*

最近の私の動向はこれだ!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

最近、人に「今、何やってるの?」と言われることが多い。
たしかに、最近の私の動向は、自分でもわけがわからなくなるくらい、とりとめがない。
しかも、ふと思い出したのだが、その昔、私には「オフィシャル・サイト」なるものがあった。
今開いて見たら、著作は4年前の「怪獣記」の単行本で止まっているし、
スケジュールやメディアへの登場なども懐かしの世界である。
本来はそこで告知をしていくはずだったのだ。
が、いかんせん私には秘書もマネージャーもおらず、
自分でそんなことやる暇があったら、酒でも飲みながら本を読みたいので
放置してしまった。
当分私が秘書を雇える日は来ないと思うし、たまにはこのブログを使って、私の動向を
探ってみよう。
<現在、連載中>
・月刊「小説すばる」(集英社)にて、ブータンの不思議話を追った「異次元国家ブータン」
・月刊「青春と読書」(集英社)にて、少年小説「ヒーロー参上!」
・月刊「おとなの週末」(講談社)にて、在日外国人の食生活のルポ「移民の宴」
・「月刊日本語」(アルク)にて、言語エッセイ「外国語に泣き、日本語に笑う」
<9月から10月にかけて受けたインタビュー>
・「Number Do」(文藝春秋)でサハラマラソンについて→発売中
・「クロワッサン」(マガジンハウス)で『イスラム飲酒紀行』について(これから発売)
・「愛媛新聞」で、ミャンマー政府軍兵士に殺害された長井健司さんについて(9月に掲載)
<テレビ、ラジオ、トークイベント>
9月21日 22日 宮城と福島にて高校講演会
10月1日 FM NACK5「おとこラジオ」出演
10月28日 NHK-BS 「エル・ムンド」出演
11月2日 8:30 TOKYO FM [BLUE OCEAN」出演
11月5日 大竹聡氏と新宿ジュンク堂にてトークイベント
11月26日 青山学院大学にて講演会
<ソマリ語国際放送・東京支局の活動>
・日本の中古車のアフリカ輸出について取材
・ソマリの海賊(被疑者)が東京地裁で裁判を受けているので、その取材
以上。
無論、この他に「辺境中毒!」(集英社文庫)の刊行とか、イベントや出演の打ち合わせや、取材したりされたりとか、
酒を飲んだり飲まれたりとか、二日酔いだとか三日酔いだろかいろいろある。
おお、なんだか多忙を極めているみたいだ。
ていうか、結局「俺は忙しいんだ」というのをアピールしたくて、ブログにこんなことを書いた気がする。
まあ、そんなわけで、みなさんんおご理解とお許しをお願いするばかりであります。

関連記事

グラスワイン100円!! 超激安隠れ家アフリカレストラン「GOMASABA(ゴマサバ)」

以前、知り合った在日アフリカ人の二人が元浅草にレストランをオープンしたというので、 先週、『移

記事を読む

no image

どこまで行くのか、韓国

またしても竹島問題で関係が急速に悪化している日本と韓国だが、 私の本はゴンゴン出版されつづけている。

記事を読む

no image

SPA!イスラム飲酒紀行はまだやってます

ときどき「SPA!のイスラム飲酒紀行は連載中止になったんですか?」と聞かれる。 パキスタン篇を2週連

記事を読む

no image

多忙な土曜日

「本の雑誌」2月号届く。 私も「レフリー・ジョー高野」として参加したプロレス本座談会は、 なかなか

記事を読む

2014年のベスト本はもう決まった!!

昨年、あれだけ「小説がダメだった」とぼやいていたのが天に聞こえたのだろうか。 今年最初に読

記事を読む

no image

2月から3月はブータン

1月にソマリランドを再訪する予定だったが、 諸事情により延期し、 かわりに2月10日頃から約1ヵ月、

記事を読む

no image

スイスのFWはコンゴ人

昨日、本の雑誌の杉江さんとスーダンのアブディンと打ち合わせをし、 寿司好きのアブが、寿司アレルギーの

記事を読む

no image

スリランカ人しかいない焼肉屋

探検部の後輩たち数人と渋谷のラブホ街の真ん中にある焼肉屋に行く。 裏情報誌「裏モノジャパン」の編集長

記事を読む

no image

ゾウ本、着々と

本の雑誌社の杉江さんと打ち合わせ。 ゾウ本(「辺境の旅はゾウにかぎる」)の製作が着々と進んでいる。

記事を読む

no image

もう一人の「高野秀行」と飲む

ついに夢の同姓同名対談(といってもただの飲み会だが)が実現した。 相手は将棋の棋士・高野秀行五段。

記事を読む

Comment

  1. サカモト より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_6_8) AppleWebKit/534.51.22 (KHTML, like Gecko) Version/5.1.1 Safari/534.51.22
    すっかりご無沙汰しております。先週美容院で受け取った「おとなの週末」に高野さんのルポが載っていました。面白かった〜!

  2. バロッテリ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; OfficeLiveConnector.1.3; OfficeLivePatch.0.0; MALC)
    石井光太との対談が見たいです!

  3. UEHARA より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; GTB7.1; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; YTB730)
    『イスラム飲酒紀行』について(これから発売)ではなく、
    「発売中!」です。では? まだ購読してなくすみません。

  4. OT より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; GTB7.1; EasyBits GO v1.0; .NET CLR 1.1.4322; YJSG3)
     集英社文庫で11月1日に出た『シャンタラム』は、
    『明日クル』の高野さんのインド奮闘記を思わせます。
     なんかオーストラリアの脱獄囚で、ボンベイに逃げて、
    スラムで無料・無資格診療所を開いて、それからマフィア
    になって、アフガン戦争に従軍した元逃亡犯の作家の
    自伝的な小説です。←よく解らない人です。
     インドの医療品のブラックマーケットがハンセン病の
    患者さんたちのネットワークで出来ているとか
    (ダコイトや反政府組織への抗生物質の供給に政府が
    眼を光らせているので、社会の埒外にいる人たちから
    買うのが安全だとか…)
     眼から鱗の話が満載でした。
     お勧めいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 東京・銀座にあった、木彫の猫たちの楽園。毛の質感や体の柔軟さまでが表現されていて、ちょっとびっくり。三重県北部いなべ市の古民家在住のアーティスト、はしもとみおさんの作品展。中央通りに面した田中貴金属本店6階ホールにて。 https://t.co… ReplyRetweetFavorite
    • らしいとか、女優が映画館で前の座席に足を投げ出して観ているんだけど、その足裏が汚いとか、ブラピが銃のホルスターに缶ビールを2本指して屋根のアンテナ修理をするシーンが意味もなくカッコイイとか、夢中で喋ってしまった。二人の結論→「タランティーノは天才」。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画監督の友人に電話し「ワンスアポンナタイムインハリウッド(略称ワンハリ)」話で盛り上がる。ブラピがなぜかブルース・リーをカンフーでぶちのめすとか、スティーブ・マックイーンでなくディカプリオが主人公を演じている「大脱走」のシーンとか、ブラピが犬にあげる缶詰がネズミやアライグマの肉 ReplyRetweetFavorite
    • 納豆で言えば、マイルドに熟成された感じ。 ReplyRetweetFavorite
    • 以前のタランティーノ作品特有のインパクトは薄くて、でもいつまでも観ていたいという温泉的気分だった。 ReplyRetweetFavorite
    • タランティーノ監督の新作「ワンスアポンナタイムインハリウッド」を観た。最初の感想は、ブラピカッコいい、ディカプリオおもろい。 ReplyRetweetFavorite
    • このワンコ、私にも熱心に喋ってたなあ。 https://t.co/7P0eqU9oY8 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年9月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑