*

ロスト・シティZ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


最近、突然読書量が増えたのは、仕事のあとや合間でなく、
始まる前に机に向かって本を読むようになったから。
仕事を始めたくないという一心で読書が進んでしまうのだ。
というわけで、今日はデイヴィッド・グラン『ロスト・シティZ』(NHK出版)を読んだ。
一言でいえば、本の雑誌8月号の書評で宮田部長もとりあげていた「アマゾン文明」にとりつかれた探検家パーシー・ハリソン・フォーセットの話だ。
帯の言葉「探検史上最大の謎を追え」にやられてしまった。
こういう本を読むのもいいが、やっぱり書いてみたい。
     ☆        ☆        ☆
沖縄の友人で「アスクル」にも登場してもらった映画プロデューサーの井手祐一君が
11月公開の沖縄映画「ヤギの冒険」を撮った中学生監督・中村颯悟君と一緒にうちに来て泊まっている。
毎日、トークイベントやテレビの収録に出かけており、
まだ映画が公開されてもいないのに、もうプレゼントをもらったりサインや記念写真をせがまれているらしい。
http://news.livedoor.com/article/detail/4848521/
なかなかイケメンで、頭もよい彼は、今うちの居間で、
もう次回作の相談をプロデューサーとしている。
これから高校受験を控えているというのに。
こんな人材をマスコミが放っておくわけがなく、ブレイクは時間の問題だ。
卓球の福原愛やゴルフの石川遼、野球の斉藤祐樹といった人たちと
似たような道をたどることになるのかもしれない。
ちょっと気の毒に思うが、余計なお世話か。

関連記事

no image

ミスター珍じゃないだろ!

今月の20日ごろ発売になる「怪しいシンドバッド」(集英社文庫)の見本が届いた。 表紙のイラストは、ア

記事を読む

no image

離島に電子書籍を!

最近は中東・アフリカのイスラム圏に行き、取材して原稿を書くことが多い。 そういうとき、ネットは便利だ

記事を読む

no image

もう一人の「高野秀行」と飲む

ついに夢の同姓同名対談(といってもただの飲み会だが)が実現した。 相手は将棋の棋士・高野秀行五段。

記事を読む

no image

「移民の宴」ソマリ篇?

長生きはするものである。 かつてレトルトカレーを「めんどくさい」という理由で温めずに食っていた

記事を読む

no image

2010年小説ベストテン

恒例(だったっけ?)の年間枚ベストテンを発表したい。 私が今年読んだ本だから、出版年はバラバラだ。

記事を読む

no image

ぐにゃぐにゃ

「未確認思考物隊」の第9回「都市伝説」と「超能力」の収録に出る。 「魔法使いアキット」さんという、名

記事を読む

no image

アフリカの奇跡!?(1)

 先日刊行した『異国トーキョー漂流記』に関して、奇遇としか言いようのない出来事があった。  本書では

記事を読む

no image

え、「謎と真実」?!

学研「ムー」別冊の、こんなムックでインタビューを受けてます。 なんだか、とても懐かしい気持ちになれる

記事を読む

no image

8年ぶりにアフリカ大陸

 セイシェルの取材を終え、次は旧ユーゴスラビアのセルビアに行くはずが、 急に気が変わって南アフリカ

記事を読む

no image

NHKに出演して仰天

金曜日、NHK-BS1の「ほっと@アジア」という番組に出演した。 テーマは「UMA(未確認動物

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年6月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑