*

ソマリアの海賊裁判は面白い!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ほとんどの人が知らないと思うが、ソマリアの海賊が日本に来ている。
日本も国際協力の名の下に法整備を行い、海賊行為違反法みたいな法律を作り、
海賊の容疑者を受け入れたのだ。
普通ならもっと注目されただろうが、彼らが日本に到着したのは今年の3月11日。
つまり震災の当日だったわけで、まったく陽の目を見ずに現在に至っているらしい。
ソマリ語国際テレビ・東京支局を名乗ってながら、以上のようなことを先週まで知らずにいた私だったが、優秀なスタッフが調べてきてくれたおかげで、
そのうちの一人の裁判を見に東京地裁へ行った。
裁判を見ること自体初めて。
何もわからず右往左往しながらなんとか抽選にも当たり、
法廷に入ることができた。
私の関心の一つは被疑者にソマリ語の通訳がついているのか、いるとすれば誰かということだったが、なんのことはない、前回私と一緒にソマリ難民映像の通訳を行ったブルハンだった。
日本には現在、ソマリ人が推定4名しかいない。
早大に留学している兄妹、ソマリア暫定政権(TFG)の日本代表を兼ねているブルハン、
あとブルハンによればもう一人、会社勤めをしている人がいるという。
だから、通訳もそのうちの誰かがやるしかないのだ。
今、ここで書いていて気づいたが、海賊が4名来ていると言うから、
それを合わせると現在、8人か。
在日ソマリ人の半数が海賊というのもすごい。
もちろん、まだ裁判中なので海賊と決まったわけではない。
というか、海賊の容疑は立証が困難なことで国際的に知られている。
なにせ、現場には誰も済んでおらず、目撃者もいない。
銃をもって海賊行為を働いている現場を押さえられても、
「私はただの漁師ですが、海賊に脅されて無理矢理やらされました」とか
「海賊と知らずに雇われて連れてこられただけ」などと主張すれば、覆すのは大変に難しい。
莫大な経費と時間をかけ、なんとか有罪判決を与えたとしても、
先進国の刑務所など、ソマリの海賊にとっては大した苦痛でもない。
しかも3,4年で刑期が終わると、彼らはその国で難民申請をしてしまうのだ。
ソマリアに送り返すことも第三国に送ることもできず、たいていは申請を受け入れざるを得ないらしい。
これでは罰を与えているのか、恩恵をさずけているのかわからない。
だから、どこの国でも海賊裁判をいやがり、被疑者を押しつけ合っているのだ。
日本が四名受け入れたのは、被害にあった船が日本の商船三井の船であり、
「少しは国際協力しろ」という外圧からであろう。
この日、ちらっと見ただけでもむちゃくちゃ前途多難だ。
なんせ、この日は被疑者の年齢だけしか審議しなかった。
本人は取り調べのとき、「21歳」と言ったり「1991年生まれ」と言ったりしていたとか。
そしてこの日は「1991年12月22日生まれ」と証言した。
とすれば、今まだ19歳、犯行当時も当然未成年である。
てことは、地裁でなく家裁に送られ、仮に有罪になっても少年院に行く。
刑期(というのか知らないが)もずっと短くなるだろう。
てことで、未成年かどうかが審議されたのだが、
なにしろ身分証明書を持ってるはずもないし、誰も証明しようがない。
裁判官が「1991年12月22日生まれは、ソマリアでは何歳になるのですか?」と訊いたら、
被疑者のマハムード・モハメド・ジャーマは、
「ソマリアの伝統的な暦では雨季に基づいて計算する。でも雨季には2つある。
『グ』と『デイル』。どの雨季に基づくかで年齢は19歳から21歳まで変わるが、
自分の年がどれになるのかわからない」と主張。
そんなわけねーだろ!とたぶん、裁判官も検察も突っ込みたかっただろうが、
ソマリの暦など誰も知らないからわからない。
(今日、うちの支局のレポーターになったアブディラフマン(通称アブー)に訊いたら、
「そんなのデタラメだよ」と大笑いしていた。)
田舎に住むソマリ人は自分の正確な年齢など知らない人が少なくない。
だから、彼も本当に知らないのだろう。
で、急に正確な誕生日を思い出したのはなぜか、あえて私はつっこまないけど、
とにかく正誤どちらにしても立証する材料が何もない。
こういうときには本人の主張を受け入れるという法律があるそうで、
裁判は「公訴却下」となり、彼はめでたく家裁送りとなった。
これだけで一時間近くかかり、しかも裁判自体は何も進んでいない。
これが4人分あるというのだから、大した手間だ。
しっかし、このマフムード君が仮に有罪となり少年院に入ったとして、
あと、どうするのか。
身長185センチもあり、異国の法廷でも臆することなく、平然とデタラメを語るこのソマリ人が来たら、少年院でも相当にもてあますにちがいない。
ともあれ、私は2つの雨季の名前を覚えることができて、収穫であった。
今後もヘンテコな展開が期待され、大いに楽しみである。

関連記事

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。 ふつう、文庫化といえば、単

記事を読む

no image

イランにて思ふ

羽田発、関空経由でテヘラン直行のはずが、飛行機が遅れて乗り継ぎができず、 ドバイで一泊するはめになっ

記事を読む

no image

次にブレイクする作家

 今月8日発売の「本の雑誌」(7月号)に、久しぶりに私の名前が出た。  「次にブレイクする作家はこ

記事を読む

no image

エンタメノンフ的野球論

野村克也『あぁ、監督』(角川Oneテーマ21) 近年、二度目のブームを迎えている野村監督が ボヤ

記事を読む

学校や仕事に行くのが辛いとき、この映像を見よう

アブディンの『わが盲想』、やっと重版がかかった。 「すぐにドカーンと売れる」という私の皮算用か

記事を読む

no image

ブータンはチベットではない

日本で入手できる唯一のブータン映画ということで、 5000円近くも出して「ザ・カップ 夢のアンテナ

記事を読む

no image

在日外国人支援ボランティア

世界中の人たちに二十五年もお世話になりつづけている。 そろそろ何か恩返しをしなければと思い、 在日ア

記事を読む

no image

魔術的リアリズムのブラジルサッカー

アレックス・ベロス『フチボウ—美しきブラジルの蹴球』(ソニーマガジンズ)は 実に面白い本だった。

記事を読む

no image

どんびき芸、健在

付き合いのある新潮社の編集者Aさんより中島義道先生の新刊『女の好きな10の言葉』が届いた。 ぱらぱ

記事を読む

no image

相模原の秘境

取材で相模原の郊外へ行く。 畑の中にポツンとあるちっぽけな施設に、すごい人物がいた! ほんとうに凄い

記事を読む

Comment

  1. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    ソマリアの元海賊が少年院や刑務所に来たら確かに大迷惑でしょうね。多分近代刑法始まって以来の海賊収監ではないか?まず言葉の問題は大きいですね。

  2. スタッフの人 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:7.0.1) Gecko/20100101 Firefox/7.0.1
    コメント欄で報告することもないですが(笑)、
    昨日調べていたら、最初に未成年で家裁に送られた少年は、
    4月に家裁で「刑事処分が相当」ということで、検察に逆送されていました。
    記事を見落としていました。すいません。
    ということは、昨日の彼も逆送されて、再び裁判員裁判にかけられるのでは?と思っています。
    あと、昨日の裁判ですが、一応裁判員裁判で、裁判員がいない、初のケースだそうです。なにやらよくわかりませんが、珍しいものを見れた、ということで。

  3. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.1 (KHTML, like Gecko) Chrome/14.0.835.202 Safari/535.1
    そうだったのか…。
    司法とはややこしいものなのですね。
    次回は裁判員の人たちの戸惑いが楽しみです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • おお、とても持続可能と思えない飲み方をしてるのに持続して飲んでる大竹さん! ReplyRetweetFavorite
    • なお、今回の取材はたいへん疲れたので、持続可能な自分をめざすマイSDGs構想のため、6月は極力仕事をせず、本を読んだり映画を観たり酒を飲んだりして心身を休めるつもりです。 ReplyRetweetFavorite
    • イラク1ヶ月の取材を終え、無事帰国しました。現在は休載中となっている「イラク水滸伝」(オール讀物)の続きをいずれ再開するつもりです。お楽しみに〜 ReplyRetweetFavorite
    • 成田空港到着。例によって鬼のような細かい手続きに疲れるが、さまざまな国出身のスタッフが当たり前のように仕事をしているのが嬉しい。共通語は日本語で、その他、世界の主要言語に対応してる模様。私が理想とする「固有性を維持したまま世界に開かれた日本」が期せずして実現されている感じ。 ReplyRetweetFavorite
    • 飛行機に搭乗しようとしたら、「マスク持ってるか?」と訊かれ、「は?マスク?」と意味を計りかねたが、3秒くらいしてコロナ対策だ!と気づいた。国際線はまだコロナ世界なのだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 中東旅の締めくくり?に万城目学著「パーマネント神喜劇」(新潮文庫)を読む。折り目正しいコメディに砂だらけの心が洗われる思い。解説の津村記久子さんの言うとおり、おっさんの神様の語りが絶品。いつまでも読んでいたくなる。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 祝!集英社文庫創刊45周年‼︎ 僕にとって集英社文庫といえば椎名さんの『岳物語』と高野秀行さんの『ワセダ三畳青春記』かな。いつまでも読み継がれてほしい文庫です。 https://t.co/GB9uL2KG9c ReplyRetweetFavorite
  • 2022年5月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑