*

エンタメ・ノンフ対談

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

『怪獣記』の販促で、カメラマンの森清と高田馬場・早稲田界隈の書店周りをする。
どこも『ワセダ三畳青春記』が売れているので、話は難しくない。
ある書店では「下宿のおばちゃんが『三畳記』を大量に買っていきましたよ」と言われ、驚く。
おばちゃん、書店の人に「この本、あたしが出ているのよ」と自慢したらしい。
    ☆         ☆        ☆
『世界屠畜紀行』で一気に注目され、「情熱大陸」にまで出たイラストレーター&ノンフィクション作家の内澤旬子さんと対談。
内澤さんによると、『屠畜紀行』は膨大な数の書評が出たが、私が本の雑誌のコラムで書いた書評がいちばんよかったとのことで、それがこの異色対談実現につながった。
光栄、の一言である。
話をすると、私と考え方が似ているのに全然ちがう。全然ちがうのに似ている。
すごく面白かった。
9月17日ごろ発売の「小説すばる」10月号で「エンタメ・ノンフィクション対談」として掲載される予定。
エンタメ・ノンフのジャンル確立がまた一歩前進した。

関連記事

no image

まるで結婚式のような…

 上映会第3弾はmixiの高野秀行コミュの主催。  これが凄かった。  コアなファンばかり50人も

記事を読む

no image

たぶん、みんなイライラしている

1月2日、八王子の実家に行くため京王線に乗っていた。 車内は高尾山や高幡不動へ行く初詣の客で混雑して

記事を読む

no image

ラストクエスト

「メモリークエスト」の募集が終わった。 最後の依頼は、今までにない斬新なモノ。 こういうムチャな依頼

記事を読む

no image

撮影会はないのか

もうここ半年くらい、ずーーーっと思いつづけていることがある。 自分の泳ぐ様子をビデオに撮影してみる方

記事を読む

no image

お礼申し上げます

現在、チェンマイから北へ数十キロ行ったところにあるチェンダオという町のはずれにいる。 巨岩の塊のよ

記事を読む

no image

魔術的リアリズムのブラジルサッカー

アレックス・ベロス『フチボウ—美しきブラジルの蹴球』(ソニーマガジンズ)は 実に面白い本だった。

記事を読む

no image

本の雑誌年間ベスト1

本の雑誌1月号が届く。 恒例の年間ベストテンの1位はあの新人の快著。 しごく納得。 あの秘境ノンフ

記事を読む

no image

アジア未知動物紀行

朝日新聞の読書欄で『メモリークエスト』の書評が出た。 「スーパー小学生」なんて言葉が丸山眞男とダライ

記事を読む

no image

ソマリ兄妹来宅の巻

アブディラフマンとサミラのソマリ姉妹がうちに来て、遅まきながらラマダン明けのパーティ。 サミラ

記事を読む

no image

こんな名著が!

たまたまネットで見つけた小島剛一『トルコのもう一つの顔』(中公新書)を読んだら、 あまりの面白さ、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年9月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑