*

早稲田についての質問は困る

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

「早稲田」についての記事をつくっている毎日新聞の記者の人から取材を受ける。
その記者さんの話では、今現役の学生の間で『ワセダ三畳』がえらい人気なのだという。
彼らと一緒に「野々村荘」(仮名)に行き、大家のおばちゃんとも会ったらしいが、
学生たちは携帯でアパートの写真を撮ったり、おばちゃんと握手したりして大喜びだったそうだ。
「おばちゃんはまるでアイドルのようだった」とか。
で、「今の早稲田の学生は高野さんのころとどうちがうか」とか「どうしてワセダ三畳が
そんなに今の学生に受けていると思うか」という質問を受けたのだが、
「今の学生は昔より礼儀正しい」みたいなとんちんかんな答えしか返せなくて無念だ。
この手の質問がいちばん難しくて困る。
ワセダ三畳が受けている理由は
「おばちゃんが素敵だ」という以外よくわからないが、
一つ思い当たるのは、私があの本で書いたのは「バカではあるがバンカラではない」
ということかもしれない。
「ハチャメチャだがマイペース」という言い方もできる。
飲み屋でどんちゃん騒いだり、議論を戦わせた挙句喧嘩になったり
積極的に女子にアタックするようなシーンは皆無だし、
どこか草食系を先取りしている感もある。
そこが今の学生たちにも受け入れられる余地となっているんじゃないか。
…てなことを思いついたのだが、そのときは取材からすでに数時間がすぎていた。
あらためて無念。
       ☆         ☆        ☆
内澤旬子副部長に紹介してもらったレストランで、
ハシブトガラスの肉を食べる。
北海道帯広でとれた野生の健康なカラスというだけあり美味。
レバーに良く似た苦味のような後味と旨みがあって不思議だった。

関連記事

「Brutus」にて“辺境小説”を紹介

現在発売中の「Brutus」1.1/1.16合併号の特集は「夢中の小説」。 私も「小説の世界で見つ

記事を読む

no image

プレステの取材を受けた途端こうなった

火曜日、プレイステーション関係の媒体にインタビューを受けた。 インタビュアー(編集者)の人にいつ頃出

記事を読む

no image

再結成?

携帯が鳴り、着信記録を見ると「公衆電話」。 いったい誰かと思ったら、探検部の後輩で、ワセダの三畳時代

記事を読む

no image

逃してますぜ

ドキュメンタリー映画「引き裂かれたイレブン オシムの涙」のDVDを購入して観る。 原題は「ユーゴス

記事を読む

no image

『怪獣記』文庫&『スットコランド日記 深煎り』

来週12日(木)に『怪獣記』(講談社文庫)が発売される。 解説は、宮田珠己部長におねがいした。 ア

記事を読む

no image

大野更紗ができるまで

火曜日、『困ってるひと』が発売されて初めて大野更紗さん宅を訪れた。 思えば、彼女から「何か書きたい

記事を読む

no image

ニュースゼロ&イベント&アスクル

まずはお知らせから。 明日、日本テレビのニュースゼロで、私の知り合いのフリージャーナリスト、 大津司

記事を読む

no image

ツアンポー峡谷の謎

最近は気温こそ相変わらず高いが、湿度が低いせいか 外にいても日陰なら涼しい。 今日はなぜかJR高尾

記事を読む

no image

マイク・ノックがFMWを旗揚げ?!

お知らせが遅くなってしまったが、私の義兄マイク・ノックのニュー・アルバムがただいま日本でも発売され

記事を読む

no image

盲想、ソマリランド、犬部! 移民の宴

ツイッターを始めてから、書くことがどうしてもブログとダブるため、だんだんブログから遠ざかってしまって

記事を読む

Comment

  1. めこん より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.1; ja; rv:1.9.2.3) Gecko/20100401 Firefox/3.6.3
    ハシブトガラスの肉を食べてみたいと思います。
    よければそのレストラン名を教えていただけないでしょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年3月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑