*

驚愕必至!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


「おとなの週末」5月号が発売された。
この雑誌は実に読み応えがあるのだが、私がいちばん気に入っている記事は、
巻末の「覆面ライターの1カ月食日記」。
この雑誌は取材がすべて「ガチ」。
めぼしい店を見つけたら片っ端から入り、ただの客として食べる。
その中でよかった店を紹介するというもの。
だから、ライターはめちゃくちゃに食いまくる。
私の知るかぎり、ライターは全員女性である。
その食べっぷりはハンパでない。
毎回驚愕している。
とくに今月号の「鉄の胃袋と肝臓を持つ女 菜々山いく子」という人はすごい。
夫婦げんかをして家出して泊まりに来た友だちが、「こんな生活してたら死んでしまう」と
すぐに家に帰ってしまったというのは笑った。
さて、今回私の「移民の宴」はかなり異色である。
中国朝鮮族の整体師の先生によるキムチ製作教室。
先生の中国と韓国をめぐる発言もひじょうに興味深い。
それと合わせて、昨日更新された幻冬舎の「メモリークエスト」の依頼を読めば、
こちらも驚愕必至。
ぜひご一読を。

関連記事

no image

趣味は仮説

私は仮説を立てるのが趣味である。何かを見たり聞いたりしたとき、「これはもしや××とつながるの

記事を読む

no image

求む、ナイスな雑木林コース

昨日、鎌倉と江ノ島に行った。 両方とも今までの人生で行ったことがあるといえばある。 が、鎌倉

記事を読む

no image

呆然

ソマリアのモガディショでいつも世話になっている友人のジャーナリスト2名が「日本に是非来たい」というの

記事を読む

no image

フリーランスの志士

家に攘夷モノがないか探してみたら、藤沢周平『回天の門』(文春文庫)に気づいた。 千葉道場きっての剣

記事を読む

no image

たまには手紙で

「朝日新聞」が3月31日より「57年ぶりの紙面大幅リニューアル」され、 その特別記念企画としてタマキ

記事を読む

ここ数年最大の問題作か?

キャサリン・ブーの『いつまでも美しく インド・ムンバイのスラムに生きる人々』(早川書房)を読

記事を読む

no image

趣味がほしい

毎年のように新年になると「趣味がほしい」と思う。 そう切実に願う理由は二つある。 昔、私の趣

記事を読む

no image

女帝の出版記念パーティ

滅多に人の出版記念パーティには行かない(呼ばれないともいえる)のだが、 土曜日は特別。 「日本ビル

記事を読む

no image

南伸坊氏のカバー完成

 来年2月刊に集英社文庫から刊行される新作「異国トーキョー漂流記」(これが正式なタイトルになった)。

記事を読む

no image

「移民の宴」ソマリ篇?

長生きはするものである。 かつてレトルトカレーを「めんどくさい」という理由で温めずに食っていた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)読了。前作『謎のアジア納豆』と対になる、世界中の「納豆」を体当り取材で追ったノンフィクション。前作では、納豆が日本独特の食べ物であるという思い込みを払拭し、ミャンマーやブータンでも納豆菌で豆を発酵させた… ReplyRetweetFavorite
    • 昨日突然びっくりするような本の原稿が送られてきた。今読み始めたけど、えらく面白い。こんな本があるんだなー。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【高野秀行辺境チャンネル開催まであと4日】 ゲスト出演に向けてリハーサル。もちろんゲストは『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)でまさかの再会を果たし、大活躍した高野さんの幼なじみ健ちゃんです!納豆探査の話から高野さんの少年時代の話まで… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 八重洲ブックセンターのキャンペーンで高野秀行さんがピックアップしてくれた作品に俺の著書が入ってるうううう!!!! 俺にとってはガチで驚天動地でして、っていうのは高野さんの大ファンで全作品読んでるんですよ。本気で嬉しいマジで嬉しいこれからも仕事がんばります… ReplyRetweetFavorite
    • 角幡に「文化探検」と言ってもらえたよ。嬉しい。探検部だからね。 https://t.co/3xKTnZM81B ReplyRetweetFavorite
    • 日本の農耕は大豆栽培から始まった。でもなぜ大豆だったのか? 本作では人類史上のミステリーに迫っています。 https://t.co/xOoA24H6VY ReplyRetweetFavorite
    • 納豆業界だけでなく大豆業界も注目です!! https://t.co/OA3DGGqyF3 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑