*

高野秀行フェア バンコクで好評

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


7月25日から8月7日(つまり今日)まで、バンコクの紀伊国屋書店で「高野秀行フェア」が行われ、なかなか好評だという知らせが来た。
バンコクの有力邦字誌「DACO」で取り上げてもらったのが大きかった。
関係者のみなさん、ご苦労さまでした。
ありがとうございます。
早く日本の紀伊国屋書店でもフェアをやってくれないかなあ…。

関連記事

no image

爆笑ムエタイ武者修行

上智大学の講義、第4回のゲストは 元女子ムエタイボクサーで現在はムエタイエクササイズのインストラクタ

記事を読む

no image

mahou no happa

koko niwa sake ga nai. zetsubouteki ni nai. soreho

記事を読む

no image

こんなに素晴らしいところだったのか

現在ユーフラテス河(もしくはその支流)沿いに旅をしている。 前もいいところだとは思っていたが、

記事を読む

no image

高野秀行プロデュース第2弾! エンタメノンフ最終兵器登場。

もう高野本やこのブログの読者のみなさんにはお馴染みだと思うが、私の古い友人でスーダンから来た盲目の留

記事を読む

no image

ロスト・シティZ

最近、突然読書量が増えたのは、仕事のあとや合間でなく、 始まる前に机に向かって本を読むようになった

記事を読む

no image

サッカーの敵

「本の雑誌」バックナンバーのサッカー本特集のコピーを杉江さんに送ってもらい、 それにしたがってサッ

記事を読む

no image

謎の独立国家ソマリランド大吟醸拾年古酒

仕事場にしている「辺境ドトール」は昭和の世界だ。 店長夫妻が常に店におり、私たち常連の客と交流

記事を読む

no image

アラジンは中国人だった!?

旅のトリビア「たびとり」はまったく反響がなかったが、懲りずに最近驚いたことを一つ。 山田和『インド

記事を読む

no image

上流階級の腐敗っぷりはアジアン・ミステリの十八番か

 アジアン・ミステリ読書週間第2弾!というわけではないけど、たまたま今度はタイのミステリを読んでし

記事を読む

no image

ソマリの海賊に実刑判決!

ソマリの海賊裁判。 世間的には微妙に話題になっているこの裁判、私は一回だけ傍聴することができた。

記事を読む

Comment

  1. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)
    バンコクの高野秀行フェアを見てきました。
    現地の日本語の新聞NEWSCLIPのインタビュー等も
    置かれて面白かったですh。
    NEWSCLIPのインタビューの中で「人が見てないものを自分が最初に見たいだけ」と言う高野先生の台詞、実感がこもってていいでね。 いろんな事を後から理由付けしてるけど辺境に行く人の第一の
    理由はそうなんでしょうね。

  2. LOVEME より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; zh-CN; rv:1.9.2.23) Gecko/20110920 Firefox/3.6.23 GTB7.1
    今週はあまり勉強しないので何にかすくなった感じがします、、いやだなあ、、

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ソマリランドの次はえっ?!納豆?!と驚いた高野秀行さんの『謎のアジア納豆』が文庫化されましたよー!新潮文庫です! https://t.co/WQ9LwokyCJ ReplyRetweetFavorite
    • しかも、そのあと場所を変えて、二人でオンライン打ち上げでまた二時間以上喋ってしまった。仕事であってもなくても全く同じように喋りまくる私たちはバカなのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • ”相棒”である清水克行さんとオンライン対談。辺境と中世の疫病についてしゃべり倒してしまった。清水さんの引き出しの多さには毎度ながら驚くばかり。すごく楽しかった。オール讀物誌上にて掲載予定です。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【文庫】新潮文庫5月の新刊発売しました 一木けいさん『1ミリの後悔もない、はずがない』 渡辺都さん『お茶の味』 高野秀行さん『謎のアジア納豆』 高田崇史さん『鬼門の将軍 平将門』など入荷しています。k.s https://t.co/KVWQD… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます。今日は高野秀行さん『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』や一木けいさん『1ミリの後悔もない、はずがない』など新潮文庫の新刊が入荷しています。 https://t.co/qWDHW2iiBO ReplyRetweetFavorite
    • RT : 納豆を食べるのは日本人だけではなかった!  世界を駆ける辺境作家が、アジア各地を訪れ、さまざまな納豆民族と絶品料理に出会います。 #高野秀行 著『#謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』、5月28日発売。 担当Aも毎朝納豆食べてます! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 本の雑誌社WEBストアでは、池澤春菜さん、大山顕さん、高野秀行さん、宮田珠己さん、北原尚彦さん、清原なつのさん、沢野ひとしさん、平松洋子さん、荻原魚雷さん、都築響一さん、たくさんの著者の方のサイン本を販売しております。オリジナルグッズや本の… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年5月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑