*

探検部映像50年史のお知らせ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

早稲田大学探検部50周年映像史が、早稲田祭の期間中に
早大で上映されることになった。
ほとんどNHKアーカイブスみたいな古典的探検(?)の秘蔵映像のほか、
「ムベンベ」の映像もあれば、「野々村荘」と大家のおばちゃんもちらっと登場する。
映像の合間には、第一次アラスカ隊隊長で、直木賞作家の西木正明氏、
それに最近では北朝鮮の専門家として知られるジャーナリストの恵谷治(えや・おさむ)氏という大先輩二人の間に、私もなんとなく混ざってトークをするそうだ。
昔は早稲田祭は革マルが仕切っていて、彼らの活動の資金源になっていたため
入場料を500円もとっていたが、今はさすがにそんなことはないだろう。
ちなみに、私は高校時代から含めて早稲田大学に10年通ったのに、
早稲田祭は一度も見たことがないから、どういう感じなのかみなさんに説明もできないのだが、
まあ、興味のある方はぜひいらしてください。
<早稲田祭 探検部映像50年史上映とトークセッション>
11月7日(土)  *会場の都合でこの日一日だけです
会場:11号館 701号室 (商学部を建て替えた新しいビル)
▼上映:早大探検部の軌跡「夢を喰らい続けて50年」
    1回目 10:00〜11:15
    2回目 11:30〜12:45
    3回目 13:30〜14:45
▼3回目の上映に続いてトークセッション 14:45〜17:00 の予定
 OBゲスト  西木正明 探検部7期 直木賞作家
         恵谷 治 探検部13期 国際ジャーナリスト
        高野秀行 探検部31期 辺境作家
 
 進行役   探検部 佐野洋輔幹事長(政経学部2年)
映像史の上映を受けて、現役部員、学生としての立場から3人のゲストに、探検部当時の活動や、その後の人生との関わり、現代において探検とは何なのか、などを聞いていく。

関連記事

no image

本格エンタメノンフの傑作

平松剛『磯崎新の「都庁」』を読了。 著者については恥ずかしながら全く知らなかったが、2001年に同

記事を読む

no image

高野秀行の新刊、続々?!

「高野秀行」の本が続々と出ている。 今度は五段ではなくたしかに私の本なのだが、 韓国語版だ。 すで

記事を読む

no image

船戸与一は不死身

日本冒険小説協会の内藤陳会長が昨年末に亡くなり、その追悼イベント 「内藤陳帰天大宴会」というものが行

記事を読む

no image

異常ラジオ「東京ガベージコレクション」出演

平山夢明兄いがパーソナリティを務めるTOKYO FM「東京ガベージコレクション」というラジオ番組

記事を読む

no image

読んではいけない

仕事をしなければいけないのに イエス小池『漫画家アシスタント物語』(マガジン・マガジン) なんて奇

記事を読む

no image

butan no bukkyou

Zenkai no shasin no bijo wa watashi no zonka-go(bu

記事を読む

no image

サバイバルには向いてない

産経新聞用の書評でベン・シャーウッド『サバイバーズ・クラブ』(講談社インターナショナル)という本を

記事を読む

no image

またプロレスの話ですが

三沢光晴の一件について長らく考えていたが、結局「三沢は死んでいない」という結論に達した。 「彼は俺

記事を読む

no image

一言でいえば飲みすぎ

月曜日は、先日急逝した堀内倫子さんを偲ぶ飲み会を催した。 親しい友人、ご兄弟、それに彼氏だった人も交

記事を読む

no image

早稲田についての質問は困る

「早稲田」についての記事をつくっている毎日新聞の記者の人から取材を受ける。 その記者さんの話では、今

記事を読む

Comment

  1. 訂正 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; WOW64; YTB720; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    あー、よく読んだらちがいますね。
    「映像の合間に」でなく、
    「三回目の上映が終わったあとにトーク」でしたね。
    みなさん、お間違えのないよう。

  2. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.14) Gecko/2009082707 Firefox/3.0.14 (.NET CLR 3.5.30729)
    おお、ぜひ行ってみたい!

  3. 五十嵐 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    探検部1年、広報の五十嵐です。
    宣伝ありがとうございます。会場がOBで埋め尽くされるのではないかと危惧していたところなので、大変ありがたいです。
    当日もよろしくお願いいたします。

  4. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    五十嵐さん 探検部のOBで埋め尽くされる会場って恐ろしいですよね。
    薄めるために会場に出向こうと思います。

  5. 五十嵐 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    >アジケトさん
    ありがとうございます。ぜひお願いします。
    会場の教室番号が違うので、よろしければ訂正をお願いします。701でなく、710です。

  6. プラム より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB720; Alexa Toolbar)
    えーーーっ!!! 
    この日は東京にいないので、是非是非第2弾企画のご検討宜しくお願いします。
    思えばナツイチで、高野さん本と出合い、とても嬉しい衝撃の夏になった年があるのですが、そのことと同様に高野さんを知らなかったことが、活字、ドリフ、水曜スペシャル好きとしましてはショックな出来事でした。
    今は、「高野秀行氏、勝手に応援委員会」
    を創設し、本好きな方を見つけては本を配って普及活動しています♪
    私は、川上未映子さんのファンでもあるのですが、高野さんの本も川上さんと同じくらい好きです。
    改めて、探検部50周年おめでとうございます!
    ますますの皆さんのご活躍を楽しみにしています。

  7. みー より:

    AGENT: KDDI-CA34 UP.Browser/6.2.0.10.3.3 (GUI) MMP/2.0
    大阪から見に行こうと思っています!当日、満席で見れないことなどあるのでしょうか?

  8. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; WOW64; YTB720; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    コメントに今気づきました。
    大阪からですか。
    どうかしてますねえ…。
    満席で見られないということはないと思います。
    でもせっかくですから、早めに行ったほうがいいんじゃないでしょうか。

  9. みー より:

    AGENT: KDDI-CA34 UP.Browser/6.2.0.10.3.3 (GUI) MMP/2.0
    返信ありがとうございます〜。
    高野秀行本布教活動に勤しんだためか、まわりはなぜか大賛成でした。大阪代表としてひっそりがんばります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑