*

霊感はない、ただ見えるだけ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


工藤美代子『もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら』(幽ブックス)という本をもらっていたことを思い出し、読んでみたら、むちゃくちゃすごかった。
フィクションでもなければ取材して書いたノンフィクションでもなく、
100%純粋に著者の体験。
病院で死人が出る日にはたくさんの人が集っているのが見えるとか、
誰かが死ぬ運命にあるとその2,3日前にわかることがよくあるとか、
子供の頃から家のものがガタガタ揺れるのは普通だったとか
異常な体験がこれでもかと綴られる。
年々唯物論に傾き、いまや神も魂もまったく信じられなくなっている私だが、
ここまで率直に書かれると困ってしまう。
というか、怖い。
いちばん怖かったのは「元夫の真っ白な家」だろうか。
あるいは「『赤い』人たち」か。
「坂の途中の家」もすごい。
面白いのは工藤さんが「自分には霊感がない」と繰り返していること。
「あるじゃん!」と突っ込みたくなるが、私もそういう人に会ったことがある。
奄美大島の橋口さんという人。
この人は人間じゃない者の声を聴いたり、巨大な火の玉がうちに突っ込んできたり、
しまいには「未知との遭遇」も果たした人だが、
やはり「俺は霊感なんてない」とそっけなかった。
(詳しくは『アジア未知動物紀行』参照ください)
考えてみれば、私が今まで探しに行った未知動物の多くが霊的な存在だった。
あるいは、「見てしまう人」が目撃していた。
似ているなあと思う。
さて、『もしもノンフィクション作家が〜』では
私が『世にも奇妙なマラソン大会』の中の「アジア・アフリカ奇譚」で書いたのに似た話もいくつかあった。
「兄とコビー」は私の書いた「犬好きの家系」に、「知らない住人」は同じく「IT(イット)」を思い出させる。
工藤さんの文章は申し訳ないながら初めて読んだけど、
人間味はあるが情によりかからない簡潔な文体で、
他のノンフィクション作品も読んでみたくなった。

関連記事

no image

切羽詰まったら本人伝説

 竹島問題と尖閣問題が勃発して以来、毎日が憂鬱でならない。特に尖閣は、もういつ軍事衝突になっても

記事を読む

no image

このベタな帯の作者はなんと…!!

妻・片野ゆかの「犬部!」(ポプラ文庫)が4月6日に発売になる。 単行本で3万部近く売れた、我が家で

記事を読む

no image

連続飲酒は人体に影響がある

このところ、酒の飲み過ぎである。 金曜に日本酒とウィスキーで深酒をし、土曜日は久しぶりに家で晩飯を食

記事を読む

no image

イスラム二日酔い紀行

昨日は扶桑社に用事があって浜松町へ。 数年ぶりにブックストア談に行って、「イスラム飲酒紀行」を探す。

記事を読む

no image

お湯割をください。涙の数だけ

さまざまな困難を乗り越え、 イランでの「アルコールクエスト」を続けている。 イランに来て、やっと一週

記事を読む

no image

犬連れ旅はつづく

 犬との旅を終え、やっと東京に戻ってきた。思えば、ずいぶんいろんな場所へ行った。 いわき市と南

記事を読む

no image

すばらしき未知動物対談

作家の宮部みゆきさんと対談した。 テーマはずばり「未知動物」。 宮部さんはネッシーをはじめとする未知

記事を読む

no image

日本浄土

 最近手元に置いて、仕事が手につかないとき、 つまりしょっちゅう、ページをめくるのは 藤原新也『日

記事を読む

no image

次は雪男ブームだ!

 相変わらずブータンブームは続いている。  おかげさまで、「みらぶ〜」も3刷になり、朝日新聞の書評欄

記事を読む

no image

イスラム飲酒紀行・イスタンブール篇

昨日、毎日新聞夕刊の「新・幸福論」というコーナーのためのインタビューを受ける。 といっても、担当記

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 私はタオルを濡らして首に巻いていた。西欧人のランナーたちには怪訝そうに見られて、中には「それは重くて首によくないんじゃないか」と忠告してくれる人もいた。でも実際は首タオルは体温を低く保ち、すごく快適だった。西欧では知られていないジ… https://t.co/skXMkm6W2L ReplyRetweetFavorite
    • 十数年前、私がサハラマラソンに出場したとき、主催者はレース前に選手たちに「とにかくたくさん水を飲んでください。そして、(給水所で)頭から水をかぶってください」と言っていた。すると実際熱中症で倒れる人はいなかったようだ。日本で「水を頭からかぶる」は難しいが… ReplyRetweetFavorite
    • 私もまだ徹マン効果が続いている。気持ちが高ぶって昼寝しようにも眠れなくて困ってる。この発明はマジで凄いのかも。 https://t.co/J33GKQk6LZ ReplyRetweetFavorite
    • 帰りの新幹線で眉村卓著「ねらわれた学園」(講談社文庫)を一気読み。シンプルな力強さに古典の醍醐味を満喫。 ReplyRetweetFavorite
    • 長野県の菅平高原で開催されている信州森フェスで講演してきた。菅平は涼しい!森フェスは入場無料だから、避暑だけでも行く価値あり。食べ物も美味しいです。https://t.co/B7WUhvoHPc ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【🦍是非🦍】 『渋谷いきもの会議2022』のアーカイブ販売はいよいよ今週末6月25日(土)22時までとなります。三年ぶりの生物パーティーを目撃ください! https://t.co/zTNrOjP04A ※ゲストの宮田珠己氏の登場は開始から約2時間5… ReplyRetweetFavorite
    • 元のカバーと比べてみた。元の方もすごくいいんです。ちなみに内容はこんな感じ。 https://t.co/qTIJtTFEFJ ReplyRetweetFavorite
  • 2022年7月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑