3年目の天皇杯決勝』(角川文庫)を読んだ。

記事を読む

no image

フリーランスの志士

家に攘夷モノがないか探してみたら、藤沢周平『回天の門』(文春文庫)に気づいた。 千葉道場きっての剣

記事を読む

no image

インド入国(たぶん)OK!

ほぼ三週間ぶりの更新だ。 ずいぶんといろいろなことがあった。 なかでも特筆することが二つある。両方と

記事を読む

no image

『メモリークエスト』本日発売

まずはお知らせ。 『メモリークエスト』(幻冬舎文庫)、いよいよ本日発売です。 アマゾンや地方では明

記事を読む

no image

犬と辺境旅をしてみたい

最近頭がぼやあっとして、ここに書いたかどうかも憶えていないのだが、 7月1日に行う旅の本屋のまどでの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年9月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑