*

スポーツノンフィクションとしてのブラインドサッカー

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


ブラインドサッカーという競技がある。
目の見えない人たちがボールに入った鈴の音を頼りにフィールドを駆け回り、
ほとんど目の見える人と同じようにプレイするサッカーだ。
もはや私の古い友人であるスーダン盲人留学生のアブディン(拙著『異国トーキョー漂流記』ではマフディという名前になってる)がここ数年、夢中になってやっているので、
私も何度か練習に参加したことがある。
そればかりか、ギリシアで行われたクラブ世界選手権や韓国で行われた北京パラリンピック・アジア地区予選にも、応援で見に行った。
もちろん、いつかは自分でこの不思議な競技について書きたいと思ったからだが、
先週、アフリカから帰ると、そのブラインドサッカーについて書いた本が家に届いていた。
『闇の中の翼たち』岡田仁志(幻冬舎)
うわーっ、先を越されたか!と一瞬思ったが、私と同じ視点では絶対に書いてないという確信があったし、だいたい私の取材は全く滞っていたから、さほどショックも受けずに読んでみた。
最初の印象は、「いつもどおりの、普通のシリアスノンフィクションだな」というもの。
福祉系の話はシリアスに書かねばならないという架空のルールにがんじがらめになっているライターは多い。
そのパターンを踏襲していると思った。
だが、読み進めて行くうちに全然ちがうことに気づいた。
シリアスではある。よく見かける文体で書かれていて、新鮮味もない。
だが、何かちがう。
それは著者がブラインドサッカーを、完全にスポーツとして捉えて書いているからだ。
よく見かける文体とは、「ナンバー」などに載るスポーツノンフィクションの文体ということで、それを障害者のルポに使ったのは本書が初めてではないか。
古い皮袋に新しい酒を入れたのか、古い酒を新しい皮袋に入れたのかわからないが、
この組み合わせが新しいことはまちがいない。
ブラインドサッカーの日本代表選手たちの挑戦と苦闘を、まるでふつうのサッカーの日本代表の挑戦と苦闘のように描くとは、私には逆立ちしても生まれない発想で、
ひじょうに面白く、最後には、自分の知っている選手たちが本当に中村俊輔や中田英寿みたいなスタープレイヤーに思えて、興奮してしまった。
著者は大のサッカー好きらしい。
いっぽう、私は基本的にサッカーに興味がない。
好きか、そうでないか。
それが大きいのだと当たり前のことを感じた。
私ももしサッカーがもう少し好きだったなら、選手たちとの会話も弾み、
取材にも精が出るんだろうと思う。
その部分では本書の著者に完敗であり、でも「ああ、他の人が書いてくれてよかった」とホッとしてもいる。

関連記事

no image

『均ちゃんの失踪』文庫解説

最近、ここで読書紹介が激減しているのは、あれやこれやと雑多に手を広げすぎているせいもあるが、一つに

記事を読む

no image

今度はサハラかよ

久々に帰国して、待っていたのは書かねばならない原稿の山。 まずまっさきにとりかかったのはサハラ・マ

記事を読む

no image

ソマリアのワークショップで怪しまれる

日本エネルギー経済研究所・中東研究センターが主催するソマリア問題のワークショップというやつに行ってき

記事を読む

no image

異常ラジオ「東京ガベージコレクション」出演

平山夢明兄いがパーソナリティを務めるTOKYO FM「東京ガベージコレクション」というラジオ番組

記事を読む

no image

リキシャ・アートは語る

バングラの印象といえば、リキシャ。 自転車がひっぱるサイクルリキシャがメインだが、 人間を乗せるだ

記事を読む

no image

甲子園が割れた日

中村計『甲子園が割れた日 松井秀喜5連続敬遠の真実』(新潮文庫)を読む。 松井のこの出来事のとき、

記事を読む

no image

自意識が森に溶けていく

以前、本の雑誌の杉江さんが「すごいドキュメンタリーですよ!」と NHKハイビジョンでブラジルの先住

記事を読む

2014年のベスト本はもう決まった!!

昨年、あれだけ「小説がダメだった」とぼやいていたのが天に聞こえたのだろうか。 今年最初に読

記事を読む

no image

アジア新聞屋台村プレイバック

 昨日、突然5年ぶりにエイジアン新聞社の劉社長から電話がかかってきた。 「急ぎの仕事があるからやって

記事を読む

no image

元「たま」の石川浩司氏とトークイベントのお知らせ

元「たま」のランニングこと石川浩司氏とイベントを行うことになりました。 前に何度もイベントを企

記事を読む

Comment

  1. dareka より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.9 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    完敗とかいってないで、そのサッカーのこと
    これからでも書いてください。

  2. NYPD より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; GTB6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506)
    それは、杉江由次さんに聞いてみないとね〜♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 萩尾望都さんがある候補作について、全体の構成力に難があるのが惜しいと言い、さらに「構成がどうすれば良くなるかは体力だ」と述べているが、「体力」とは一体何なのかは書いておらず。経験なのか物語を考える練度なのか。わかるようでわからず、わからないようでわかるような気もする。 ReplyRetweetFavorite
    • 「小説新潮」12月号に日本ファンタジーノベル大賞が発表されていた。私はファンタジーに興味はないが、選考委員の選評というやつは昔から好きで、自分もノンフィクション賞の選考委員になった今はもっと好きなので、さっそく読んでみる。やっぱ、面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 個人的に一押しは『謎のアジア納豆』。高野秀行さんがシャン語やビルマ語より秋田弁の聞き取りに苦闘する場面がツボにはまりました。「なまはげだけが秋田じゃない」秋田ブックフェア in 代官山蔦屋書店  https://t… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 芝園団地の大島隆さんと、団地オーソリティの大山顕さんの対談at下北沢B&B。おもしろくないわけがない! https://t.co/wkGzpQoUS3 ReplyRetweetFavorite
    • 来月10日にはそのカーニバルシリーズの続篇で、ゲストは関野吉晴さん。ラテンアメリカに興味がある人は行くしかないな。https://t.co/HFhYCOOCfS ReplyRetweetFavorite
    • 冒険家にしてカーニバル評論家の白根全さんのイベントに行ってきた。ゲストはピーター・バラカンさん。写真、映像、そして何より自由でパッションにあふれたカリブの音楽が最高。なぜ自分は色気のない不自由なイスラム圏を長く彷徨っているのだろうと思うほど。 ReplyRetweetFavorite
    • 謎の孤立言語ブルシャスキー語の研究者とはどんな人か、興味がある人はぜひ。 https://t.co/eFcNKTfphj ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑