*

驚愕必至!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


「おとなの週末」5月号が発売された。
この雑誌は実に読み応えがあるのだが、私がいちばん気に入っている記事は、
巻末の「覆面ライターの1カ月食日記」。
この雑誌は取材がすべて「ガチ」。
めぼしい店を見つけたら片っ端から入り、ただの客として食べる。
その中でよかった店を紹介するというもの。
だから、ライターはめちゃくちゃに食いまくる。
私の知るかぎり、ライターは全員女性である。
その食べっぷりはハンパでない。
毎回驚愕している。
とくに今月号の「鉄の胃袋と肝臓を持つ女 菜々山いく子」という人はすごい。
夫婦げんかをして家出して泊まりに来た友だちが、「こんな生活してたら死んでしまう」と
すぐに家に帰ってしまったというのは笑った。
さて、今回私の「移民の宴」はかなり異色である。
中国朝鮮族の整体師の先生によるキムチ製作教室。
先生の中国と韓国をめぐる発言もひじょうに興味深い。
それと合わせて、昨日更新された幻冬舎の「メモリークエスト」の依頼を読めば、
こちらも驚愕必至。
ぜひご一読を。

関連記事

no image

かっこいい公務員たちの物語

片野ゆかの『ゼロ!こぎゃんかわいか動物がなぜ死なねばならんと?』(集英社)が本日発売である。

記事を読む

no image

TBS「クレイジージャーニー」とすしざんまい

さきほど私が出演したTBS「クレイジージャーニー」が放映された。当初は「ムベンベ」「アヘン王国」「ソ

記事を読む

no image

『ワセダ1.5坪青春記』見本、届く

前にもお伝えした『ワセダ三畳青春記』の韓国語版、 『ワセダ1.5坪青春記』の見本が届いた。 おおっ

記事を読む

no image

2007年に読んだ本ベスト10(小説部門)

恒例(といっても2回目か)の「今年読んだ本ベストテン」である。 自分が読んだということだから、今年出

記事を読む

no image

南伸坊氏のカバー完成

 来年2月刊に集英社文庫から刊行される新作「異国トーキョー漂流記」(これが正式なタイトルになった)。

記事を読む

内側から見た「やくざ」

最近イースト・プレスの本が面白い。 まあ、知り合いの編集者が増えて新刊を送ってきてくれるせいも

記事を読む

ときに意味もなく文庫解説一覧

別に意味はないが、書いていた原稿が一段落したので、こんなものを作ってみた。 まず拙著の文庫解説

記事を読む

no image

調布VSスーダン

福島からの避難民を受け入れている調布の味の素スタジアムがどんなものなのか 見に行った。 私もボラン

記事を読む

no image

自意識が森に溶けていく

以前、本の雑誌の杉江さんが「すごいドキュメンタリーですよ!」と NHKハイビジョンでブラジルの先住

記事を読む

no image

人生に生きる価値はない

これまでにも『ぼくは偏食人間』や『狂人三歩前』など、 笑える奇書を連発している中島義道先生の新作は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : いい本買った。世界各地から来ている難民の人たちが、日本で手に入る食材で作る料理の本。 https://t.co/tSZtHo5Yya ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【来店&オンライン】 『ある大学教員の日常と非日常』(晶文社) 『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)刊行記念 横道誠×高野秀行トークイベント 「迷宮めぐりの旅談義」 11/4(金)19:00 「混沌から明晰へ」と向かう作品世界… ReplyRetweetFavorite
    • 「連戦連敗の学習法」とは星の数ほどある語学習得法の中でも史上初にちがいない。 https://t.co/BJYpRz6oka ReplyRetweetFavorite
    • RT : 発売中の「女性セブン」に高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』についてのインタビューが掲載されています!取材、構成は佐久間文子さん。「びっくりするぐらい本格的な内容の本」としながら、高野さんの楽しい文体の理由も明かしてくださっています。 h… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 25以上の言語を学んだノンフィクション作家・高野秀行さんが明かす“連戦連敗”の学習法 https://t.co/odail34l2y 「ぼくは言語おたく、はやりの言葉で言うと『言語推し』ですね」 @… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『語学の天才まで1億光年』 スペイン語=カクカク「平安京言語」他方ポルトガル語は アマゾン冒険でローマ字読みで習ったポル語が全く聞き取れず、ネイティブに学ぶべきだったとしきりに後悔しつつ、両言語を縦横に語る至言の数々 ただスペ語にクレ… ReplyRetweetFavorite
    • 野谷文昭先生、おめでとうございます! この本は、実在した主人公がコンゴ→アマゾン(プトゥマヨ川流域)→独立運動と移行していくという点で、私の『語学の天才まで1億光年』と見事にシンクロしており、本当に驚かされました。 https://t.co/MhFDF26sS6 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年10月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑