*

インドのビザがとれる

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

インド謎の怪魚ウモッカ探しだが、いいアイデアは何も浮かばない。現地の漁師に聞いて、網を毎日覗くくらい。
また、現地はただの町だから普段の旅以上に準備もいらない。
だから出発が迫っていながら報告すべきこともなかったが、この前の金曜日には珍しく「進展」があった。
インドのビザが取れたのである。
「それがどうした?」と思われるかもしれないが、他に準備がないので、これもちょっとしたイベントであった。(ま、他にも理由はあるんだがそれは言わない約束で)
航空券も手配済みだし、あとは向こうで三ヶ月退屈しないよう、本やCDをセレクトすることくらいか。
ちなみに、同行するのは、「ワセダ青春三畳記」や「異国トーキョー漂流記」にも登場した、元タクシードライバーにして占い師のキタ君(現在、フリーター)。
彼はウモッカには何の興味もないが、「旅費を貸してくれるなら行きたい」と言うので、パートナーにすることにした。
まあ、「御守り」のようなもんである。
あー、そうそう、ウモッカ撮影用にビデオカメラを買わなきゃな…。

関連記事

no image

『わが盲想』見本出来!!

 ゴールデン・ウィーク中は風邪とその後遺症の酷い咳のため家で休んでいたら、 その後から猛烈に忙

記事を読む

no image

ナガランドに行けるのか

「G-diary」の元編集長がスタッフとともに分離独立して創刊した「アジアの雑誌」3月号が届く。

記事を読む

no image

野外の強者たち

 金曜日、山形かみのやま温泉で上映会。  いや、正確には山形大学医学部法医学科の先生が主催する「勉

記事を読む

no image

月刊プレイボーイ休刊

「月刊プレイボーイが休刊」というニュースを見て驚く。 なぜなら、この前、同誌で旅本座談会をやったばか

記事を読む

no image

他社の本を宣伝する出版社って…

今注目を集めているポプラ社の文芸ウェブサイト「ポプラビーチ」をたまに眺めているが、 いろいろな意味

記事を読む

no image

世にも奇妙なマラソン大会

帰国した。大人の遠足はなかなかにハードだったが、想像以上に充実していた。 今回私が参加したサハラ・

記事を読む

no image

出発前のわやくちゃ状態に突入

いつも海外旅に出発前2週間を切るとにはわやくちゃ状態になる。 今回ももうとっくにそれが始まっている

記事を読む

no image

本当のオンリーワン

都内在住のソマリ人と会った。 名前は「優(すぐれ)」と書くので てっきり日本人向けに漢字を当てて書い

記事を読む

no image

レベル7の衝撃をふたたび

高野秀行プロデュースの大野更紗「困ってるひと」がついに最終回を迎えた。 このウェブ連載の反響は驚くば

記事を読む

no image

逃亡先としての「辺境」

知人に勧められて、乃南アサの『涙』(新潮文庫)を読んだ。 1964年、東京オリンピックの最中に殺人

記事を読む

Comment

  1. OPPU より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    そろそろですね。
    >本やCDをセレクトすることくらいか。
    インドでは、どんな音楽を聞かれるのでしょうか?
    僕は旅行の音楽セレクトは、意外に現地に行くと選ばなかった曲が聞きたくなったりします。
    でも、いまやiPodで15000曲持ってけば、そんなこともないですかね。これって便利だけど、なんとなくつまらい気もしますが。

  2. ニ村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    高野さん いよいよ出発ですね。
    さらりと書かれていますが、インドのビザ、よく取れましたよねー。
    インド政府の懐の深さに驚くばかりです。
    それとも照会作業がいい加減なのか(笑)
    さて、参加できない寂しさを紛らわせるために
    ウモッカ発見後の保存について勝手に考えてみました。
    ちまたにはたくさんの剥製、標本作りのサイトが
    あるようですが、↓は大型の魚類標本(保存)について
    なかなか示唆に富むサイトだと思います。
    http://nh.kanagawa-museum.jp/tobira/8-4/senou.html
    このサイトの情報どおり保存するとしても、
    ホルマリンはかなり面倒だと思いますので、エタノール漬けを
    考えるべきなんでしょうかね?もちろん長期の保存には揮発性の
    高いエタノールは向きませんが、現地での入手しやすさ
    取り扱いやすさはエタノールに分があるように思います。
    内径2mx0.5mx0.5ほどの容器を現地で作成し、防水加工をして
    エタノールを入れて密封って感じでしょうか。
    これなら、エタノールの量もおそらく300リットル以下(70%換算と魚の容積を引く)で済みますし。
    こちらマレーシアでは低級のエタノールは1リットル150円ほどです。
    とすると4万5千円くらいですね。
    容器にいくらかかるかわかりませんが
    トータルで10万円もあれば1週間ほどの短期保存には
    十分だと思います。
    以上まったくの素人考えですが。
    また近隣の大学にきちんとした保存と簡易同定の依頼をしておく
    というのも必要かもしれませんね。
    ちなみに僕は明日からPNGです。

  3. toku より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    ビザ取得おめでとうございます。もうB・リストから解禁になったのですか。
    油断は禁物!イミグレを無事に通過できること祈っております。3ヶ月の定点観測をがんばってブログで毎日ライブして下さい。成果が出たら直ぐかけつけます。そのころはたぶんとなりの国に居ると思います。
    二村氏へ PNG に行かれたらラエの北方にあるUmboi(アンボイ)島の翼竜(Ropenと呼ばれている)のウワサを聞いてみて下さい。

  4. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    tokuさま 明後日ラエの某国立研究所訪問予定です。
    「科学者として正式なコメントは差し控えたいが、
    個人的には二回ほど見たことがある」なんて答えが返ってきたりして!なんか楽しみになってきました(笑)
    もう高野さんそっちのけで。<失礼

  5. toku より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    ごめん!高野さん業務連絡させて下さい。
    二村氏へ もしPC環境が万全したら。例のRopenの資料サイトを書いておきます。カリフォルニア在住のジョナサン氏がマジでやっています。
    ご期待しています。
    http://www.laattorneyvideo.com/nonlegal/pterosaurs

  6. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    高野さん、いよいよ出発間近ですね。保冷剤は買っておかれた方がよいと
    思います。魚の保存方法ですが、さくだいおうさんのサイトでもあれこれ検証されています。
     宿のオヤジさんによろしく。デジカメが壊れた、と言っていましたから、
    日本で中古のデジカメを買って持っていってあげると喜ぶかも知れません。
    (3,000円までなら出す、と言っていました)
     私は明日から年末までアフガニスタンです。朗報を期待しています。
     タカ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑