*

妻が小学館ノンフィクション大賞受賞!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

思いがけない事態が起きた。
私と同じくフリーのライターである妻・片野ゆかが今年度の小学館ノンフィクション大賞を受賞してしまったのだ。
タイトルは「昭和犬奇人」。
いったい、どこで区切って読めばいいかわからないタイトルだが、
昭和の時代に、異常に犬を愛した平岩米吉という奇人がおり、
その人の評伝を書いたのだ。
新聞社からの電話も小学館に殺到し、今や妻は一躍「時の人」。
思いがけない妻のブレークで、私もこれで安心して引退し、余生を楽しむことができるだろう…(ちがうか)。

関連記事

no image

旅のトリビア「たびとり」

突然だが、フジテレビの「トリビアの泉」という番組をご存知だろう。 何の役にも立たないが、面白い(とい

記事を読む

no image

探検部の仲間、ネパールにて死す

早大探検部時代のほぼ同期で、フリーのテレビディレクターをしていた 古賀美岐さんが28日夕方、ロケ先の

記事を読む

no image

『メモリークエスト』続編決定

二日酔いのまま、笹塚で杉江さんに会って、定例の放談会。 本の雑誌社の女性スタッフが、『メモリークエス

記事を読む

no image

両国の暴走特急相撲

金曜日。午前中は六本木ヒルズに行き、J-WAVEの番組を収録。 web本の雑誌BOOKSTANDなる

記事を読む

no image

『怪獣記』がいよいよ…

トルコの怪獣ジャナワール探しの本がようやく手を離れた。 写真にカラーとモノクロがあり、しかも章ごと

記事を読む

no image

月刊プレイボーイ休刊

「月刊プレイボーイが休刊」というニュースを見て驚く。 なぜなら、この前、同誌で旅本座談会をやったばか

記事を読む

no image

NHKの仕事でまたミャンマー

(撮影:森清、『西南シルクロードは密林に消える』より) ※こんな映像が撮れればいいのだが…    

記事を読む

no image

帰国、暑い、その他

タイより帰国した。 みなさんから聞いていたとおり、暑い。 チェンマイはもちろん、バンコクも比較になら

記事を読む

no image

ウモッカ・イベント(?)終了

昨日、「未確認動物的イベント」というのに出た。 けっして盛況とは言えなかったけれど、コアなファンの方

記事を読む

no image

中島京子さんとの対談@web集英社文庫

四国での講演会ツアーから戻る。 web集英社文庫で中島京子さんとの対談がアップされていた。 http

記事を読む

Comment

  1. toku より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90)
    marugoto worldのブログの紹介はしないの?

  2. きたしろ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    3、4回目くらいの書き込みです。
    高野さんの新刊の発売とあわせておめでとうございます。
    「昭和犬奇人」てタイトルすごいですね。
    ところでmarugoto worldって何です?

  3. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
    意外に愛妻家の高野さん、奥様の受賞、おめでとうございます。
    思いがけない妻のブレークで、私もこれで安心して引退し、余生を楽しむことができるだろう…(ちがうか)。
    何を言ってるんですか?
    奥様に捨てられないように辺境作品をドンドン書いて下さい。
    売れなくても、辺境を書いていれば奥様から捨てられる事はないでしょう
    (本当か?)

  4. 深プラ 祐介 より:

    AGENT: DoCoMo/1.0/SO212i/c10/TB
    おめでとうございます!来週出る新作も楽しみにしております。今夜も我々呑んだくれてます。かんぱーい

  5. 二村 より:

    AGENT: DoCoMo/1.0/N503iS/c10
    注意警報!高野さん 上記引退示唆発言により、ショウタ上陸の危険あり。十分肝臓を休めておいてください。私も及ばずながら高野さんの助太刀いたします。ゆか先生おめでとうございます。

  6. 田島 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; istb 702; .NET CLR 1.1.4322)
    わあ。
    おめでとうございます。
    高野さんも早くブレークしてください。
    眠い。

  7. OPPU より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    おお。
    おめでとうございます。
    今年の高野家はすごいですね。

  8. ほしな より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.1 (KHTML, like Gecko) Safari/312
    おめでとうございます!
    ご結婚なさってるのかなとは思っていたのですが、
    同業のかただったんですね。
    下世話ですが、この賞、賞金すごいですねぇ。
    まんが賞なんかは一桁少なかったと思います。
    ともかく、おもでとうございます。

  9. りーだー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    遅ればせながら、おめでとうございます!
    ヒデさんも、引退・隠居などといわず、負けじと書きまくってください。
    おめでとうございます!!

  10. のなか悟空 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
     え゛ーっ!
    久々に高野君のHPを除いたらコレじゃい。
    夢か?夢か?・・・・とにかく、良かった。良かった。良かった。奥さんの顔は知らんが、おめでと。おめでと。おめでと。
    スゴイことだ。
    とんでもないことだ。とんでもないことだ。とんでもないことだ。
    ああ、どうしょう・・・。

  11. とっち より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    高野さん、ご結婚されてたんですね。でも、やっぱり冒険しててすごーい。
    アマゾンの船旅を愛読し、ファンレターをだしたこともあるんですよ。
    このごろ、ムベンベを手にいれ、ようやく読めました。アマゾンの・・・の方が、私好みだな。なんか、あの本、すっごくロマンなんです。木登りのおじさんや、ピラルクや、リャマのかわいい顔や・・・。写真が、ちゃんと今もポンッとうかぶし・・・。と、何を言いたいのか分からんような文章だけど、あのロマンをもっと読みたい、だってすごくいいもん!と言いたかったのです。文庫じゃだ
    め!写真つきがいいもん。では、また。他の本、探して読むのが、楽しみ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年6月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑