*

探検部映像50年史のお知らせ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

早稲田大学探検部50周年映像史が、早稲田祭の期間中に
早大で上映されることになった。
ほとんどNHKアーカイブスみたいな古典的探検(?)の秘蔵映像のほか、
「ムベンベ」の映像もあれば、「野々村荘」と大家のおばちゃんもちらっと登場する。
映像の合間には、第一次アラスカ隊隊長で、直木賞作家の西木正明氏、
それに最近では北朝鮮の専門家として知られるジャーナリストの恵谷治(えや・おさむ)氏という大先輩二人の間に、私もなんとなく混ざってトークをするそうだ。
昔は早稲田祭は革マルが仕切っていて、彼らの活動の資金源になっていたため
入場料を500円もとっていたが、今はさすがにそんなことはないだろう。
ちなみに、私は高校時代から含めて早稲田大学に10年通ったのに、
早稲田祭は一度も見たことがないから、どういう感じなのかみなさんに説明もできないのだが、
まあ、興味のある方はぜひいらしてください。
<早稲田祭 探検部映像50年史上映とトークセッション>
11月7日(土)  *会場の都合でこの日一日だけです
会場:11号館 701号室 (商学部を建て替えた新しいビル)
▼上映:早大探検部の軌跡「夢を喰らい続けて50年」
    1回目 10:00〜11:15
    2回目 11:30〜12:45
    3回目 13:30〜14:45
▼3回目の上映に続いてトークセッション 14:45〜17:00 の予定
 OBゲスト  西木正明 探検部7期 直木賞作家
         恵谷 治 探検部13期 国際ジャーナリスト
        高野秀行 探検部31期 辺境作家
 
 進行役   探検部 佐野洋輔幹事長(政経学部2年)
映像史の上映を受けて、現役部員、学生としての立場から3人のゲストに、探検部当時の活動や、その後の人生との関わり、現代において探検とは何なのか、などを聞いていく。

関連記事

no image

ムベンベは捕獲されていた!!

『怪獣記』刊行に先駆けて、「サンデー毎日」と、 取次ぎ会社・日販のPR誌「新刊展望」のインタビューを

記事を読む

no image

5分で振り返る今年の出来事

大晦日なので今年を5分だけ振り返ってみた。 今年よかったこと。 ・『辺境の旅はゾウにかぎる』を刊行で

記事を読む

辺境ドトールで大宴会

土曜日、仕事場である「辺境ドトール」にて受賞祝賀パーティが行われた。 ドトールの常連である高級

記事を読む

no image

世界的に売れない作家へ驀進!

 本日、マレーシアから帰国した。  今回の目的は「世界的に売れない作家」を目指すというもの。  実

記事を読む

no image

25年ぶりに天龍源一郎を見た

なぜか一足早く忘年会シーズンになり、 連日飲んでいる。 日曜日は先日本屋野宿を行った伊野尾書店の伊野

記事を読む

no image

ツチノコ!?の正体

昨日の画像はコメントしてくれた方の指摘どおり、フォトショップで加工がされていた。 もともとの画像は

記事を読む

no image

ゼロの衝撃

何人かの知人が絶賛していたので読んでみた坂口恭平『TOKYO 0円ハウス 0円生活』(大和書房)。

記事を読む

no image

やはりコンゴは別格

高知の四万十より、私の探検部の先輩にして人生の師匠・山田さんが上京、 うちに泊まっていった。 去年、

記事を読む

no image

怪談実話系7で「神隠し」

『怪談実話系』というシリーズをご存じだろうか。 実話という建前で、でもフィクションも交えた「怖い話

記事を読む

no image

雑貨のような本

『腰痛探検家』の韓国語版が届いた。 カバーはメールで送られてきていたからすでに知ってはいたもの

記事を読む

Comment

  1. 訂正 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; WOW64; YTB720; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    あー、よく読んだらちがいますね。
    「映像の合間に」でなく、
    「三回目の上映が終わったあとにトーク」でしたね。
    みなさん、お間違えのないよう。

  2. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.14) Gecko/2009082707 Firefox/3.0.14 (.NET CLR 3.5.30729)
    おお、ぜひ行ってみたい!

  3. 五十嵐 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    探検部1年、広報の五十嵐です。
    宣伝ありがとうございます。会場がOBで埋め尽くされるのではないかと危惧していたところなので、大変ありがたいです。
    当日もよろしくお願いいたします。

  4. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    五十嵐さん 探検部のOBで埋め尽くされる会場って恐ろしいですよね。
    薄めるために会場に出向こうと思います。

  5. 五十嵐 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    >アジケトさん
    ありがとうございます。ぜひお願いします。
    会場の教室番号が違うので、よろしければ訂正をお願いします。701でなく、710です。

  6. プラム より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB720; Alexa Toolbar)
    えーーーっ!!! 
    この日は東京にいないので、是非是非第2弾企画のご検討宜しくお願いします。
    思えばナツイチで、高野さん本と出合い、とても嬉しい衝撃の夏になった年があるのですが、そのことと同様に高野さんを知らなかったことが、活字、ドリフ、水曜スペシャル好きとしましてはショックな出来事でした。
    今は、「高野秀行氏、勝手に応援委員会」
    を創設し、本好きな方を見つけては本を配って普及活動しています♪
    私は、川上未映子さんのファンでもあるのですが、高野さんの本も川上さんと同じくらい好きです。
    改めて、探検部50周年おめでとうございます!
    ますますの皆さんのご活躍を楽しみにしています。

  7. みー より:

    AGENT: KDDI-CA34 UP.Browser/6.2.0.10.3.3 (GUI) MMP/2.0
    大阪から見に行こうと思っています!当日、満席で見れないことなどあるのでしょうか?

  8. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; WOW64; YTB720; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    コメントに今気づきました。
    大阪からですか。
    どうかしてますねえ…。
    満席で見られないということはないと思います。
    でもせっかくですから、早めに行ったほうがいいんじゃないでしょうか。

  9. みー より:

    AGENT: KDDI-CA34 UP.Browser/6.2.0.10.3.3 (GUI) MMP/2.0
    返信ありがとうございます〜。
    高野秀行本布教活動に勤しんだためか、まわりはなぜか大賛成でした。大阪代表としてひっそりがんばります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • しかし、よく考えてみたら、秘書というのはAIと同じで、こちらが取材内容や取材相手、取材日程を決めなければ、何も動いてくれない。そしてそういうことを考えるのがひじょうに面倒くさいわけだ。それとも優秀な秘書はそこまでやってくれるんだろうか。 ReplyRetweetFavorite
    • 12月から2月にかけての海外・国内旅行の段取りを始めたが、早くも挫折しかけて頭の中は「秘書がほしい!」の声がグルグル。ますます段取りが進まない。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さん@daruma1021 の『間違う力』、読んでいて何度も爆笑。 研究者と辺境探検家には共通することも多く、今日も間違おうと心に決めるのであった。 巻末の「とにかくやる」の信条が刺さる。 上田次郎「なぜ君はベストを尽くさないの… ReplyRetweetFavorite
    • 異色アンソロジーが気になる。特に読みたいのは『卓球アンソロジー』と『FUNGI 菌類小説選集 第1コロニー』。 https://t.co/YFh07aldTF ReplyRetweetFavorite
    • 「船戸与一は長編のイメージが強いが、実は短編を書いても名手」という山田さんの指摘に強く同意。特にここに挙げられた短編集は私も好き。 ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」今月号は「船戸与一の十冊」。書いたのは船戸さんを見出し、長く担当を務めたS社の山田裕樹氏。秘話満載で船戸ファン(私含む)は感涙ものだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑