*

『アジア新聞屋台村』見本とどく

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


 『メモリークエスト』に気を奪われていてすっかり忘れていたが、
本日、『アジア新聞屋台村』(集英社文庫)の見本が届いた。
今週19日(木)ごろ発売である。
集英社文庫での記念すべき10冊目の本だ。
今頃思い出したが、2年半前、この『屋台村』の親本を読んだ幻冬舎の編集者二人が私に、
「何か『屋台村』みたいなテイストの小説を書いてほしい」と言ってきたのが発端だった。
「仕事力」も「人間力」もないが、「断る力」だけは勝間和代も驚くくらい発達している私は「NO」と即座に断った。
「その代わり、エンタメノンフでやりたいことがある」
そう言って切り出したのが「メモリークエスト」なのだった。
これまたすっかり忘れていたことだが、
『屋台村』のおかげで『メモリークエスト』が誕生したのだ。
「断る力」のほかに私が持っている強烈な力。
それは「忘却力」である。

関連記事

連投初戦で同志発見?!

先週の木曜日から月曜(昨日)まで、5日間で4回の飲み会。 しかもほぼ全てが深酒。 まるで昔の稲尾

記事を読む

no image

スポーツノンフィクションとしてのブラインドサッカー

ブラインドサッカーという競技がある。 目の見えない人たちがボールに入った鈴の音を頼りにフィールドを

記事を読む

no image

おすすめ文庫王国2012

本の雑誌の杉江さんと久しぶりに打ち合わせ。 私と杉江さんはとかく仲が良く、読書の好みもそっくりのよ

記事を読む

no image

エメリウム光線か

持病の腰痛を治すため、「すごい治療師」のところへ行く。 「すごい」と言われる民間療法の治療師はこれで

記事を読む

no image

悪いのは飛蝗か

「本の雑誌」9月号を読む。 特集は翻訳ミステリ。 私は全く知らなかったが、飯田橋に「ブックスサカイ

記事を読む

no image

トルコの怪獣ジャナワール取材

にわかに周囲でいろんなものが動き出し、 ブログもすっかりごぶさたしてしまった。 まずは8月22日から

記事を読む

no image

映像をだらだら見れた!

久しぶりに会った年長の友人の勧めでtwitterを半年ぶりに再開した。 ブログとの棲み分けができるの

記事を読む

no image

『腰痛探検家』&『空白の5マイル』発売

早大探検部の後輩で、今年開高健ノンフィクション賞を受賞した 角幡唯介『空白の五マイル』(集英社)が

記事を読む

no image

イスラムと仏教

土曜日はイスラム地域を研究している若手研究者の会合に参加させていただく。 研究地域は多岐にわたってお

記事を読む

no image

無許可チムスルウォンとは何か

『腰痛探検家』の韓国語版(パク・スンヒ訳、Bookie出版)が刊行されたらしい。 韓国で本を読

記事を読む

Comment

  1. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    言い忘れたが、角田光代さんが素晴らしい解説を書いてくれている。
    というか、ちょっと褒めすぎだけど。
    解説というのは、自分の実績にもならないし、
    あとで単行本に収録することもめったにないし、
    つまりすごく面倒なだけの仕事だ。
    だから、けっこう手抜きしている人も多いのだが、
    角田さんは本当に力を尽くしてくれている。
    あんなに多忙なのに。
    ご本人に直接言うつもりだが、
    この場でもお礼申し上げます。

  2. まー より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.7) Gecko/2009021910 Firefox/3.0.7 (.NET CLR 3.5.30729)
    楽しみにしていました♪
    単行本の表紙が結構好きだったので、今回はどんなかなぁと思っていたのです。
    明後日ですね。必ず本屋さんへ行ってきます。
    高野さんの本やこのブログで角田さんの本を読むようになりました。
    今では大好きな作家さんの一人ですので、解説も楽しみです。

  3. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; InfoPath.1)
     最近読みました。超面白いですね。異国トーキョー漂流記に匹敵する
    くらいに。
     劉さんという社長さん、ああいう人が居たら疲れるだろうけど、
    飽きないだろうなあ、と思いましたよ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 今やこのうちの一人の独演会でもチケットがなかなか入手できないのに、四人が集まって新作をやってたんだから、おそろしく贅沢なことだった。亡くなってしまったS社の担当編集者Rさんと2,3回一緒にSWAを観に行ったことを懐かしく思い出す。 ReplyRetweetFavorite
    • 春風亭昇太、柳家喬太郎、三遊亭白鳥、林家彦いちの各師匠が全員でオリジナルの噺を作って話すという伝説のグループ「SWA」が今、一時的に復活している。それで十年前に購入した「SWAのDVD ブレンドストーリー『願い』」を久しぶりに観たが、やっぱり奇跡的な完成度の高さ。 ReplyRetweetFavorite
    • 今読んだけど、とても面白かった。扉を開くと自由で明るい未来が待っていたというような有緒ワールドを堪能。 https://t.co/qAC7OZuflw ReplyRetweetFavorite
    • アジア諸国の食材店、飲食店、宗教施設が建ち並び、とても日本と思えないカオスぶりだが、でも共通語が日本語で、日本の治安の良さと便利さを兼ね備えた街に今さらながらハートを撃ち抜かれた。私がここに住みたい! ReplyRetweetFavorite
    • 9年ぶりに地方から東京に戻ってきた後輩の物件探しに付き合い、新大久保界隈を歩く。ガイドしてくれたのは今年『日本の異国』(晶文社)を出した、現在最もこの界隈に詳しいライターの室橋裕和さん。 ReplyRetweetFavorite
    • これは公式YouTubeチャンネルだったのか! 知らんかった…。 ReplyRetweetFavorite
    • 気持ちはよくわかります。ところでシャンのゲリラについて発表されてるんですね。聞いてみたい。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑