*

「未来国家ブータン」刊行記念トークイベント

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 みなさまへ告知&ご報告


3月30日(金)19:30〜西荻窪の「旅の本屋 のまど」にて、新刊「未来国家ブータン」発売記念でトークイベントを行います。
今回のお相手は生物資源探索会社を経営し、私をブータンの送り込んだ張本人である
二村聡氏。
ブータン政府と正式に業務提携した二村氏は、なぜ私を真っ先に現地に送り込むなどという
リスキーな手に出たのか? 
でも私はその指示を無視して雪男探し。その結果はいかに?
ご興味がおありの方は、ぜひご参加ください。
詳しくは以下のとおりです。
◆高野秀行さん  スライド&トークショー◆
「不思議の国、ブータンの辺境旅」
———————————————————————-
新刊『未来国家ブータン』(集英社)の発売を記念して、辺境作家の高野秀行さんを
お招きしてブータンの知られざるユニークさについてスライドを交えながらたっぷりと
語っていただきます。前作『イスラム飲酒紀行』では酒を求めて禁酒のイスラム圏を
彷徨い歩いた高野さんが、今回訪れたのは今注目のブータン。生物資源調査という
名目で入国したものの、本当の目的は雪男探査。その調査の過程で3〜4000mの
山々を歩きながら情報を収集しているうちにブータンという国がいかにユニークで
あるかということに気づいたとのこと。一体、ブータンの特異性とは何なのか?
今回のイベントではそんなブータンの秘密について高野さんの貴重な体験談を生で
聞けるチャンスです。高野さんのファンの方はもちろん、ブータンの歴史や文化
に興味のある方はぜひご参加ください!
※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。
————————————————————————
●高野秀行(たかのひでゆき)
1966年東京都生まれ。早稲田大学探検部当時執筆した『幻獣ムベンベを追え』で
デビュー。タイ国立チャンマイ大学日本語講師を経て、辺境作家になる。誰も行かない
ところへ行き、誰もやらないことをやり、誰も知らないものを探す。それをおもしろ
おかしく書くをモットーに、多くの作品を生み出している。2006年に『ワセダ三畳青春記』
で第一回酒飲み書店員大賞を受賞。
◆高野秀行公式ブログ
http://www.aisa.ne.jp/mbembe/
———————————————————————–
【開催日時】  3月30日(金)  19:30 〜 (開場19:00)
【参加費】   800円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい
【会場】  旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
※定員になり次第締め切らせていただきます。
【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp
主催:旅の本屋のまど 
 協力:集英社

関連記事

no image

新刊「ミャンマーの柳生一族」3月20日発売!

業務連絡を兼ねたお知らせです。 本日(5日)ベトナムへ出発します。 帰国はいちおう21日を予定してま

記事を読む

no image

地方FM局出演

地方FM局に配信される「学問ノススメ」というラジオ番組の収録を行った。 これまでに出たラジオ番組のな

記事を読む

no image

自転車沖縄行きのお知らせ

たいへん遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。 今年最初のお知らせです。 怪魚ウモッ

記事を読む

no image

上映会のお知らせ

「無料出張上映会」の件でお知らせです。 「自分では出張を頼めないが、どこかで上映会があれば是非それ

記事を読む

no image

「アヘン王国」文庫化決定

お待たせしました。 私の”代表作”ながら絶版の憂き目にあっていた「ビルマ・アヘン王国潜入記」が集英社

記事を読む

no image

イベントのお知らせ

お知らせです。 ミクシイの高野秀行コミュところで、1月にまたイベントを行うそうです。 私と、もう一人

記事を読む

no image

旅日記が更新されました。

集英社文庫にて連載中の「自転車爆走日本南下旅日記〜神に頼って走れ!」が更新されました。 一日ごとに様

記事を読む

no image

小説すばる&本の雑誌&バングラデシュ

本日は告知の嵐です。 まず、久々の新連載長編「腰痛探検家」が小説すばるで始まりました。 今まで隠して

記事を読む

no image

トルコ方面

業務連絡を兼ねたご報告を。 7月11日より25日までトルコ方面に出かけます。 メールはあるでしょうが

記事を読む

no image

小千谷のお米を買いませんか

以下は、私の知り合いからまわってきた話です。  先の中越大地震で深刻な被害をこうむった小千谷市。  

記事を読む

Comment

  1. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; eSobiSubscriber 2.0.4.16)
    昨日ロンドンでソマリアの将来を話し合う会議が行われていましたが高野さんは招待されていなかったようで残念です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑